本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

電気・情報通信工事科(訓練期間6ヶ月)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

近年の配線工事はIT化によって電気工事だけでなく光ファイバやネットワークなどの通信設備などに関連した工事が増えているので情報通信施工の技術と電気工事施工の技術が必要です。
電気・情報通信工事科では、電気・電子回路の理論とパソコンの利用法(通信機器取扱い技術)、LANの設定や構築(ネットワーク構築技術)、光通信の施工技術(光ファイバ施工)、電気工事で使用する工具の使い方や測定機器の使い方(電気設備工事Ⅰ)、電気工事で用いる各種施工方法(電気設備工事Ⅱ)、CADを用いた電気配線図の作成・設計、シーケンス制御等を習得し、情報配線工事と電気工事で活躍できる人材の育成を目指します。

訓練全体(6ヶ月間)の目標人材像(訓練目標)

  1. 住宅・店舗等の建築及び改修に必要な通信設備工事ができる。
  2. 住宅・店舗等の建築及び改修に必要な電気設備工事ができる。
    (下記写真の訓練課題例参照)

訓練課題例1

訓練課題例2

総訓練時間

  • 672時間

1ヶ月ごとの訓練目標

1.「通信機器取扱い技術」

電気通信技術の基礎となる電気・電子回路の理論を学びます。また、基本的なパソコンの操作、設定とアプリケーションの利用法を習得します。

2.「ネットワーク構築技術」

LANの構築に必要である知識、配線施工に関する技術を学びます。また、ネットワークの構築、管理に関する技術を習得します。

3.「光ファイバ施工」

光ファイバでの通信配線に必要な光通信の知識、各種ファイバ接続法や配線の方法、検査に関する技術及び関連知識を習得します。

4.「電気設備工事Ⅰ」

電気工事に必要な工具や測定機器の使い方を習得し、電気工事の設計、工事、試験、検査に関する技能及び関連知識を習得します。

5.「電気設備工事Ⅱ」

電気工事の施工で用いられる金属管や合成樹脂管などの各種管工事施工をして電気工事の設計、工事、試験、検査に関する技能及び関連知識を習得します。

6.「CAD・シーケンス制御」

CADを用いて建築平面図及び屋内配線図の作成と、シーケンス制御に関する技能及び関連知識を習得します。


受講要件

過去の経験

  • 特に不要

事前に習得していることが望ましいスキル

  • ネットワークの設定やCADによる図面の作成にパソコンを使用しますので、パソコンを使用したことがある方(起動・終了、ワープロソフト、表計算ソフト)は、さらに訓練効果が期待できます。

各訓練科共通要件

  • 公共職業安定所に求職の申し込みを行っており、職業訓練に関連する職種への再就職を希望している方
  • 職業訓練受講及び修了に支障のない方(健康状態等)
  • 公共職業安定所の受講指示等を受けることができる方

受講料

  • 無料です。ただし、教科書代(約1,000円程度)については、実費負担となります。
  • 作業服、作業帽子、安全靴(運動靴可)作業手袋(軍手可)はご用意願います。
    ※お持ちのものがあれば、新規に購入する必要はありません。

受講者の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

電気通信工事、電気工事が未経験の方でも、下記のような関連する職種に就職されています。
(前職)    (修了後の職種)
・飲食店店員  → 電気工事士
・プログラマー → 電気通信工事
・製造業    → ビル設備管理


訓練に関する職種と仕事内容

主な職種

  • 電気通信工事
  • 電気工事 等

電気通信工事の仕事

電気通信工事の仕事には、光ファイバ伝送路の工事、ケーブルテレビ工事、ネットワーク(LAN)構築工事等さまざまな種類があります。
光ファイバ伝送路の工事では、光ファイバケーブルの接続、収納等を行います。屋内での作業もありますが、主な作業場所は屋外となり、高所作業車の上での作業や、マンホールの中での作業もあります。伝送路の保守の仕事に携わる場合には、伝送路の故障に伴い、夜中に仕事をすることもあります。非常に繊細な作業もあり、技能・体力を求められますが、通信の根幹部分を支える、やりがいのある仕事です。
ネットワーク(LAN)構築工事の仕事では、屋内の情報配線の設計・施工、それに伴うパソコンの設定等があります。施工者は工事に必要な知識や技術・技能だけでなく、お客様と接するためのマナー、コミュニケーションスキル、お客様のさまざまなニーズや将来需要を把握し、対応するためのコンサルティングスキル等が必要になってきます。

電気通信工事との相性(こんな方に向いている!)

