電子情報技術科

専門課程 1年次/2年次

ハードウェアとソフトウェアの技術を融合し、新たな価値を創造する高度な実践技術者を育成します。

こんなことを学びます

1年次

知る「電子情報システム系への招待」

電子情報システム系の技術者に欠かすことのできない基本的な知識・技能を習得します。

学ぶ「電子情報技術の基礎」

電子情報に必要な電子回路と情報処理の基本的な専門知識と技能を学科・実技を通して習得します。

2年次

考える「回路設計製作と制御プログラミング」

マイコンボード、インターフェース回路の設計製作、制御プログラムの制作を通して設計製作技術を習得します。

まとめる「組込み機器の設計製作」

学んだことをベースにして組込み機器の設計製作及び制御プログラムの制作を行います。

カリキュラム

電子回路設計製作実習

電子回路設計製作実習

小型のコンピュータに用いるマザーボード等の電子回路設計及び製作に必要な各種図面の作図法や電子CAD を用いた回路基板設計、加工機を用いた基盤作成などの電子回路設計・製作に関わる一連の流れを習得します。

ディジタル回路実習

信号機回路や電子サイコロ等を課題として、電子CAD によるシミュレーション、プロトボード上での試作、動作確認、波形観測などを行い、ロジック回路等のディジタル回路設計の基本を習得します。

ディジタル回路実習

組込み機器製作実習

組込み機器製作実習

電子マネーや自動改札機などに使用されている回路等の実践的な課題により、回路設計だけでなくプログラミングまで含んだ一連の流れを習得します。

目指せる職業

  • 組込みソフトウェア技術者
  • 電子回路設計技術者
  • システムエンジニア
  • 情報通信機器・電子機器設計開発エンジニア
  • ネットワークエンジニア など

在校生からのメッセージ

佐藤 碧唯(さとう あおい)

少人数制授業で理解を深める

佐藤 碧唯(さとう あおい)
秋田県立本荘高等学校 出身

 プログラミングに興味を持ったのが入校のきっかけです。普通高校出身なので、入校当初は実習や専門教科を理解できるか不安でしたが、先生の丁寧な指導や同級生と協力し合いながら学ぶうちに自信がつきました。少人数制授業のため、わからないところを先生に質問しやすいのが大きかったと思います。
 好きな授業は東北能開大に入校した一番の理由であるプログラミングを基礎から学べる「組み込みソフトウェア基礎実習」。自分で一から組んだプログラムが正常に作動したときの感激は今でも忘れられません。

教員からのメッセージ

磯部 一貴(いそべ かずき)先生

奥が深いコンピュータを、あらゆる面から学ぶ

磯部 一貴(いそべ かずき)先生

 ハードウェア、ソフトウェアの両方の技術を習得できる本科ですが、基礎部分だけでなく、グループワークによる問題解決能力や、他人と議論をすることでコミュニケーション能力も身につくよう指導しています。ハードウェアの実習は、考えることも大事ですが、手を動かしてものをつくることも大切。疑問点が出てきたら一人で考え込まずに指導員に聞くことも大事です。コンピュータは、いまもなお新しい技術が出続けています。とても奥が深く、学ぶこともたくさんあります。一緒に学んでいきましょう。