本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

利用者の声

利用者の声(求職者向け職業訓練)


溶接加工科(平成27年12月修了)

受講者

江副 由美さん

前職

運送会社 配車係

受講動機

運送会社で配車係をしている際、整備の方がサイドバンパーなどちょっとした修理で溶接されていて、そこに興味を持ち受講するキッカケになりました。

訓練を受講しての感想

江副 由美さん

前職が事務職で製造業の経験がなく、女性でもあり、ものづくりに携わる再就職が出来るかも大変不安でした。
 しかし、訓練が始まってみると、先生方は熱心に教えてくれるし他の訓練生も親切ですぐに訓練生活にも慣れ、興味を持った事の勉強とはこんなにも楽しいものかと、あっという間に時間は過ぎていきました。
 触るのも使うのも初めての物ばかりで、溶接の技術はもちろんの事色々な工具の使用方法から大きな機械(シャーリング・プレスブレーキ・スポット溶接機etc.)の使用方法など、現在の会社で使用しているものばかりで、学んだこと全てが役に立っています。
就職活動に関しては、女性で不利であろうという予測から、受講開始3ヶ月を過ぎたころから積極的に取り組み、自分で求人誌などを見て電話したり、実際に色々な工業団地に足を運び、会社の看板を見て回り、メモして帰り、どんな会社でどんな物を作っているのかを調べたりと少しでも企業情報を得るために努力しました。
 そのような中で運よく、ポリテクセンターで発行している求職者情報を見ていただいた企業から声が掛り、
「女性でも大丈夫。来て欲しい。」と言っていただける会社への再就職がすんなりと決まり、毎日充実した日々を過ごしています。
 平面の鉄板が、自分の手で少しずつ実態となり、作り上げた物の寸法が図面とピタリと合うと本当に嬉しくてたまりません。
 私のような未経験者に親切に教えて頂き、先生方には本当に感謝しています。ありがとうございました。
 まだまだスタートをきったばかりですが、10年後には仕事がきっちり出来る職人になる事が目標です。


溶接加工科(平成27年12月修了)

受講者

小川 正哲さん

前職

自動車部品製造

現在の仕事

溶接工

訓練を受講しての感想

小川 正哲さん

私は前職で熱間鍛造プレス機を使用した自動車部品の製造オペレーターに就いていました。
 アーク溶接の専門的な知識はありませんでしたが、修理などの簡単な作業はしたことがありました。
 今回のポリテクセンター受講で改めて基礎から学ぶことが出来、溶接に対して ”楽しい” ”もっと上達したい” という気持ちが大きくなりました。
 習う事は初めての事ばかりでしたが、とても興味深く、先生方のご指導のおかげで分かりやすかったです。
 今の職場は、溶接加工科で教えていただいた事をベースに、工夫しながらの作業なので毎日が勉強です。
 これからも色々な技術を習得しレベルアップしていきたいと思います。


溶接加工科(平成26年3月修了)

受講者

JTさん(男性)

前職

事務職

受講結果

溶接工(鉄骨)の仕事に就く

訓練を受講しての感想

JTさん

私は、離職した際にポリテクセンター熊本の溶接加工科を受講しようと考えましたが、40代後半であること、これまで営業事務しかしてこなかったことなどから学生時代から興味のある溶接関係に就職できるか不安な気持ちでいました。
 いざ溶接加工科へ入ってみると、訓練内容も充実しており、指導も大変丁寧でした。また、訓練と並行して溶接の求人が数多く紹介され、訓練受講中に2社内定をいただくことができました。就職は縁だと思う部分がありますが、ポリテクセンターにはその縁も数多くあるように感じました。
 鉄骨業界はオリンピックに向けて右肩上りで県外からの受注も増えています。訓練で学んだことしかない自分を採用して下さり、人生設計を構築できる収入をいただいています。ポリテクセンター熊本でお世話になった職員の皆様に心よりお礼申し上げます。