手先が器用で、細かな、繊細な作業が得意であり、また暑い場所や寒い場所等でも長時間作業ができる精神力・体力を備えている方に向いているお仕事です。さまざまな人と関わる機会も多いので、コミュニケーション能力も必要となります。

訓練により就職可能な主な仕事

  • 電気工事士
  • 電気通信工事士
  • CADオペレーター
  • ビル設備管理

求人票に記載されている職種名

電気工事の設計・施工、電気工事士、通信設備工事、電気エンジニア、設備工事技術職、施工管理、CADオペレーター、カスタマーサービス職、システムエンジニア、ネットワークエンジニア、プログラマ、パソコンサポート、データ入力、ビルメンテナンス

就職後の仕事例(求人票より)

  • 電気工事及びそれに付随する見積、設計現場代理人(内線工事)
  • 新築及び改修電気工事屋内外における電気設備工事(配線、通線、結線)主に建物内
  • インフラ構築・運用 ネットワーク/サーバ/システムの運用保守。障害対応など
  • 施設内設備保守管理(日常、定期点検、工事等立ち会い)
  • エアコン、アンテナ等の各種家電製品住宅設備機器、オール電化関連商品の設置工事
  • 看板の骨組みのシートワークス図面作成及びトレース

就職率

  • 86.7%(平成28年1月31日現在)

修了者の主な就職先(平成23年~平成27年 5年間の実績)

  • 株式会社力道電設(電気工事施工)
  • フジテクノシステム株式会社(電気工事)
  • 株式会社産電工業(電気工事)
  • 株式会社キョーワテクノ(電気通信工事業)
  • 同和興業株式会社(ビル設備メンテナンス)
  • 陽光ビルサービス株式会社(ビル設備メンテナンス)

修了生の声

  • 就職後スムーズに情報配線工事の作業を担当できた。
  • 希望していた配線工事の仕事に就くことができ、訓練を受けて良かったと思っている。
  • 訓練で危険作業について学べたため現在まで無事故で仕事ができている。
  • 今まで経験のない仕事でも分かり易い指導のおかげで最後までついていくことができました。

賃金情報

  • 平均18万円から25万円

訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

訓練を修了すると全員が電気工事、電気通信工事の基本は習得できていますので、この基本技能を活用して、就職先企業で仕事ができるようになります。
就職後は、就職先の仕事内容によっても異なりますが、訓練で習得した技能・技術によって3ヶ月程度で概ね就職先でのベテラン技能者のOJTにより、製作物の一部であれ、就職先が期待する仕事(標準的な作業時間と品質・仕上がり)ができるようになります。およそ、2~3年で熟練度は向上し、細かく指示されなくとも自らの判断で仕事ができるようになります。


訓練修了時に取得できる資格

なし


任意に取得する資格

訓練期間中に受講者の皆さんが習得した技能を活かして任意に受験して取得できる資格の一例です。受験手続きの説明や合格できる技能レベルへの到達は訓練中十分可能です。(※但し、合格を保証するものではありません。詳細につきましては、各実施機関へお問い合わせ下さい。)

工事担任者DD種 (一般財団法人 電気通信国家試験センター)

「工事担任者」資格は、電気通信回線と端末設備等を接続するために必要とされる資格です。アナログ電話回線やデジタルデータ回線(現在整備が進められている次世代ネットワーク(NGN)などのIPネットワークを含む)などに、さまざまな端末設備等を接続する工事を行い、あるいは監督をする役割を担っています。
たとえば、電気通信事業者の光ファイバにパソコンやIP電話機、OA機器、IP-PBXなどを接続します。さらに、企業内のLANと呼ばれる構内通信ネットワークの配線工事を行います。また家庭内においては、インターネットなどを介して、音楽・映像配信、遠隔教育、防犯システムなどの新しい各種サービスを実現するために、光ファイバに端末設備等を接続します。
「工事担任者」は、これからの情報ネットワーク社会を支えるネットワーク接続技術者(通称)として期待され、その活躍の場はますます拡がっています。(一般財団法人 電気通信国家試験センターHPより)

技能検定「情報配線施行」(高度情報通信推進協議会)

情報化社会と呼ばれる世の中になり、さまざまな情報端末が発売され、数多くのネットワークが提供されています。このサービスの基盤となるのが情報ネットワークです。情報ネットワークの施工状態が悪ければ、品質の高いネットワークは望めません。ネットワークが高速化されるにつれて、その重要性はますます高まっています。基本的に宅内・構内における情報配線施工工事は、「資格が無ければできない」という規制はありません。しかし、ネットワークの関心と品質保証ニーズの高まりから、スキルを証明することが求められています。技能検定「情報配線施工」の資格は情報配線施工の知識・技術だけでなく、「技能」を証明する資格となります。(※ただし、受験するには所定の受験資格を満たす必要があります。)(情報ネットワーク施工実務より一部抜粋)

第二種電気工事士(電気技術者試験センター)

電気工事の欠陥による災害の発生を防止するために、電気工事士法によって一定範囲の電気工作物について電気工事の作業に従事する者の資格が定められております。第二種電気工事士の資格は一般用電気工作物(一般家屋、小規模商店、600V以下で受電する電気設備等)の工事に従事するために必要な資格となります。(電気技術者センターHPより)


就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施しています短期間の 在職者向け職業訓練(能力開発セミナー(有料)) を受講することで、さらにスキルを向上させることができます。
当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。お気軽にご相談下さい。
 

お問い合わせ先

ポリテクセンター宮城(宮城職業能力開発促進センター) 訓練課【多賀城実習場】

TEL

022-362-2454

FAX

022-364-2651

E-Mail

miyagi-poly02@jeed.or.jp

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る