本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

住宅リフォーム科のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

木造住宅のリフォームに携わる職種は多岐にわたります。その中のほとんどの職種はリフォーム以外に新築にも携わっています。そこで、住宅リフォーム科は、木造住宅に必要な構造、法規、各種申請について基本的な知識や、ノミやノコ・電動工具などの大工道具を使って木造住宅を建て、内装の仕上げ実習を行います。また、リフォームの際に不可欠である図面作成、積算・見積書作成、住宅改修の提案などの知識と構造材・内装のリフォーム実習、電気配線などの住宅設備実習を通して専門的な技能と技術を習得します。

訓練全体(6ヶ月間)の目標人材像(訓練目標)

  • 木造住宅の改修に必要な構造、法規、各種申請について理解し、図面作成ができる。
  • 木造住宅の構造部材、内装に関する施工(断熱施工を含まない)及び内装改修ができる。

訓練課題例

訓練課題例1
訓練課題例2

総訓練時間

670時間

1ヶ月ごとの訓練内容

1.「建築の基礎知識」

住宅の構造や法規等に関する知識及び技能を習得します。
●建築各種構造、法規
●建築製図基本及び読図
●住宅の構造設計(壁量計算)
●住宅の省エネルギー

住宅構造・法規と申請業務(木造)

2.「住宅図面作成(CAD)」

建築CADを使った図面作成に関する知識及び技能を習得します。
●2次元CADの使い方
●建築図面の作成

住宅図面作成(CAD)

3.「積算・見積もりと住宅の改修計画・提案」

住宅改修に係る見積書作成や計画、提案に関する知識及び技能を習得します。
●積算と見積り
●住宅の改修計画とその提案

積算・見積もりと住宅の改修計画・提案

4.「大工の基本作業」

大工道具を使って、基本作業の技能及び知識を習得します。
●のこぎり、のみ等の大工道具の使い方
●丸のこ、足場の取扱い
●木造住宅の墨付け・加工・建て方

大工の基本作業

5.「内装の施工及び改修」

開口部周りの基本的な施工と内装に関する施工及び内装改修に関する技能及び関連知識を習得します。
●開口部施工
●内装下地
●内装仕上げ1(床・天井)
●内装仕上げ2(内壁)
●内装材の改修1(床・天井)
●内装材の改修2(開口部・壁)

内装の施工及び改修

6.「構造材の改修と住宅設備」

屋内電気配線、空調及び給排水衛生設備に関する技能及び住宅リフォーム施工に関する技能及び関連知識を習得します。
●住宅照明・コンセント設備施工
●給排水衛生設備(衛生器具)
●構造材の改修
●外装施工
●解体作業

構造材の改修と住宅設備

受講要件

過去の経験

特に必要ありません。

事前に習得していることが望ましいスキル

「住宅図面作成(CAD)」では、パソコンを使用していきますので、パソコンの操作に慣れているほうが訓練効果が期待できます。ただし、パソコン操作が初めての方でも基本操作から指導していきますので問題ありません。

各訓練科共通要件

  • 再就職の意欲及び職業訓練の受講意欲が強い方
  • コース内容を理解し、就職を希望する職務と希望科との整合性がある方
  • 職業訓練の安全確保及び訓練に支障をきたさないような健康状態である方
  • 集団訓練で必要な協調性のある方

受講料

無料です。
ただし、教科書代(約15,000円(作業着代含む))については、実費負担となります。


訓練に関する職種と仕事内容

主な職種

●住宅リフォーム科のみ
  内装工
  建築施工管理
  大工
 
●福祉住環境サービス科と同一
  住宅営業
  住宅設計
  CADオペレーター
  建築事務
  ハウジングアドバイザー

仕事内容

●内装工の概要
建物の内装、床、壁、天井などの仕上げ作業をします。床にはフローリング材やタイル、カーペットなどを敷き、壁や天井にはクロスや石膏ボードを張ります。また、ブラインドを取り付けたり、ふすま、障子の紙張りなども担当します。建材やデザインの多様化に合わせて、勉強が必要な仕事です。美的センスと手先の器用さが求められます。 (「ガテン」仕事図鑑より)

●施工管理・現場監督の概要
工事全体の進行を管理する仕事です。中規模以上の現場では土木、建築、電気工事、管工事、造園といった各担当にわかれます。仕事は複雑で、工事作業のすべてを把握する必要があります。作業手順を決め、資材・機械・職人を手配し、進行・品質を日々チェックしていきます。周辺地域への配慮なども求められます。専門の工事知識や関係法令の知識も必要で、工程や予算の管理はコンピュータ化も進んでいますので、勉強が必要です。大きな現場では数十人、数百人のスタッフ、職人を仕切るため人付き合いがうまく、リーダーシップのある人が向いています。 (「ガテン」仕事図鑑より)

