住居環境科

専門課程 1年次/2年次

企画・設計から施工まで幅広い技能・技術を学び、確かな理論で快適な住環境を創造する技術者を育成します。

こんなことを学びます

1年次

知る「建築空間の概念としくみ」

建築の究極的目的である人と生活の器たる建築空間について概念を知る。

学ぶ「建築空間の計画と構成」

どのように建築空間を計画しどのように建築空間を構成していくのかについての基本的な専門知識・構法等を学科・実技を通して学び、深める。

2年次

考える「建築空間の設計と工法」

建築空間のプランニング、コンストラクションの基礎的知識をふまえて、それぞれの領域を広め、深め、考える。

まとめる・提案する「建築空間の設計・工法と提案」

建築空間の創造に対して学んだことをベースに、建築的な事象・現象について、専門的なまとめ、提案を行う。

カリキュラム

環境工学実験

環境工学実験

環境工学で学んだ知識を基に、快適な室内環境をつくり出す上で重要な要素である、「光・熱・音・空気」に関する評価技術とその実際について、実験を通して習得します。

建築施工実習

手工具、電動工具の使い方はもちろん、安全作業や施工プロセスなど実習における「いろは」を習得します。また、ものづくりを通して材料の大きさやスケール感を身につけ、座学と実習を行き来しながら建築について理解を深めます。

建築施工実習

建築材料実験

建築材料実験

材料がなければ、ものづくりは形になりません。建築で使用する代表的な材料の特徴について、実験を通して習得します。また、建築物に対してどのように力が加わるか、構造はどのように決定すればよいかなど、建築物の安全性に関することも習得します。

目指せる職業

  • 現場管理技術者
  • 設計技術者
  • 設備技術者
  • ハウスメーカー
  • 工務店
  • 建材会社
  • 不動産会社
  • 公務員(建築専門職) など

在校生からのメッセージ

本村 舞(もとむら まい)

実際の現場を想定した実習が魅力

本村 舞(もとむら まい)
岩手県立水沢工業高等学校 出身

 他大学と比べて実践的な実習が多く、在学中に二級建築士の資格を取得できるため、入校を決めました。魅力は、現場に則した実習によって建築施工管理などの能力を高め、さらにグループワークの課題によって高度な知識と技術を学ぶことができるところです。
 夢は施工管理の仕事に就くこと。高校2年のとき、現場を見学する機会があり、女性の現場監督の姿に惹かれました。また、ひとつのものを協力しつくり上げる楽しさに興味を持ちました。私も実践技術者となるため、知識を深め、高度な技術を身につけてがんばりたいと思います。

教員からのメッセージ

松下 貴博(まつした たかひろ)先生

規定カリキュラムにとどまらない知識を

松下 貴博(まつした たかひろ)先生

 建設業界において、建築士の資格は非常に役に立つものです。まず、二級建築士試験の受験資格は、通常だと4年制の大学(建築学科)を卒業することで得られますが、当校では専門課程の2年間を修了することで、2年早く得ることができます。さらに、応用課程に進学すれば、3年次在学中での受験が可能です。
 できるかぎり、自分で体験する機会を設けること、既定のカリキュラムだけでなく、課外活動等を充実させることをアドバイスし、学生自らがより個性を伸ばすようにと心がけています。