本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

CADものづくりサポート科(訓練期間6ヶ月)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

ものづくりをサポートするため、PCスキルをはじめ、図面の修正や設計補助、発注業務における業者とのやりとり等に必要な建築・機械図面の読図とCAD操作についての技能・技術を習得します。
 また、財務会計や原価計算についての知識も習得し、事務能力のさらなる向上を図ります。

訓練全体(6ヶ月間)の仕上がり像(訓練目標)

  • 2次元CADによる図面作成ができる。また、3次元CADによるモデリングができる。
  • 財務会計、製造業における原価計算ができる。

総訓練時間

  • 671時間

1ヶ月ごとの訓練到達目標

1.「情報活用技術」

事務処理に必要なWord、Excelに関する技能と関連知識を習得します。

情報活用技術

2.「2次元CAD(建築)」

Jw_CADを使用して、一般的な建築図面の見方や基本操作等の技能・技術及び関連知識を習得します。

2次元CAD(建築)

3.「2次元CAD(機械)」

AutoCADを使用して、一般的な機械図面の見方や基本操作等の技能・技術及び関連知識を習得します。また、テンプレート作成のための各種設定、部品図・組立図の作成など、様々な図面作成技法を習得します。

2次元CAD(機械)

4.「3次元CAD及びCADデータ活用」

3次元CADによる部品の作成方法について習得します。また、3次元CADで作成したデータを活用し、3次元プリンタによる試作品の製作を行います。

3次元CAD及びCADデータ活用
3次元プリンタによる試作品

5.「財務会計実務(商業簿記)」

事務に必要な取引処理、現金管理や固定資産の管理、減価償却の方法など、会計処理に関する技術を習得します。

財務会計実務(商業簿記)

6.「製造業の原価計算(工業簿記)」

製造業における原価計算及び原価管理について習得します。

製造業の原価計算(工業簿記)

受講要件

過去の当該訓練分野の経験

  • 特に不要

事前に習得していることが望ましいスキル

  • 授業ではパソコンを多く使用しますので、パソコンを使用したことがある方(起動・終了、ファイル管理)は、さらに訓練効果が期待できます。

各訓練科共通要件

  • 再就職を強く望んでいて、なおかつ職業訓練を受講することに強い意欲を有している方。
  • 離職者訓練コース内容を理解し、就職を希望する職務と入所希望訓練科との整合性がある方。
  • 職業訓練の安全確保及び訓練に支障を来さないような健康状態である方。
  • 職業訓練を受講する上で必要な、集合訓練における協調性のある方。
    ※受講希望者が多数の場合、上記の条件を満たしていても受講できないことがあります。

受講料

無料です。
ただし、テキスト代として20,000円程度必要となります。


受講生の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

当該訓練分野の経験が無い方でも、下記のような関連職種に就職されています。
(前職)              (修了後の職種)
販売業       →         CADオペレータ
販売業       →         現場事務
小売業       →         CADオペレータ


訓練に関する職種と仕事内容

主な職種

一般事務、営業事務、経理事務、CAD設計補助、CADオペレータ

CADオペレータの仕事

顧客の計画や意図を満足するように、設計者の指示のもと、図面や3次元モデルを作成するのがCADオペレータです。
CADで作成されたデータは、制作現場で活用されるだけでなく、見積り・調達・解析・保全など幅広い分野に役立てられます。
CADオペレータには、パソコンの操作やCADソフトのコマンドの利用技術が求められるだけでなく、設計者との正確な意思疎通を図るために、図面を正確に読み描きできる技能・専門用語の意味や実際の施工に必要となる知識・周辺の幅広い技能技術を習得することが求められます。

職種(事務・CADオペレータ)との相性(こんな方に向いている!)

  • おもに事務所での仕事になり、正確さ、速さ、注意力、忍耐力、几帳面さなどが求められます。やわらかく、こつこつした事が好き、人を支える事が好きな方。

訓練により就職可能な主な仕事

  • CADを用いた機械・建築製図、3D形状モデリング業務等の設計補助
  • 製造業における伝票起票、帳簿作成等の一般事務および経理補助

求人票に記載されている職種名

一般事務(電話対応、受付対応、来客対応、パソコンによる文書・帳票作成)、CADオペレータ

就職後の仕事例(求人票より)

CADオペレータ、現場事務、一般事務


就職率

100%(2017年度修了コース 訓練修了後3ヶ月時点)


修了者の主な就職先例

株式会社酒井建設
株式会社キャデワサービス高知 等


賃金情報

修了者の採用時の賃金(給与総支給額)実績 13万円~17万円


訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

CADものづくりサポート科の訓練を修了することにより、ものづくりをサポートするための様々な技術・技能が習得できます。
 パソコン操作においては、パソコンの基本操作からワープロ、表計算、プレゼンテーションソフトの活用など事務処理一般に必要な技術に加え、ホームページ作成・編集により、企業のホームページ作成にも携わることが可能になります。
 また、2次元CADソフトの操作方法を習得し、図面の読み方や製造業における専門用語を知ることで、発注業務や現場作業員との意思疎通が図りやすくなります。あわせて、事務処理に必要な簿記、原価計算に関する知識を習得することで、経理補助としての仕事もできるようになります。


訓練修了時に取得できる資格

なし


任意に取得できる資格

訓練期間中に受講者の皆さんが習得した技能を活かして任意に受験して取得できる資格の一例です。
(※但し、合格を保証するものではありません。詳細につきましては、各実施機関へお問い合わせ下さい。)

簿記検定(日本商工会議所簿記検定)3級 (日本商工会議所)

建築CAD検定3級(全国建築CAD連盟)

コンピュータサービス技能評価試験(ワープロ部門) 3級 (中央職業能力開発協会)

コンピュータサービス技能評価試験(表計算部門) 3級 (中央職業能力開発協会)


就職後のスキルアップ

就職後も、当センターで実施しています短期間の 在職者向け職業訓練(能力開発セミナー(有料)) を受講することで、さらにスキルを向上させることができます。
当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。お気軽にご相談下さい。

 

お問い合わせ先

ポリテクセンター高知(高知職業能力開発促進センター) 訓練課

TEL

088-832-0447

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る