生産電子情報システム技術科

応用課程 3年次/4年次

電子技術やITを活用して、ものづくり現場における生産性向上や業務改善に貢献できる技術者を育成します。

こんなことを学びます

3年次

主に、情報系分野であるC言語、Java言語、組込みOS、ネットワーク技術、サーバ構築技術を学んだ後、グループワークを通して、実際の製品を想定した本格的な組込みシステムの構築技術を学びます。

4年次

無線通信回路技術やノイズ対策技術、センサ技術を学んだ後、グループワークを通して、情報技術と電子技術を合わせた複合的な電子回路設計・製作技術を身につけます。また、企業の開発現場を想定した開発課題実習を通し、企画開発や工程管理などを身につけます。

カリキュラム

組込みシステム構築課題実習

組込みシステム構築課題実習

組込みシステム構築に不可欠なC言語、Java言語、PHP、データベースなど多岐にわたる情報技術を学び、グループ毎に独自のアイデアを盛り込んだ「遠隔監視システム」を構築し、組込みシステムの構築技術を身につけます。

複合電子回路設計製作実習

アナログ回路、デジタル回路、高周波回路、通信回路技術を基に、シミュレーションやシステムの動作実験と評価を通して、電磁界の影響を考慮した電子回路の設計技術を身につけます。

複合電子回路設計製作実習

通信プロトコル実装実習

通信プロトコル実装実習

マイコンやパソコンとの通信プログラミングを学び、ネットワークパソコンおよびマイコンを用いた遠隔操作を行うためのプログラミング実習で、現在必須となっている情報通信ネットワークの構築・利用技術を身につけます。

目指せる職業

  • 組込みエンジニア
  • システムエンジニア
  • プログラマなどの情報系技術者
  • 電子回路設計技術者
  • 半導体製造技術者などの電子系・通信系技術者

在校生からのメッセージ

村谷 俊亮(むらや しゅんすけ)

高度な技術を学び、SEを目指す

村谷 俊亮(むらや しゅんすけ)
秋田県立大館国際情報学院高等学校 出身

 大半の授業は実習形式で、専門課程に比べ、授業の内容が濃く難しいものですが、学びがいがあります。好きな授業は「組込みシステム構築課題実習」。企業からの監視システム開発の要求があったと想定し、ある程度自由に要求を決め、一から開発していくという授業です。グループ課題であるため、役割分担を決め、それぞれつくったものを結合させていきます。結合が成功したときの喜びが大きいです。
 普通科出身ということもあり、専門課程のときはプログラムが苦手でした。今は楽しさが分かり、将来はSEになりたいと思っています。

教員からのメッセージ

七種 健一(さいくさ けんいち)先生

社会で必要なスキルを実習で体験

七種 健一(さいくさ けんいち)先生

 本科では、製品製造に不可欠な電子技術を始め、情報処理技術や通信技術の幅広い知識や技術を、課題実習の中で実際に作品を製作・作成しながら習得できます。完成させた作品を使ってもらい、いい評価を得られたときの達成感は大きいと思います。
 将来ものづくりに携わりたい人は、自ら創意工夫して作品を完成させる経験が大いに役に立つと思います。そういった経験を数多くできるのは東北能開大の強み。いい作品ができるよう私たちは全力でサポートします。