組込みマイコン技術科(平成30年3月修了)

受講者名

合志 直人

前職

接客業

現在の職

WEB系プログラマ

受講動機

 私は学生の時からWEB関連の仕事に興味があったものの、自分には習得が難しいものと決めつけて独学では勉強なども行いませんでした。ハローワークで職業訓練の説明があり、未経験でも訓練後にWEB関連への就職をされた方がいらっしゃるというお話を聞き、不可能でないのなら悩むよりまず挑戦してみようという気持ちで応募いたしました。

訓練を受講しての感想

<クラスの雰囲気>
 年齢や経験の違う様々な方が集まりますが、皆さん知識を深めよう、技術を高めようという気持ちは共通なのですぐに親睦を深めることができました。グループワーク実習が行われると普段あまり接しない方ともコミュニケーションをとる機会が増えますし、思ったことを遠慮せずに話すことができる空間で学ぶことができます。

<訓練について>
 電子回路からアセンブラ、C言語、データベース、WEBと半年間でたくさんのことを学びます。ひとつの項目だけを訓練するわけではありませんので、訓練中に独学で知識を深める際はある程度の取捨選択が必要かと思います。一度学んでみると最初に希望していた分野ではない職業でも興味が湧く場合もあります。実際に、訓練を通して興味をもった仕事に就く方もいらっしゃいました。

<就職活動について>
 ポリテクセンターでは豊富で最新の求人情報をいち早く手に入れることができます。人気のある求人などは受ける前に募集が終わっているということもありますので、この点は強みだといえます。特に優れていると感じたのがリクエスト求人というもので、こちらの情報を一部提示することで企業様から声を掛けていただき、書類選考なしで採用試験を受けることができます。基本的にポリテクセンターで試験を行うことが多く、訓練を行いながらできる限り多くの採用試験を受けようと考えていた自分に合ったシステムでした。

<離職者の方へ>
 訓練期間に何もかも習得することは難しいかと思いますが、自分の目指す分野を明確にして新たな一歩を踏み出すには、これ以上はないという環境で学ぶことができます。なにより離職中は一人だと不安になり、マイナスの思考に陥りがちです。近い悩みや目的を持つ仲間、積極的にサポートしてくださる訓練科の指導員や就職相談員の方々と共に学ぶことでより高い目標の設定が可能になると思います。

最後に

 「急がば学べ」。その意味は訓練を乗り越えた先に。


組込みマイコン技術科(平成30年3月修了)

受講者

黒木 真由美 さん

前職

営業

現在の職

ITサポート

受講動機

 私は、もともとパソコンに触れることが好きでしたので、IT関係の業務に携わりたい、プログラミングをやってみたい、と考えていましたが、中々その機会がありませんでした。また、IT業界への就職となれば資格が必要となってくる場合が多いと思っていたので、未経験・無資格で再就職に臨むのは難しいだろう、と考えていました。加えて、私には未就学児の子供がいるので、保育施設の確保とIT業界での就職を同時に行うというのはほぼ絶望的でした。そんな時に職業安定所の方から紹介していただいたのが訓練校の存在です。『マイコンを通してプログラミングを学べる』『託児所が利用できる』この二つが特に魅力的でした。すぐに説明会の参加申し込みを行い受講に至りました。

訓練を受講しての感想

<クラスの雰囲気>
 全体の雰囲気が良く、和気藹々としていました。年齢層もバラバラでしたが、特に分け隔てなく仲良く過ごせました。空いた時間や休日などは、趣味が合う仲間と遊んだりする機会も多くありましたし、資格試験の際には勉強会を開いたりもしました。学習課題に取り組むときも、分からないことは教えあって課題解決に取り組めたので、苦手な分野に対しても積極的にチャレンジすることができたと思います。

