本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

建設荷役車両運転科(訓練期間6ヶ月)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

各種建設機械の構造、機能、取扱いの概要と関係法令について理解するとともに、基本的な施工をするための運転に関する関連知識及び技能を習得し、建設機械の日常点検整備についても理解します。また、荷役運搬機械を使って荷の運搬・積込み作業の運転に関する関連知識及び技能を習得するとともに、クレーン等を用いて各種荷役作業をするための運転並びに玉掛け作業に関する関連知識及び技能を習得します。

訓練全体(6ヵ月間)の目標人材像(訓練目標)

訓練期間6ヵ月で建設車両による整地、掘削、運搬、積込等の作業と荷役車両での積込運搬作業に分け各々3ヶ月で実施します。この間、6種類の技能講習の取得と安全な運転及び作業方法を学びます。

1ヶ月ごとの訓練到達目標

1ヶ月ごとの訓練によって習得する具体的な内容を以下に整理しました。一つの目安として参考にしてください。

1.「建設機械作業1」

トラクターショベル及び油圧ショベルの運転施工作業に必要な関連知識及び技能を習得します。

ホイール式トラクターショベル

油圧ショベル

2.「建設機械作業2」

ブルドーザー

建設機械を用い、各種施工に必要な関連知識及び技能を習得します。

3.「建設機械作業3」

解体用建設機械

解体用機械の運転・施工作業に必要な関連知識及び技能を習得します。

※豆知識
ユンボは油圧ショベルの商品名が一般名詞化したもので、本来は、フランス・シカム社(現ユンボ社)及び技術提携していたキャタピラー三菱の製品に付けられた商品名です。

4.「荷役機械作業1」

フォークリフト

フォークリフトを用いて荷の運搬積込み作業に必要な関連知識及び技能を習得します。

5.「荷役機械作業2」

小型移動式クレーンの運転と玉掛けに必要な関連知識及び技能を習得します。

小型移動式クレーン

玉掛け

※豆知識
ユニックとは、フランスのユニック社及び技術提携していた古河ユニックが製造・販売していたトラック搭載型クレーンの商品名が一般名詞化したものです。

6.「荷役機械作業3」

ショベルローダー等を用いバラ荷、木材等の運搬積込に必要な関連知識及び技能を習得します。

フォークローダー

ショベルローダー


受講要件

過去の建設荷役車両運転の経験

特に必要ありません。

事前に習得していることが望ましいスキル

特に必要ありません。

各訓練科共通要件

  • 公共職業安定所に求職申し込みをされ、以下に示す受講要件を満たした方

1.職業に必要な技能等を習得することにより就職することを望んでいる次の事項を満たす方。

  • 就職を希望する職種が明確になっており、かつその仕事内容を理解している。
  • 就職を希望する職種に必要な技能等を有していない。
  • 積極的に求職活動を行なっている。
  • 訓練修了後、早期に就職する意向がある。

2.職業訓練を受講することに熱意を有する次の事項を満たす方。

  • 訓練内容を理解するための取組みを積極的に行っている。
  • 訓練内容を理解している。
  • 習得したい技能等が明確になっている。

3.職業訓練の内容を理解するために必要な学力を有している方。

4.職業訓練を受講・修了することに支障がない次の事項を満たす方。

  • 安全に実習等を行うことができる健康状態である。
  • 社会規範及び施設の決まりを守り、協調性を持って訓練を受講できる。
  • その他職業訓練を受講・修了することに支障がない。

※要件を満たすことを確認させていただくため、入所選考を実施いたします。


受講料

無料です。 ただし、教科書代(約11,000円)が必要となります。

  • 作業服及び安全靴が必要となります。
  • 職業訓練生災害傷害保険(任意)(6ケ月訓練保険料 4,800円+振込手数料)
  • 外部機関における資格試験等(大型特殊自動車免許、危険物等)は任意受験となります。
  • 教科書等の改訂により金額が変動することがあります。

受講生の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

(前職)      (修了後の職種)
トラック運転手 → 重機オペレーター
小売業     → 配送作業員
サービス業   → 運転手
建設業     → 工場作業員
医療・福祉業  → 食品製造業


訓練に関する職種と仕事内容

主な職種

フォークリフト運転手、建設機械オペレータ、小型移動式クレーンオペレータ

フォークリフト運転手

港湾や工場などで製品を運んだり、運送会社で荷物を運ぶためのフォークリフトを運転します。フォークリフトの資格には2種類あって、最大荷重1t未満のフォークリフトは特別教育という講習で運転が出来ますが、最大荷重に制限が無く最大荷重1t以上のフォークリフトには指定教習機関が実施する技能講習を受講し、修了試験に合格した者でなければ運転することが出来ません。パレットをきれいに積み上げするパレタイジング作業は、正確で細かい操作が必要で、習熟した技能が求められます。 
近年、流通業界はシステムの大規模化、機械化にともなってフォークリフト運転手のニーズは年々高まっています。

