生産技術科

専門課程 1年次/2年次

高度化する生産システムの革新に、柔軟に対応できる技術者を育成します。

こんなことを学びます

1年次

知る「生産技術科への招待」

加工の基礎や制御技術の基礎的な土台作りを行い機械加工の概念を知る。

学ぶ「生産技術の基礎」

生産技術に必要な基本的な専門知識等を学科・実技を通して学ぶ。

2年次

考える「生産技術のシステム」

生産技術の基礎的知識を踏まえて、CAD やNC 工作機器の活用技術を学び知識を広め、考える。

まとめる「システムの構築」

最新のCAD/CAM/CAE による機械設計・NC 工作機械による精密加工技術の習得により物の設計から製作までの一連の流れをまとめる。

カリキュラム

基礎課題実習

基礎課題実習

設計エンジニア、加工エンジニアを目指すには、与えられた仕様からアイディアを出し、設計構想して図面作成する能力が求められます。基礎課題実習では、少人数のグループで設計からCAD 図面、加工までの一連のプロセスを総合的に習得します。

機械加工・数値制御加工実習

機械部品には精密さが要求されます。旋盤/フライス盤での加工技術習得に加え、数値制御化されたNC 工作機械を習得し、生産工場で広く活用されている工作機械を自在に扱えるよう、操作やコントロールの技能と技術を習得します。

機械加工・数値制御加工実習

CAD/CAM 実習

CAD/CAM 実習

設計図面は、エンジニアの設計内容を第三者へ伝える重要なコミュニケーション手段なのです。2 次元、3 次元CAD システムでの設計図面作成手法を習得し、さらにCAM システムを活用したNC 工作機械用加工データの作成方法を習得します。

目指せる職業

  • 機械加工技術者
  • 機械・金型設計技術者
  • 工作機械技術者
  • 電気機械製造技術者
  • 機械保全技術者 など

在校生からのメッセージ

原田 楓(はらだ かえで)

手厚い指導のもと実践的な技術を学ぶ

原田 楓(はらだ かえで)
秋田県立由利工業高等学校 出身

 生産技術科は、主に機械加工・設計に関わる基礎知識を学び、その知識を活かして実習を行います。工作機械を使用した実習が多く、学ぶことがたくさんあります。先生も一緒に作業をすることが多いため、疑問点をすぐ質問、解決できるのが特徴のひとつ。また、基礎課題実習で、自分たちでCAD 設計から現場加工まで、一連の工程を授業で体験できたのは新鮮です。
 現場を経験している先生が多く、実践的な技術を学ぶことができるため、将来は設計関係の仕事に就きたいという人にはお勧めです。

教員からのメッセージ

今 望(こん のぞむ)先生

ゴールは、就職後の「活躍」である

今 望(こん のぞむ)先生

 企業での実務経験や職業訓練を担当していた教員ばかりなので、生産技術科で勉強する「計画、設計、製造、修繕(保全)、検査、評価、品質、安全」など、ものづくりの流れを実践的に勉強できます。
 私達は「就職」をゴールとしていません。就職後の「活躍」をゴールとしています。勉強も実験も実習も大変です。しかし、私たちは学生の一人ひとりの才能を磨き、花が開いて輝くまで付き合う姿勢で臨んでいます。これからの人生を必ずいま以上に明るくなるようにと。