本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

建築CADサービス科(訓練期間6ヶ月)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

今日では、住空間の質が問われるようになってきており、さらにはインテリアに関するニーズが多様になっています。そのため、住宅のインテリアコーディネート力や専門家としての客観的判断の重要性が求められています。
ここでは、住宅のインテリアコーディネートに関する技術を理解し、ビジネスマナーなどの営業スキル、並びに木造住宅の一般構造を理解し、コンピュータを利用した報告書及び建築図面に関する知識、技能・技術を習得します。

訓練全体(6ヶ月間)の目標人材像(訓練目標)

  1. 住宅のインテリアコーディネートに関する技術を理解し、ITを活用した顧客満足志向に基づく営業ができます。
  2. 木造住宅の一般構造を理解し、コンピュータを利用した建築及び設備、施工図面の作成ができる。

訓練課題例1

訓練課題例2

総訓練時間

  • 672時間

1ヶ月ごとの訓練目標

1.「木造住宅の基礎知識」

建築に必要な基礎知識と木造住宅の施工法に関する関連知識を習得します。

2.「建築図面作成技術(基本)」

手描きの製図方法を理解した上で、建築CADの基本操作、建築図面の作成方法を習得します。

3.「建築図面作成技術(応用)」

異なるCADソフトでの操作方法、図面作成方法を習得します。

4.「建築営業プレゼンテーション」

営業に関する事務処理、ビジネス文書の作成や営業にかかわる知識とマナーを習得します。営業に活用できる住宅シミュレーションソフトを使用したプレゼンテーションの方法を習得します。

5.「建築設備に関する知識(読図)」

建築設備の種類等基礎知識を学び、建築図面の編集や作成を行うための技術を習得します。

6.「住環境・インテリア知識」

住宅インテリアの知識を身に付けた上で、インテリアプレゼンテーションの方法を習得します。
社会福祉や介護保険制度、高齢者の疾病などを理解し、住環境整備技術の技能及び知識を習得します。


受講要件

過去の当該訓練分野の経験

  • 特に不要

事前に習得していることが望ましいスキル

  • 建築CAD、建築営業プレゼンテーション等でパソコンを使用しますので、パソコンを使用したことがある方(起動・終了、ワープロソフト、表計算ソフト)は、さらに訓練効果が期待できます。

各訓練科共通要件

  • 公共職業安定所に求職の申し込みを行っており、職業訓練に関連する職種への再就職を希望している方
  • 職業訓練受講及び修了に支障のない方(健康状態等)
  • 公共職業安定所の受講指示等を受けることができる方

受講料

  • 無料です。ただし、教科書代(約3,000円程度)については、実費負担となります。

受講者の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

建築分野やCADが未経験の方でも、下記のような職種に就職されています。
(前職)           (修了後の職種)
・プログラマー     →Webデザイナー
・テレフォンオペレーター→建設現場事務員
・一般事務職      →CADオペレーター
・ホテルフロントマン  →建築現場管理担当者
・ショールーム受付   →インテリアコーディネーター


訓練に関する職種と仕事内容

主な職種

  • インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターの仕事

インテリアコーディネーターは、建築やインテリアについて幅広い知識・経験を有し、マンションや住宅の住み手の要望に沿って、インテリア空間のイメージをまとめ、家具・カーテン・照明や床・壁・天井などの内装仕上げ材料など、総合的に計画・提案することが仕事です。
インテリアコーディネーターの仕事に就くには、住宅メーカー、工務店やインテリア材料のカーテンメーカー等で建築やインテリアの実務経験を積む中で、インテリアコーディネート業務に就いたり、インテリアコーディネーターの資格を取得するのが一般的です。

インテリアコーディネーター職種との相性(こんな方に向いている!)