<訓練について>
 初めて学ぶ内容が多かったので問題に躓くときもありましたが、先生も随時質問に答えてくださり課題の解説もわかりやすかったので楽しく学ぶことができました。実際に様々な課題に取り組んでみて、自分の得意・不得意な分野が更に見えてくる部分があったので、訓練を受講していく中で段々と就職目標も定めることができました。訓練を受けることによって知識を学ぶだけではなく、社会に出た後のチームワークや問題解決への考え方を学びました。

<就職活動について>
 私の場合は正社員での就職を希望かつ、まだ子供も小さいという点から就職活動が他の方より難航すると思い、就職担当の先生に相談しながら修了予定の約3か月前に就職活動を始めました。環境としては、訓練所の中に相談する場や求人検索の場が設けられているので、移動する時間や手間も特にかかりませんでした。また、求人票の取り寄せや書類の添削といった先生たちからのサポートがしっかりしていたので、特に不安なく就職活動を行うことができました。

<離職者の方へ>
 転職や再就職で不安なことは人それぞれ沢山あると思います。私のように保育施設と並行して探されている方もいらっしゃると思います。もし悩まれているようでしたら、説明会への参加や施設見学をされてみてください。ほんの小さな行動でも、何か新しい事へ挑戦する足掛かりになると思います。

最後に

 約半年間の訓練を修了して「受講して良かった」の一言に尽きます。諦めていたIT関係への就職ができたのはもちろんですが、訓練を通じて今まで知りえなかった沢山の知識を学ぶことができましたし、かけがえのない仲間も得ることができました。そして何より、あきらめずに挑戦すれば何とかなるという自信にも繋がりました。得るものがとても多かった半年間、あっという間でしたが、私の人生において大きな転機になりました。お世話になった先生方ありがとうございました。これからも何らかの形でお世話になる機会があるかもしれませんが、その際はよろしくお願いします。


組込みマイコン技術科(平成29年2月修了)

受講者

樋口 ゆか さん

前職

アルバイト(販売、小売業)

受講動機

 私は以前からプログラミングに興味があり、趣味としてプログラミングの学習をしていましたが、職業としてより専門的にプログラムを作成する職業に就きたいと思うようになりました。しかし、独学だけでIT業界に就職する自信がありませんでした。その折にポリテクセンター熊本でマイコンのプログラミングなどを教わることができると知り、是非受講させていただきたいと思いました。
 また、私は今まで正規雇用での就職活動を行ったことがなく、一人で就職活動を行うことにも不安を感じていたため、就職活動のサポートもしていただけるポリテクセンターで訓練を受けたいと思い、応募した次第です。

訓練を受講しての感想

<クラスの雰囲気>
 クラスメイトの方は年齢、職業経験などさまざまで、皆さん個性があり多様な知識や技術を持ったかたばかりでした。私はコミュニケーションに苦手意識を感じており、仕事や作業を行う上での人との連携に不安を感じていましたが、クラスの皆さんはとても協力的で、すぐに馴染むことができました。

<訓練について>
 私は今まで電気の基本や、理工系を学んだことがなく、データ管理やWEBプログラミングなどの経験のあるクラスメイトに対して気おくれがありました。しかし、訓練が始まってみると皆さん協力的で、訓練スケジュールに遅れずについていくことができました。自分でどうしても理解できない内容は先生方に質問すると、わかるまで丁寧に教えてくださり、段階を積んで学習することができました。
 訓練内容では、SHマイコンの制御を行い、ゲームを作成する実習内容が特に印象に残りました。グループで役割分担し、納期に間に合うようプログラムを作成し、それぞれが作成したプログラムを組み合わせてゲームが完成していく過程がとても楽しかったです。

<就職活動について>
 受講開始4カ月頃から就職活動を開始した際、履歴書をうまく書くことができませんでした。自力で書いてみた履歴書を就職支援アドバイザーの方に添削していただき、何をアピールすべきか、どういう書き方をしなければいけないかを丁寧に教えて頂きました。面接方法に関しても何度も相談に乗っていただき、具体的な対策を教えていただけることで就職活動に対する不安が和らぎました。