建設機械オペレータ

土木・建築などの工事現場で活躍する各種建設機械を操作、運転します。主なものとして、ブルドーザー、トラクターショベル、油圧ショベル、杭打ち機などがあります。ブルドーザー・油圧ショベル・トラクターショベルを運転するためには車両系建設機械(整地・運搬・積み込み・掘削)運転技能講習を修了し、資格を取得する必要があります。
 安全に配慮する注意力に加え、操作をスムースに行う運動神経が求められますが、力仕事ではないので近年女性のオペレータも増加しています。

小型移動式クレーンオペレータ

土木、建築、造園、設備工事等の幅広い分野で各種クレーンが活躍しています。このクレーンを運転するためには、つり上げ荷重により資格が区分されています。つり上げ荷重0.5t以上1t未満の移動式クレーンは特別教育の修了が必要です。作業現場で活躍している積載型トラッククレーン(通称ユニックともいう)やトラッククレーン、あるいはラフテレーンクレーン等のつり上げ荷重1t以上5t未満の小型移動式クレーンを運転するためには小型移動式クレーン技能講習の資格が必要です。5t以上の移動式クレーンは移動式運転士免許が必要です。移動式クレーンの作業に付随する玉掛け作業を行う場合には、玉掛け技能講習を修了する必要があります。移動式クレーンで公道を走行するためには、勿論、普通免許や大型免許が別途必要です。クレーンの仕事に従事するためには、操作するクレーンによって必要とする資格が安全衛生法で定められており、登録教習機関(当センターも該当しています)での資格取得が必要とされています。

訓練により就職可能な主な仕事

  • フォークリフト運転
  • 小型移動式クレーン運転
  • ショベルローダー等運転
  • ブルドーザー運転
  • トラクターショベル運転
  • 油圧ショベル運転
  • 解体用機械運転
  • パレタイジング゙作業
  • 玉掛け作業

求人票に記載されている職種名

解体作業員、クレーンオペレーター、現場管理者、大工、作業員、配管作業員
大型運転手、フォークリフト運転手、運転手、現場技術者、土木作業員、配達員

就職後の仕事例(求人票から)

  • 土木工事及び運送事業に伴う運転業務
  • 倉庫内仕分作業及び配送業務
  • 荷物等の仕分け・車への積載作業及び運転業務

就職率

年度別 就職率
平成27年度 97.3%
平成28年度 83.3%
平成29年度 97.4%

修了生の主な就職先

王子物流(株)釧路営業所
釧路化成工業(株)
三ツ輪物流(株)
ヤマシタ工業(株)
協立海上運輸(株)
日本ホーランド(株)


賃金情報

修了者採用時の賃金(給与総支給額)
181,000円~220,000円


訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

訓練を修了すると、建設荷役運転関連の基本的技能・関連知識と資格を取得できますので、この基本的技能を活用して、就職先企業で建設荷役運転関連業務が幅広くできるようになります。


訓練修了時に取得できる資格

車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)運転技能講習

(北海道労働局長 登録教習機関北労安教第58号 登録有効期間満了日2024年3月30日)

玉掛け技能講習

(北海道労働局長 登録教習機関北労安教第132号 登録有効期間満了日2024年3月30日)

ショベルローダー等運転技能講習

(北海道労働局長 登録教習機関北労安教第189号 登録有効期間満了日2024年3月30日)

フォークリフト運転技能講習

(北海道労働局長 登録教習機関北労安教第214号 登録有効期間満了日2024年3月30日)

小型移動式クレーン運転技能講習

(北海道労働局長 登録教習機関北労安教第246号 登録有効期間満了日2024年3月30日)

車両系建設機械(解体用)運転技能講習

(北海道労働局長 登録教習機関北労安教第303号 登録有効期間満了日2024年3月30日)


任意に取得する資格

  • 大型特殊自動車免許
  • 大型自動車免許
  • 大型牽引免許
  • 危険物取扱責任者等

就職後のスキルアップ

就職後は就職先の実務経験を活かして国家資格に挑戦し、建設機械施工技士1、2級免許などその他の種目を受験したりするなど さらにスキルを向上させることができます。

就職後の資格取得について【建設荷役車両運転科】

就職後は実務経験を生かして、国家資格の技能検定である1級建設機械施工技術検定試験等を受験するなど、さらなるスキルアップを目指せます。 当センターでは、就職後においても職業能力のさらなる向上に係る相談・支援を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

スキルアップの流れ

建設機械運転操作業務系

車両系建設機械(基礎工事用)機械運転技能講習修了証
不整地運搬車運転技能講習修了証
締固め用(ローラ)特別教育修了証
コンクリート打設用機械運転資格
大型自動車免許
大型特殊免許
建設機械施工技士免許(1級・2級)

荷役機械運転操作業務系

移動式クレーン運転士免許(国家資格)
大型自動車免許 
大型特殊免許
運行管理者(国家資格)


託児サービスについて

 「託児サービス」とは、子育て中で職業訓練が受けられない現状にある方が、安心して職業訓練を受講できるように周囲の託児施設と連携し、訓練受講中にお子様を託児施設に預けることができるサービスです。
これまで職業訓練を子育てが理由でできなかった方、この制度を利用して職業訓練を受講してみませんか。

 詳細については
託児サービスのご案内 からご確認いただけます。



お問い合わせ

ポリテクセンター釧路【訓練課】

TEL

0154-57-5938

FAX

0154-57-8130

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る