文字サイズ
アクセス
お問い合わせ
サイトマップ
入札・関連情報
HOME > 本校について > 学科紹介 > 生産技術科
生産技術科

生産技術科について

生産技術科01
機械工学・設計の基礎を学び 生産現場で通用する加工技術を磨く

日本の工業製品のクオリティ(品質)は、世界トップクラス。コンマ数ミクロンの精度が要求される精密機械や電化製品、ロボット、自動車などあらゆる分野で、高い評価を得ています。その実績を支えているのが生産技術のレベルの高さ。金属加工や部品設計、素材開発、そして生産ラインの管理など物づくりのプロたちが、日本のクオリティをナンバー1に押し上げているのです。
生産技術科ではそのような場面で、活躍できる人材を育成。技能技術、機械工学の基礎、そして電気電子や制御の分野を大いに取り入れたカリキュラムで、フレキシブルに活躍できる人材を養成しています。

時間割・履修科目
→生産技術科 シラバスH28入校生(訓練支援計画書) [PDF 600KB]
→生産技術科 シラバスH29入校生(訓練支援計画書) [PDF 700KB]
→生産技術科 課題実習(テーマ設定シート) [PDF 243KB]
PAGE TOP

講師紹介

畑 伸明
畑 伸明
ものづくりの 基礎力の育成

ものづくりに対しての興味や好奇心を大切にし、一からモノを作るために必要な基礎力を養成します。

楠本 佳弘
楠本 佳弘
素材から良い製品を作るプロセスを教えます

製品を加工する技術と技能ならびに関連知識を指導し、ものづくりを通して問題意識の持てる人材を育成します。

繁永 匠
繁永 匠
一社会人として立派に胸を張れる人材を育成します

技術・知識もですが、これから一人の社会人として立派に胸を張れる人材を育成する授業をしていきます。

藤原 力
藤原 力
ものづくりの楽しさと基本に基づく実践技術の指導

ものづくりに対する感性と情熱を育てる実学一体の授業を大切に、実践力と新しいことへチャレンジする基礎力を養成します。

上羽 一博
上羽 一博
社会や企業が求める人材の育成

ものづくりを通して、自分で考え自分で行動する力・豊かな感性を自由に発想できる力・あきらめず粘り強く挑む力を備えた人材の育成を目指します。

PAGE TOP

設備紹介

Photo01
旋盤

円筒形の部品を製作するための機械です。加工物(製品)を回転させながら、「バイト」と呼ばれる刃物で加工物(主に金属)を削ります。「穴あけ」や「ネジ切り」なども可能です。

Photo02
フライス盤

「フライス」と呼ばれる工具を用いて、部品を製作するための機械です。加工物を固定し、刃物を回転させながら、加工物(主に金属)を削ります。「平面」や「溝」が加工できます。

Photo03
マシニングセンタ

フライス盤のような「フライス加工」や「穴あけ」などを、コンピュータ制御で複数の工具を使いながら自動で加工します。

生産技術科の強み
生産技術科通信

PAGE TOP