建築・インテリアに興味・関心があり、インテリアのイメージ力があり、インテリア空間をまとめる知識・表現・センスを習得する熱意のある方。一般的には、性別は問いませんが、年齢的に若い方に向いています。

訓練により就職可能な主な仕事

  • インテリアコーディネーター
  • CADオペレーター
  • 設計補助
  • 住宅販売営業
  • 積算見積補助
  • 建設現場事務
  • 一般事務

求人票に記載されている職種名

インテリアコーディネーター、CADオペレーター、建築設計補助、Webデザイン、住宅販売営業、建築現場事務、プレカットCADオペレーター、建築現場管理、建築積算見積補助等

就職後の仕事例(求人票より)

  • 建設会社でのCADオペレーター業務
  • CADオペ業務(土木図面作成・修正)、その他営業資料作成
  • 設計補助(AutoCADによる図面作成補助)
  • 戸建住宅のインテリアコーディネート業務
  • 建築施工管理見習い
  • 公共、民間の建築工事の現場管理
  • 賃貸住宅、集合住宅などの企画提案営業
  • ショールーム業務(商品説明・電話対応・館内整備等)

就職率

  • 85%(平成29年1月31日現在)

修了者の主な就職先(平成26年内の実績一例)

  • 株式会社エクソル
  • 株式会社SUN総合
  • アジア航測株式会社
  • 株式会社トラスト・テック
  • 株式会社アパマンショップホールディングス
  • ダイワラクダ工業株式会社

修了生の声

  • 訓練を通して、建築分野の営業販売、プレゼンテーション、提案の技術が身に付きました。
  • インテリアの知識・技術を習得し、現場でコーディネーターとして、頑張っています。
  • CAD操作の他、建築分野について幅広く習得したことが、今現場で役立っています。

賃金情報

  • 平均基本給15万円から19万円

訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

受講希望理由の多くは、CAD技術を身に付けたいということで訓練受講しており、訓練修了後の就業先もCAD技術を活かして、設計事務所、建設現場事務所等での設計補助のCADオペレーターとして就職されております。
その他、訓練では、インテリアコーディネート、建築一般構造、建築法規等の基礎的な建築やインテリア分野の知識・技術も習得しており、インテリアコーディネーター、建築営業、不動産関係等に就職もしております。
さらには、訓練内容を基礎とし、本人の意欲・努力で、現場管理等に就かれる方もおり、CADや建築・インテリア分野を軸として実務経験や資格に拘わらず、職場では期待され活躍しております。


訓練修了時に取得できる資格

  • なし

任意に取得する資格

訓練期間中に受講者の皆さんが習得した技能を活かして任意に受験して取得できる資格の一例です。(※但し、合格を保証するものではありません。詳細につきましては、各実施機関へお問い合わせ下さい。)

建築CAD検定試験2級(全国建築CAD連盟)

主に汎用CADを使用して、CAD実技についての実技試験を実施し、準1級から4級までの等級があり、試験は年4回実施をしています。
試験内容は、課題図面をCADソフトを使って正しくトレースする技能や建築一般図を作成する実力を測るものです。

福祉住環境コーディネーター2・3級(福祉住環境コーディネーター協会)

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障がい者に対し、出来るだけ自立し、いきいきと生活できる住環境を提案するアドバイザーです。医療・福祉・建築について体系的に幅広い知識を身に付け、各種の専門家と連携を取りながらクライアントに適切な住宅改修プランを提示します。

キッチンスペシャリスト(インテリア産業協会)

キッチンスペシャリストとは、生活者のニーズに合わせて、キッチン空間・機能・設計・施工の知識を活かし、快適で使いやすいキッチン空間を提案・アドバイスするスペシャリストです。

カラーコーディネーター2・3級(商工会議所)

オフィスや自宅、ショップやウインドウ、テレビや雑誌、インターネット上など全ての場所に溢れている色。世相がその年の流行色に反映されたり、商品のデザインの色によって大ヒットが生まれたりと、色彩は文化や時代の流れに大きな影響を与えてきました。
色の性質・特性など、色彩の知識を身につけることで、色の持つ効果をビジネスシーンに生かすことができます。仕事に役立つ実践的な色彩の知識を学ぶことができる、それがカラーコーディネーター検定試験です。


就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施しています短期間の 在職者向け職業訓練(能力開発セミナー(有料)) を受講することで、さらにスキルを向上させることができます。
当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。お気軽にご相談下さい。
 

お問い合わせ先

ポリテクセンター宮城(宮城職業能力開発促進センター) 訓練課【多賀城実習場】

TEL

022-362-2454

FAX

022-364-2651

E-Mail

miyagi-poly02@jeed.or.jp

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る