<離職者の方へ>
 私は組込みマイコン技術科に入るまでは、自分が就職できると思えずとても不安でした。ですが、ポリテクセンター職員の方々にサポートして頂き、全く未経験のIT業界の就職活動に挑戦することができました。私のような未経験者でも基礎から応用まで段階を踏んで学習でき、IT業界で働くための基盤を作ることができましたので、前職が全く違う分野の方や、理工系でもない方でもIT業界で働く第一歩を踏み出せると思います。 

最後に

ポリテクセンターの先生方やクラスメイトの方々に助けて頂いたおかげで、現在のLSIテスト評価の職業に就くことができました。まったく未経験の業界なので不安はありますが、訓練期間の経験を忘れず、今後も目標に向かって励んでいきたいと思います。ポリテクセンター熊本であたたかく支えて下さった方々に、深く感謝申し上げます。


組込みマイコン技術科(平成26年8月修了)

受講者

U.S.さん

受講動機

 私はこれまでの経歴の中で、専門的な知識や技術等を身につける機会がなく、何か仕事に結びつくものを身につけたいと思っていました。しかし、専門学校や大学等に通うのは様々な理由から難しく、そうなると自然と浮かび上がってくるものが職業訓練というものでした。
 また、アルバイト等の非正規雇用でしか働いたことがなく、就職活動の進め方、というものが全く分からない私にとって、就職支援があるというのも非常に魅力的でした。
 前職で働いている中で、興味のある事を仕事にしたいと思うようになり、何をしたいのかを考えた結果、IT業界、特にプログラムを作る仕事に挑戦したいと思い、組込みマイコン技術科を受講しました。

訓練を受講しての感想

U.S.さん

〈訓練について〉
 おそらく多くの方が訓練の内容についていけるのか不安を覚えると思います。私もそうでした。
 実際に訓練を受けてみると、プログラムの訓練では例題、課題、解説と進み、解説の部分がこれでもかという程に非常に丁寧でわかりやすく、基礎からしっかりと覚える事ができたと思います。分からない部分がいくつかありましたが、その時点では理解できなくとも、訓練を進めていく中で理解できる様になる事が多くありました。
 特に複数の班に分かれて、班員で協力して数日かけて完成させる課題、グループワークでは自由にプログラムを書き、互いに教え教わることになるので良い復習になり、自分の中で、知識を基にした技術として確立できたと思います。
 また、それと同時に自分達の考えたものが目に見える形になる面白さ、全員で目標を達成できた時の喜び、そのために協力する事の大切さを実感する事ができました。
〈就職支援について〉
 私は自己PRを考えるのが苦手で、いつも何を書けばいいのか、書けるような事があるのかと、答えが全く浮かばなかったのですが、訓練や面談等で順序立てて自分を分析することによって、ただ自分は書き方を知らなかっただけだという事に気付くことができました。応募書類を作る際に数回就職支援アドバイザーの方に相談に乗っていただきました。最初は履歴書の書き方等、初歩的な事なのでこんなことを尋ねてもよいものかと、尋ねる難さもあったのですが、とても気軽に相談する事ができました。また、書類の内容について相談に乗っていただいた時には、ただ数十分、雑談のような気分で話していたら、いつの間にか答えが出ている、というなんとも不思議なものでした。
 リクエスト求人や、自分に合いそうな求人情報の紹介等もしていただき、スムーズに就職活動をすることができました。
〈最後に〉
 知識や技術についても、就職支援についても、今後、自分で就職活動をしていく中での足がかりになれば良い程度に考えていたのですが、どちらも想像していた以上のものを得る事ができました。
 様々な年齢や経歴を持つ方と話す事ができ、とても勉強になり、また、純粋に楽しかったです。このように、いろいろな人と対等な関係でコミュニケーションを取れる場所は、なかなかないと思います。
 転職を考えている方はもちろん、私のように何かを機に社会復帰をしたいと考えている方にも強くお勧めします。


