本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

在職者の方へ

コース番号 5D004 電気設備の総合的設計技術(応用) 受付中

訓練日程
9/18(火),9/19(水),9/20(木)
実施時間帯
9:00〜16:00
総訓練時間
18時間
受講料
11500円
定員
10名
対象者
住宅やビル等の電気設備施工や改修計画業務に従事する技能・技術者等であって、指導的・中核的な役割を担う者又はその候補者
訓練内容

1.コース概要及び留意事項
(1)訓練の目的及び専門的能力の現状確認
(2)問題点の整理及び安全上の留意事項

2.電気設備設計
(1)電気設備設計の考え方
(2)設計の手順
(3)設計図書のまとめ

3.照明・コンセント設備などの配置計画
(1)照明器具と設計要件
(2)照明計算
(3)照明の点滅、スイッチの配置計画
(4)コンセントの配置計画
(5)事務所における照明・コンセント設備の設計・作画演習

4.照明・コンセント設備などの分岐配線
(1)電源の電気方式
(2)負荷容量の算定
(3)電圧降下と電線サイズ
(4)分岐回路の種類・回路数
(5)分岐回路の配線方式
(6)分電盤の配置と形式

5.動力・幹線設備
(1)設計の基礎条件と手順
(2)分岐回路の配線方法
(3)幹線設備の設計手順
(4)幹線計算と系統図の例

6.弱電設備
(1)LAN設備の概要と設計手順
(2)電話設備の概要と設計手順
(3)拡声設備
(4)テレビ共同受信設備の概要と設計手順
(5)事務所における弱電設備の設計・作画演習

7.防犯・防災設備
(1)監視カメラ設備の概要と設計手順
(2)自動火災報知設備の概要と設計手順
(3)ガス漏れ火災警報設備等の概要と設計手順
(4)事務所における防犯・防災設備の設計・作画演習

8.設計支援ツールの活用方法
(1)建築平面図の読込(DXFファイル、SXFファイル)
(2)電気設備シンボルの配置
(3)電気器具の結線

9.電気設備設計実習
(1)中規模ビルの設計手順(構造:SRC、主用途:事務所)
(2)基本設計と実施設計(利便性、安全性、拡張性、経済性等)
 イ.基本設計
  ●照明設計・・・主たる場所・室の光源・目標照度
  ●コンセントの想定配置数
  ●負荷容量の想定等
 ロ.実施設計
  ●照明設計・・・光源・灯具・照度計算・灯具配置
  ●コンセントの数と配置
  ●負荷容量の算定
  ●変圧器容量の決定等
(3)設計支援ツールによる設計図作成
(4)設計確認・評価
(5)問題・課題解決

10.まとめ
(1)実習の全体的な講評及び確認・評価

使用機器・教材
パソコン、設計支援ツール
持参品・服装
筆記用具
実施場所
ミーティングルーム2
備考
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る