本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

テクニカルオペレーション科のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

NC(数値処理)工作機械のプログラミング・操作・加工と、機械製図、CAD(2次元・3次元)による図面作成を学びます。

訓練全体(6ヶ月間)の仕上がり像(訓練目標)

  1. 機械製図をよく理解し、CADシステムによる製図ができる。
  2. NC機械のプログラミング及び操作ができる。
二次元CAD課題

二次元CAD課題

三次元CAD課題

三次元CAD課題

CAM課題

CAM課題

1ヶ月ごとの訓練到達目標

1.製図基本作業

機械図面に必要なJIS規格や記号などの関連知識、読図能力、手書きによる作図能力を習得します。

ドラフターによる実習

2.2次元CAD基本作業

2次元CAD(AutoCAD使用)の概要と各種コマンド活用方法、図面作成(部品図及び組立図等)に関する知識・技能を学びます。

2次元CADの画面

3.3次元CAD基本作業

3次元CADシステム(Solidworks使用)の概要と各種コマンド活用法、パーツ・アセンブリモデリング及び図面作成に関する知識・技能を学びます。

3次元CADによるモデリング作業

4.NC旋盤作業

測定器の使用方法、普通旋盤の体験操作や切削理論、NC旋盤に関する基礎知識を理解し、プログラミング手法や機械操作に必要な知識・技能を学びます。

NC旋盤による加工実習

5.マシニングセンタ作業

ボール盤の使い方、フライス盤による平面切削加工、マシンニングセンタに関する基礎知識を理解し、プログラミング手法や機械操作に必要な知識・技能を身に付けます。

マシニングセンタによる加工実習

6.NCワイヤ放電加工およびCAM作業

ワイヤ放電加工の基礎理論およびNCプログラミングや加工方法に関する知識・技能を学びます。また、CAMによる加工データの作成方法および関連知識を学びます。

ワイヤ放電加工による成果物

就職先職種の内容

CADオペレータ

2次元・3次元CAD(コンピュータを利用した設計ソフトウェア)を使って、各種部品を描くのがCADオペレータです。CADオペレータの仕事内容は様々ですが、一例として、設計者がスケッチした図や以前に手書きで描いた図面をCADを使ってデジタル図面にする仕事や、設計変更に伴って変更された部品をCADを使って修正する仕事があります。

設計補助

2次元・3次元CADを使って、部品や機械の設計を手伝うのが設計補助です。設計の見習と考えてもらってもよいでしょう。それでもCADオペレータより難しい仕事になります。現在では、CADが使えるのが前提という会社がほとんどです。

NC機械オペレータ

NC工作機械(コンピュータ制御された機械)を操作して、部品を加工するのがNC機械オペレータです。材料の取付けなどの段取り(準備)から機械操作、出来上がった製品の検査まで行うこともあります。場合によってはプログラムの作成・修正を行うこともあります。

NCプログラミング・CAMオペレータ

NC工作機械を動かす為に必要な、プログラムを作成・修正するのがNCプログラミングです。このプログラムをCAM(自動的にプログラムを作成するソフトウェア)を使って作成するのがCAMオペレータです。CAMオペレータはCAMだけではなく、CADも使うことが多いです。

機械組立て

出来あがった部品を組立てて機械を作るのが機械組立てです。部品は大きさがそろっていない事がありますので、調整を行いながら組立てることもあります。


就職率

83.9%(平成29年度修了生の実績)


訓練修了時に取得可能な資格

ありません。


任意受験により資格取得が可能なもの

CAD利用技術者試験

お問い合わせ先

ポリテクセンター三重 訓練課受講者係

TEL

(059)320-2645

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る