組込みマイコン技術科(平成26年2月修了)

受講者

須藤 信明 さん

受講動機

当時、ものづくりの仕事でアルバイトではなく正社員として働く道を模索していましたが、ソフトウェア開発に必須であるプログラミングに関するスキルが皆無でした。スキル習得の為に資格取得スクールへの道も考えましたが、就職活動とスキル習得が同時に出来るポリテクセンター熊本の職業訓練の存在を知り、システムエンジニアの道を目指す事の出来る組込みマイコン技術科への応募を決めました。

訓練を受講しての感想

〈訓練について〉
 職業訓練と聞いてある程度厳しい内容を想定しておりましたが、これから勉強する内容や使用する機器に関して、何を学ぶのかをグループディスカッションしたり、どう使うのかが事前説明があったりと前準備がしっかりしていた為、実際の訓練の内容で特に迷う事はありませんでした。理解出来なかった部分は休憩時間に先生方や同じ科の経験者の方に質問をすれば教えて頂ける為、しっかりとスキルを身につける事が出来ます。

〈就職活動について〉
 就職活動の支援体制はしっかりと整っており、求人雑誌や求人情報が常に最新であるのはもちろんの事、就職活動の相談では先生方だけではなく、就職相談員の方々も常駐していらっしゃる為、ポリテクセンターにいながらにしてハローワークと同等の支援を受ける事が出来ました。また、就職活動の流れ、履歴書や添状の書き方等も一通り学べましたので、苦手な方でもしっかりと就職活動が出来ます。

〈クラスの雰囲気〉
 最初はお互いに緊張していてお隣の方とお話をする程度だったのですが、一緒にお昼ご飯を食べたり、定期的に訓練で行われるグループ活動を通して次第に科のみんなと仲良くなれました。
 また、様々な年代、経験を持つ方々がいらっしゃる為、趣味や訓練の内容、就職活動に関して等、多種多様なお話や経験談、アドバイスを聞く事も出来ます。私のいた科では、同じ趣味を持つ者同士で食事に行ったり、遊びに行ったりもしていました。就職活動の為にポリテクセンターに通っていたのに、もうちょっと科のみんなと一緒に勉強したいと思えるくらいに楽しい雰囲気の中で訓練生活を過ごせました。

〈離職者の方々へ〉
 ポリテクセンターに通い始めた当時は、ちゃんと自分も就職出来るのかと不安になりながら通い始めたのですが、就職を決めて卒業する時にはポリテクセンターに行って良かったと周りのみんなに自信を持って言えるくらいに素晴らしい環境で就職活動、スキルの習得が出来たと感じております。また、これまでにお話した通り、就職する、スキルを習得する、の2点以外にも様々な経験が出来、きっと、自身の目的以上の成果を得られます。
 急いで仕事に就くのも確かに大事な事ではありますが、自分を磨く、自分を見極めるという事も就職、仕事をする上では大事な事だと考えております。人により事情は様々ですが、全速力で走る様に焦って失敗するよりも、まずは一歩ゆっくりと歩いてみて、しっかりと考えてみるのもいいのではないでしょうか。ポリテクセンターではきっと自分がどうありたいかを確認出来ますので、もし就職で迷っていらっしゃる方がいれば、一度お話を聞いてみたり、説明会に参加してみたりするといいかと思います。


ビル設備サービス科(平成26年03月修了)男性

受講者

佐方 満喜さん (男性)

