校長からの挨拶

「発想力」を育み「夢を語る」
そんな実践技術者を育てています

私たちの京都職業能力開発短期大学校では、「ものづくり」を通じて、発想力を育み、大いに夢を語るそんなパッションを発揮できる、新時代に適応する感性を持った実践技術者(テクニシャンエンジニア)の養成に努めております。
これからの「ものづくり」は、唯一無二の比較優位な製品を創り出すことが、資源の乏しい我が国がグローバルな経済社会、世界競争の中で生き延びていくための重要なキーワードになると考えています。 それには、技術立国として科学(知識)・技術・技能に裏打ちされた実践技術者たちの育成が欠かせません。ここに日本の「ものづくり」を担う、実践技術者が活躍する場があります。

そして本校には、次の時代を担う学生に対し、「ものづくり」を行うための確かな技能・技術を身につけてもらうシステムがあります。
それは、「ものづくり」ができる人材育成のために考え抜かれたカリキュラムと最新設備を多く取り入れた実験・実習機器類、そして職業能力開発を知り尽くした講師陣です。
また、科学(知識)・技術・技能はそれぞればらばらに習得するのではなく、段階的・体系的・有機的に結びついた「実学融合」の形で教育訓練システムとして提供されます。

専門課程2年修了後には、思う存分実践技術者として産業界で活躍してください。もっと広い視野や知識を身につけたい方は、応用課程に進学し生産現場のリーダーになる道もあります。いずれの場合でも「ものづくり」に興味があり科学(知識)・技術・技能を身につけたい意欲のある皆さん、是非当校においでください。
私たちは、志を高く持ち、夢を大いに語り、発想力を最大限に活かす、実践技術者になりたい皆さんを待っています。

PAGE TOP