本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

溶接技術科(訓練期間6ヶ月)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

まずはじめに、溶接とは金属を溶かして接合する技術です。溶接技術科では、各種溶接施工法と鉄鋼材の加工法を実作業に近い形で学びます。様々な装置の使用方法及び保守点検、また、関連知識・技能を習得します。

1ヶ月毎の訓練内容

1.炭酸ガスアーク溶接

現在最も幅広く使用されている溶接法です。主に工場内で行われる一部自動化された溶接法です。イスや机、柵、自動車、船舶、多岐に渡り使用されています。また、東京スカイツリーの主要連結部にはこの溶接法が使用されています。

炭酸ガスアーク溶接

2.TIG溶接

高品質な溶接が行える溶接法です。火花が発生しにくく、仕上がりがきれいになります。薄い金属材料(厚さ3mm以下)やステンレス鋼材の溶接に向いており、圧力容器や自転車、バイクのマフラーや機械部品などの制作に使われています。

TIG溶接作業

3.構造物運搬、アルミニウム合金溶接

TIG溶接機を使用したアルミニウム合金の溶接に関する知識及び基本作業を学びます。アルミニウム合金の製品は、台車や鉄道車両、航空機などの制作に使用されています。また、材料等の運搬に用いられるフォークリフトについて運転に必要な知識・技能を習得します。フォークリフト作業は様々な現場で必要となる技術です。

フォークリフト運転

4.金属加工基本

図面の読み方、目的の形状に加工する切断作業や穴あけ作業など、材料加工の基礎を習得します。また、特別教育等を通じて安全に関する知識・基本作業を学びます。ものづくりが不安な方でも各種作業を基礎から学べます。

ガス切断作業

5.被覆アーク溶接

工場内や建設現場など内外問われず使われる溶接法です。アーク溶接等の業務にかかわる特別教育を受講し、安全に関する知識と基本作業を学びます。公園にあるような遊具や橋梁、各種鉄骨などの制作に使用されています。

被覆アーク溶接作業

6.構造物制作

図面通りに鋼材を切断・加工し1つの構造体になるように溶接や組み立てを行います。基本的な構造物の構造を知り、制作過程を学びます。自分の手でものを作り上げ、完成させることはとても達成感があります。

作業風景

就職先職種の内容

溶接工

一般的な職種名

溶接工

溶接工の仕事

造船所などでの組立作業をはじめ、ビルや橋などの鉄骨建設現場や各種機器の製造などで、製品や構造物を溶接するのが溶接工です。溶接とは、金属材料の接合する部分の隙間に、溶接棒やワイヤを接触させ、そこに熱を加えて、金属材料と溶接棒を同時に溶かしながら、必要な長さや厚さで接合することです。溶接には、溶接工が溶接棒やワイヤを1本1本操作する手溶接と、ワイヤが自動的に供給される炭酸ガスアーク溶接があります。
溶接工は、まず、溶接する材料によって、適切な電流や電圧に調整して、適切な溶接棒やワイヤを選んで、作業をします。作業時に発生するガスや飛び散る高温の金属から身体を守るため、溶接工は、耐熱の作業服やマスク、強い光から目を守るために遮光保護面を着用します。溶接工は、接合部分に空洞やムラが出来ないように注意しながら、溶接棒やワイヤを操作して、作業します。またビルや橋などの建設現場での溶接作業の場合、高所や足場の上などで行われるため、常に安全に気を配ります。

溶接職種との相性(こんな方に向いている)と溶接の魅力

「ものづくり」に興味があり、じっくり忍耐強く仕上がりを重視した作業ができる方。性別は全く問いません。
溶接作業は熱い、危険と思われがちですが、車の運転と同様に、安全に関する注意点をきちんと守っていれば、何ら危険ではありません。ただ、熱いのは確かです。 また、難しいとも思いがちですが、コツさえつかめば、ある程度こなせるようになります。未経験の方は書道を思い浮かべてみてください。墨汁の含ませ具合、押付け具合、スピードによって字の印象が変わってきます。溶接も同様に、出力、スピードによって仕上がりが変わってきます。しかし基本をマスターし、練習を重ねれば、それなりの成果はでます。溶接する瞬間、自分の体、腕、手と一体となって、様々な感覚を研ぎ澄まし、きれいな仕上がりが出来た時の達成感は何とも言えません。そう、そして、溶接の魅力にあなたははまっていくのです・・・。

訓練により就職可能な主な仕事

  • 溶接作業による構造物等を制作する業務
  • 切断・溶接による構造物等の解体業務

求人票に記載されている職種名

ガス溶接工、ガス切断工、製缶工、(半自動)溶接作業、
溶接・組立工

就職後の仕事例(求人票より)

  • 自動車部品厚さ3~5ミリの鋼板への半自動アーク溶接作業
  • 自動車部品、パレットなどの小物溶接作業
  • 農業機械部品、ユニットバス取付部品、建設機械部品の溶接作業
  • 大型空調機の溶接
  • 運搬機械フレームの溶接作業
  • 看板の鉄骨加工及び溶接作業

就職率

83.0%(平成30年度実績)


訓練修了時に取得可能な資格

フォークリフト運転技能講習

三重労働局登録番号 第18-18号  有効期間満了日 2021年5月18日 

ガス溶接技能講習

三重労働局登録番号 第17-1号  有効期間満了日 2024年3月30日

アーク溶接等の業務に係る特別教育

自由研削といしの取替え業務に係る特別教育


任意受験により資格取得が可能なもの

訓練コースに関連する分野の資格の一例です。
(ただし、合格を保証するものではありません。受検資格等詳細につきましては、各実施機関へお問い合わせ下さい。

溶接技能者評価試験((社)日本溶接協会)

溶接の資格の中では最も受験者が多く、業界で認知されている資格で、合格者に(社)日本溶接協会から「○○溶接適格性証明書」が交付されます。
溶接作業を行う作業者“溶接技能者”の資格で、基本級(下向姿勢の溶接)と専門級(立向、横向及び上向姿勢の溶接並びに管の溶接等)があり、さらに試験材料の種類と厚さ、溶接方法などとの組合せにより45種類ほどに資格が分かれます。試験は学科試験及び実技試験(資格の種別に応じた試験材料に溶接作業を行う。)によって評価されます。
専門級は、基本級が合格していないと受験できません。実際の訓練では、専門級の技能についても行います。専門級は、就職してからの仕事内容によっても異なりますが、就職して1年以内に取得されている方が多いようです。

お問い合わせ先

ポリテクセンター三重 訓練課受講者係

TEL

(059)320-2645

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る