受講動機

 22年間歯科技工士として勤務した歯科医院をリストラにより退職して、その後いくつかの歯科医院、歯科技工所に勤めましたが勤務条件など折り合いがつかず、このままアルバイトで技工士を続けるのか、他の職種に変わるか考えていました。
その中で自分自身、電気関係に興味を持っており、その方面の仕事に就きたいと思っていました。電気設備を専門に学ぼうとハローワークの窓口(ポリテクセンター熊本の巡回指導員)に相談しました。その結果、担当の方から、年齢的にも電気だけでは就職の幅がせまくなり仕事に就くのが難しいとの話があり、ビル設備を勧められビル設備サービス科に応募することになりました。

受講結果

電気工事関係の仕事に就職

訓練を受講しての感想

佐方 満喜さん

(訓練について)
 電気、空調、給排水、ガス溶接、ビル管理、パソコンなど多岐にわたり、様々なことを毎日楽しく学ぶことが出来ました。その中でも電気関係は、好きなこともあり、最も楽しく熱中することが出来ました。訓練を受講する中、やはりこの方面の仕事がしたいとの気持ちも強くなっていきました。
 センターで開催された就職面接会の時にも、電気工事の仕事に絞って面接を受けることにしました。面接会での面談から正式に面接を受けて、希望通りに現在の勤務先への就職が決まりました。
(就職後)
 電気工事の仕事に就いて、3ヶ月となりますが、毎日の仕事を楽しくやらせてもらっています。やはり自分は電気の事が好きだったんだなぁと思っています。
 また、お客様と接し、話をすることで、その方がどのようなことで困られているのか等がわかり、そのための商品を提案させていただき、買っていただけた時には、ポリテクセンターの訓練で学んだこと、先生方、訓練生間での会話など、大変役立っており嬉しく思います。
(感想)
 最初、電気設備サービス科の方ではなくビル設備サービス科に入所した時には、多少なりに不安がありました。しかし、今の仕事に就いて、ビル設備サービス科を選んでよかったと思います。仕事をしていく上で、電気の知識だけでなく、水道の配管やエアコンの知識、パソコンでのエクセルなど大変役立っているからです。
 今、自分が思うのは、年令に関係ないとまでは言い切れませんが、気持ちをしっかりと持ってやり続ければ、やりたい仕事に就くことができると思います。自分の熱心な気持ち、その仕事を好きで・やりたい気持ちが面接官の方に伝わり、希望する道へと進むことが出来たのだと思います。
 また、職業訓練を受講して新しい仕事に就くまで、家族やセンターの先生方、職員の方々、仲間、多くの方の助けや支えがあって出来ることだと思い、感謝を忘れてはいけないと思います。
 今、楽しく、健康に毎日を過ごせていることに感謝です!


実践機械加工科(平成26年8月修了)

受講者

中川さん (男性)

前職

各種金属製品の研磨・仕上げ

受講結果

NC工作機械による機械加工の仕事に就く

訓練を受講しての感想

中川さん

 訓練受講のきっかけは、ハローワークでポリテクセンターの事を知ったことでした。
 前職は、金属部品の研磨作業をしていたので、「どのように部品が加工されて作られているのか?」と切削加工に興味をもち、実践機械加工科を受講しました。
 実践機械加工科では、製図の書き方(CAD)や見方、工具の使用方法、機械を使用する際の注意点から操作まで基礎中の基礎を学習するので、経験が無い方でも解り易い指導を受ける事ができました。
 自ら伸ばしたい技能や疑問も、親身に相談や説明をしてもらえるので満足のいくスキルアップが望めます。また、カリキュラムの中には1ヶ月間の企業実習もあるので、機械加工業種の仕事の流れが理解でき、この業界が自分のやりたい事だという確信が持てました。
 就職活動ではポリテクセンターに紹介をいただき、大変感謝しております。おかげで、自分が目指していたNC工作機械による機械加工の職種に就く事ができました。
 これからもポリテクセンターで学んだ事を生かして能力向上を図り、この職場で励んでいきたいと思います。


CAD/CAM技術科(平成27年12月修了)