●建築設計技術者の概要
学校や病院、劇場、デパート、ビルなど、さまざまな建物を、その用途に応じて、設計図をつくり、その設計図をもとに、建築現場で実際の作業員を指揮・監督するのが、建築設計技術者です。建築設計技術者は、一般的に、建設会社の設計部門や設計事務所などで働いています。 建築設計技術者の仕事は、建築物の設計図面を引く設計と建築現場での作業員の指揮・監督する設計監理に分かれます。 建築設計技術者は、まず、建築設計の依頼を受けると、その規模や用途、予算などの条件に従って、基本設計し、設計平面図や模型などつくり、完成後の建物の姿を明らかにします。 次に、インテリアや材質といった、細かい部分を決める実施設計をします。平面図、立面図、断面図など、実際に建築するために、構造や設備の設計をして、必要な設計図を作成し、工事費用を割り出します。決められた予算内で、いかに依頼主の要望に合った建物にできるか、最も知識・技術が求められます。

●CADオペレーターの概要
紙に描かれた図面は、そのままではデータとしての使い勝手がよくないため、これをパソコン上の製図ソフト(CAD)に入力し、データの修正や共有、保存といった管理がしやすくする。こうしてデータをCADに入力することによって、専用ソフトを使って立体図を眺めてみることもできるようになる。CADオペレーターはこのCADを操作して、さまざまな分野の設計図を作成する。 (「職業図鑑」より)

●事務(建築系)の概要
基本的には他の業種の一般事務と変わりはありませんが、中にはCADが出来る人が良い、見積りができる人がよいという求人があります。

●ハウジングアドバイザーの概要
ハウジングアドバイザーはお客様の相談窓口として、お客様の声を聴きながら、ニーズに合った住宅をアドバイスしていくのが仕事になります。
ハウスメーカーや不動産会社・仲介業者に勤め、不動産の紹介や売買だけでなく、住宅を購入したいというお客様に対して資金の相談や購入に関するアドバイス、売買の際には税金問題に関してもアドバイスを行います。また、住宅展示場などに勤務する場合は住宅展示場の清掃やインテリアコーディネートをはじめ、お客様がリラックスして商談が出来るような雰囲気作り、住宅営業のサポート業務などを行っております。勤務先によってはパソコンでCADを使用して図面の作成や住宅デザイン画を作成する場合もあります。
(「なりたい職業.com」より)

職種との相性(こんな方に向いている!)

建物を立体的に想像でき、"ものづくり"に興味がある方に向いています。
また、建築主や様々な業種の職人が集まって家を建てていくため、コミュニケーション能力が高い方や協調性がある方は溶け込みやすいです。


就職率

平成28年度  83.9%
平成29年度  91.5%
平成30年度   100%  ※ 平成30年12月20日時点


訓練修了時に取得できる資格

携帯用丸のこ盤作業従事者安全衛生教育修了証

足場の組立等作業従事者特別教育修了証


任意に取得する資格

訓練期間中に皆さんが取得した知識・技能を活かして任意に受験して取得する資格です。
※但し、合格を保証するものではありません。

福祉住環境コーディネーター(2級・3級)

高齢者や障害者が安心して自立した生活を送るために、住環境の整備充実と改善を提案することを目的としています。 建築にとどまらず、福祉や医療、福祉用具などの知識を持つことから、利用者の日常生活の基本動作や質の向上、介助力の軽減を図りながら、住宅のバリアフリーはもとより、福祉用具、介護用品、家具などの商品開発や販売などといった就職先が想定されます。
1級:新築や住宅改修の具体的なプランニングができ、安全で快適な街づくりへの参画 など幅広い活動ができる能力
2級:各専門職と連携して具体的な解決策を提案できる能力
3級:福祉と住環境の関連分野の基礎知識 (※訓練では2級程度の内容を行っています。)
高齢社会において、在宅で自立した生活を望む高齢者や障害者を具体的に支援していく福祉住環境コーディネータの評価は高く、建築や医療福祉関連など各方面での活躍が期待されています。

建築CAD検定(2級・3級)

全国建築CAD連盟が実施する検定試験。図面の正しい理解力とCAD入力技術に的を絞り、多様化するCAD環境の実践力を図るための検定試験です。あらゆる図面がCAD化された建築業界へ就職を考えている人に役立つ試験です。(※当センターも開催場所に認定されております。)
2級:CAD技能の他に建築の知識が必要。
3級:建築図面の参考図をもとに完成図を一定時間内に正しくトレースする。
(※訓練では3級程度の内容を行っております。)


就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施している短期間の在職者訓練コース(有料)を受講したり、就職先の実務経験を活かして、各種資格や技能検定に挑戦するなど、さらにスキルを向上させることができます。 当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。お気軽にご相談下さい。

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る