本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

利用者の声

離職者訓練 利用者の声

平成29年度テクニカルオペレーション科 修了生 村田 健太 様

【ポリテクセンターでの訓練】
村田さんは、前職の業務から別業種へ転職したいと考えた時に技術を身につけて就職したいこと、また元々ものづくりに興味があり知人からポリテクセンターを教えてもらったのがきっかけで受講を決めました。
前半3ヵ月は、機械製図の基礎から入り、図面の読み方や様々な機械の記号や要素を学びました。それを踏まえたうえで、2次元CADおよび3次元CADの操作方法とモデリングする上でのポイントや決まり事を学びました。
後半3ヵ月では、 NC旋盤、マシニングセンタによる操作及びプログラミングと自動で複雑なプログラムを作成してくれるCAMを学びます。図面の知識が身についているので加工図面に関した内容も理解が早くNCによるプログラムや加工工程を学ぶことに集中できました。

【就職先事業所の内容】日乃出ゴム工業株式会社(三重県四日市市)
歴史のある会社として知られています。 創業時は、タイヤチューブ・ゴム靴等の製造販売を行っており、その 専門技術は業界でも高く評価されていました。 その後、時代のニーズに応えて自動車用ゴム部品を中心とした生産に方向を転換し、ハイテクの波に乗り、工業用ゴム部品の専門メーカーとして発展してきました。

【村田さんの職場での活躍】
訓練修了後、日乃出ゴム工業株式会社へ正社員として採用されました。採用後、生産技術職として新製品の工程管理および治具製作を担当しています。
生産工程にムダがあると1日に生産できる数量が年間で考えると大きな差になります。それをどう工夫して工程を組み立てていくかが難しいところではありますが、それが上手くいくとやり甲斐にもなります。
ゼロからのスタートでしたが、訓練で学んだ製図の基礎知識が活かされており、会社のルールに従った図面や工程も理解する上で役に立ちました。今後も先は長いと思いますが、仕事の経験を積み上げていきスキルアップしていきたいと思います。

【上司からの声】
コミュニケーション能力があり、何事も真剣に取り組み周囲の方々と協力して作業をしているので非常に頼れる存在になっています。今後は、管理職候補として成長して頂きたい。

平成29年度テクニカルオペレーション科 修了生 村田 健太 様
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る