受講者

矢田 翔太郎 さん

前職

ソフトウェアテストエンジニア

受講動機

転職を考え始めた頃、今のキャリアでは新しい仕事を見つけることが難しいことを自覚しました。その中でポリテクセンターの存在を知り、一からキャリアを積み直すためのよい機会だと思い、入所を決めました。CAD/CAM技術科を志望したのは、プラモデル作りなどの手作業が好きで、ものづくりの現場にて自分の特性が発揮できると考えたからです。

訓練を受講しての感想

矢田 翔太郎 さん

受講期間の6か月は、とても充実した時間になりました。授業ではフライス盤や旋盤を使用した機械加工の手法や、図面の読み方やルール、CADソフトを用いた作図の方法を学びました。機械分野の知識がない私にはどれも新鮮で、時に苦心する場面もありましたが、先生達のフォローなどもあり、着実に知識を吸収することができました。またそれらの授業を通じ、自分に適正のある分野を見極めることができました。
授業だけでなく、就職活動の支援制度も充実していました。特に就職活動において役にたったのは、ポリテクセンター宛の求人や、リクエスト求人といった、入所しないと得られない求人情報に触れられることです。職業安定所や求人情報誌での情報に加え、それらの情報が得られるのは、転職活動において非常に強みになることを実感しました。また、転職のアドバイザーによる書類の添削なども受けることができ、非常に力になりました。 充実した授業、就職支援を受けることができたおかげで、私は工場で使用される自動装置の機械設計業務の内定を頂くことができました。とても感謝しています。正直、未経験の分野に対する不安がないわけではありませんが、この6か月で学んだことを活かし、また一からキャリアを積み重ねていきたいです。


CAD/CAM技術科(平成27年12月修了)

受講者

木村 誠也 さん

前職

プラスチック成形

現在の仕事

機械設計

受講動機

前職が製造業ということもあり、ものづくりに携われる仕事に就きたいということもあり今回CAD/CAM技術科を受講しました。

訓練を受講しての感想

木村 誠也 さん

〈訓練について〉
今までCAD、CAM、汎用機器などを触ったことのない自分でもこの講習を修了するころには自分が作りたい部品などを自由に作成できる様にまで成長することができました。訓練校の授業は同じ分野の内容をみっちり勉強できるので基礎から応用まで短時間で学ぶことができ、実際に企業がどういう人材が欲しいのかという情報を交えながら進んでいき自分が付きたい仕事の内容も理解できました。
訓練校で過ごした半年間は学生時代の青春が蘇ったかの様に毎日楽しくクラスメイトの方々と過ごすことができました。
今後は機械設計の仕事に決まりましたので、訓練校で学んだことを活かしつつ頑張りたいと思います。


CAD/CAM技術科(平成26年3月修了)

受講者

立山 倫之さん (男性)

前職

介護職

受講結果

CAD/CAMを用いたアクセサリー作成

訓練を受講しての感想

立山 倫之さん

 もともとアクセサリー作りなどものづくりが好きだったので、ものづくりの仕事がしたいという一心でCAD/CAM技術科を受講しました。
 前職とは全くの畑違いの分野でしたが、先生方の懇切丁寧で温かいご指導のもとCAD/CAMの使い方や、NC工作機械による金属加工などの技術を学ぶことができました。訓練期間中にCADの資格もトライし、頑張った結果合格し自信がもてるようになりました。
 現在は、エンゲージリングなどを製作している会社で、CAD/CAMソフトから加工データを作り4軸のNC工作機械で加工するところまでを担当しています。授業で習ったソフトとは違うソフトを使っていますが、ポリテクセンターで学んだ基礎などがあるので、すんなりと仕事に入れたと思っています。
 6ヶ月間の訓練は非常に充実していて仲間との雑談も楽しみの一つでした。CADやNCの技術を身につけたい方はCAD/CAM技術科の訓練をお薦めします。

お問い合わせ先

訓練課 離職者訓練係

TEL

096-242-6614

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る