本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

事業主の方へ

生産性向上支援訓練

 中小企業等の幅広い職務階層の方を対象に、「生産管理」「品質管理」「原価管理・コスト削減」「マーケティング」等、生産性向上に資する様々なカリキュラムを基に、企業が抱える課題やニーズに応じてオーダーメイドで訓練コースを設定いたします。

生産性向上支援訓練とは

訓練概要

  • 対象者
     在職者の方を対象としています。(事業主からの受講指示を受けた方に限り、個人での受講はできません。)
  • 訓練時間・日程
     訓練時間は、6時間~30時間の間でご要望にあわせて設定できます。
     また、訓練は座学と演習とを組合せて実施します。
  • 講師・実施機関
     専門的な技能やノウハウを持つ民間機関等に委託して訓練を実施します。
  • 会場
     ご要望にあわせて設定しますので、お客様の自社会議室等での実施も可能です。
     また、ポリテクセンターの教室を利用することも可能です。(空きがある場合に限ります)
  • 定員
     10名~30名を標準としますが、少人数でのご相談も伺います。
  • 受講料
     訓練時間に応じて、1人当たり3,000~6,000円(税別)です。

訓練ご利用までの流れ

  1. 生産性センターへのご連絡
    訓練についてのご説明・ご相談を承ります。
    日程等の調整をし、ご訪問させて頂きますので、下記お問い合わせ先にご連絡ください。
  2. プラン作成に向けた相談
    人材育成に関するヒアリング、課題や方策の整理、カリキュラムモデル等の提示を行います。
  3. 訓練コースのコーディネート
    相談内容を踏まえて、専門的なノウハウを有する民間機関等を訓練の実施機関として選定し、
    ご要望を踏まえた訓練コースをコーディネートします。
  4. 受講手続き・訓練受講
    期限内に受講申込書を提出し、受講料をお支払いの上、訓練を受講してください。

(※)ご利用までの流れの一例です。

※事業主様の雇用する従業員が当該訓練を受講した場合には、一定の条件を満たせば、人材開発支援助成金(受講料などの経費及び賃金の一部助成)が利用できます。

利用者の声

実施団体の募集

会員企業に生産性向上支援訓練を実施する事業取組団体の募集

多くの在職労働者に生産性向上支援訓練の受講を進めるために、会員企業の人材育成に継続的に取り組む事業主団体を募集します。

※本年度の生産性向上支援訓練を実施する事業取組団体の募集は終了しました。

人材開発支援助成金のご案内(厚生労働省)

生産性向上支援訓練や 在職者向け職業訓練 をご利用頂いた事業主の方は、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部等を助成する、人材開発支援助成金を受けることができます。

助成金のご利用には、一定の要件、お手続きがございますので、事業所所在地を管轄する各ハローワークの助成金担当窓口までお問い合わせください。

お問い合わせ先

生産性向上支援訓練担当

 TEL 075-951-7434
 FAX 075-951-7393
 E-mail kyoto-seisan@jeed.or.jp

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る