電気エネルギー制御科

専門課程 1年次/2年次

環境やエネルギーの技術革新に柔軟に対応できる電気技術者を育成します。

こんなことを学びます

1年次

知る「電気技術基礎を確立」

電気の基礎や制御技術の基礎的な土台作りを行い電気や制御についての概念を知る。

学ぶ「制御技術の習得」

電気や電子技術に必要な基本的な専門知識等を学科・実技を通して学ぶ。

2年次

考える「制御技術と電気エネルギー」

電気・電子の基礎的知識を踏まえて、シーケンス制御・マイコン制御・エネルギー技術へ知識を広め、考える。

まとめる「システムの構築」

学んだことをベースにして、電気機器の有効利用やFAシステムの構築を行う。

カリキュラム

環境エネルギー実験(太陽光発電測定)

環境エネルギー実験(太陽光発電測定)

自然エネルギーを有効利用した省エネルギー技術の核となる太陽光・風力発電、ヒートポンプ等の実験および測定を行い、これからの発電技術やエネルギーの有効活用、測定方法について習得します。

FAシステム実習

工場の生産ラインを模した組立ラインの自動化システムの構築を行い、これに必要なセンサ技術、アクチュエータ制御、シーケンス制御技術や空気圧制御技術、PLCプログラミング技術等を習得します。

FAシステム実習

制御盤製作実習

制御盤製作実習

工場で使われている工作機械や生産ラインを制御・操作するための各種電気機器を収めた制御盤のシーケンス回路の設計、加工・組立・配線作業、完成検査を行い、制御盤製作に必要な知識・技能を習得します。

目指せる職業

  • 電気設備施工管理技術者
  • 電気設備工事技術者
  • 電気系保全技術者
  • 産業機械制御技術者
  • 生産管理技術者 など

在校生からのメッセージ

文屋 蒼(ぶんや あおい)

現場で活かせるスキルを磨く

文屋 蒼(ぶんや あおい)
東北高等学校 出身

 僕は電気技術者になりたいと思っていました。高校3年生のとき、担任から授業料が大学に比べて安いことと、様々な国家資格を取得できることから東北能開大を勧めてくれました。
 授業では電気工事について幅広く学ぶことができ、さらに就職後を見据えた内容のため、安心して勉強ができます。先生も明るい方々ばかりで、資格取得のために熱心に対応してくれます。国家資格が取得でき、実践的なことを学べることからも、就職にしようか進学にしようか悩んでいる人は、東北能開大にチャレンジしてみては。

教員からのメッセージ

太田 徹児(おおた てつじ)先生

自分で考え行動する技術者を育成

太田 徹児(おおた てつじ)先生

 現代の生活に必要不可欠な電気エネルギー。電気を安定的に供給するために設備の構築、保守が重要です。また、電気を利用し的確に制御する必要があります。この供給と利用の両面の電気技術を身につけるのが本科です。また、仕事をする上で必要な人間力が高められるよう、コミュニケーションを重視しています。いろんなことに疑問を持ち、自分で調べ自分なりの解答を得る姿勢が技術者には必要だと思います。幅広い人間性を身につけ、積極的にものごとを考え、解決にあたる、そんな技術者にするべくサポートをしています。