卒業生活躍事例

活躍事例① 金尾 智之 氏

 平成25年度 電子情報技術科卒業

 パシフィックソフトウエア開発株式会社 入社

活躍事例② 松岡 希沙良 氏

 平成26年度 電子情報技術科卒業

 ワールドビジネスシスコム株式会社 入社

活躍事例③ 小松 聖弥 氏

 平成24年度 生産技術科卒業

 高知機型株式会社 入社

活躍事例④ 木原 大宇 氏

 平成25年度 生産技術科卒業

 株式会社高知丸高 入社

卒業生の声

卒業生の声① 池田 勝也 氏 (生産技術科 2014年3月卒業) 高知精工メッキ株式会社 勤務

 将来ものづくりの仕事をしたいと思い、高知能開短大の生産技術科に進学しました。

 在学中は技能検定に力を入れ、機械保全職種は2級まで取得しました。現在は高知能開短大で学んだことを活かしてNC加工の仕事をしています。普通科高校を卒業してすぐに就職をするよりも、仕事の流れがすんなりと理解できたので、入学してよかったと思っています。次の目標は技能検定1級を取得することです。頑張りたいと思います。

 

卒業生の声② 大﨑 雄大 氏(電子情報技術科 2014年3月卒業) パシフィックソフトウエア開発株式会社 勤務

 先生のおかげで成長できました。

 「高知県内での就職率の高さ」と「ものづくりに対しての取り組み」に魅力を感じ、高知能開短大に入学しました。授業では、プログラムやネットワークの仕組みについて分からないこともありましたが、先生に詳しく説明して頂き理解が深まりました。現在はソフトウエア開発の仕事に携わっており、学校で学んだ知識を活かして頑張っています。

卒業生の声③ 次良丸 透 氏(生産技術科 2015年3月卒業) 四国職業能力開発大学校 生産機械システム技術科進学

 私は就職先の選択肢を広げるために応用課程に進学しました。応用課程での授業は、グループ製作が多くなります。製作物は複雑ですがグループで行うのでそれぞれの長所を生かしながら進めることが出来ます。

 応用課程では人と話す力が必要となってきます。応用課程希望者は、専門課程の勉強だけでなくコミュニケーション能力の向上も頑張って欲しいです。

卒業生の声④ 田中 太志 氏(生産技術科 2014年3月卒業) 四国職業能力開発大学校 生産機械システム技術科進学

 さらに高度なものづくりの勉強をして、4年制大学卒業と同程度以上のレベルになるため応用課程に進学しました。専門課程では、ものづくりの基礎を勉強しましたが、応用課程では、グループで設計から組立て・完成までを他科の学生と協力して行います。製作の過程で、コミュニケーション力、プレゼンテーション能力などの社会では必須のスキルの向上が図れます。大きく成長するチャンスなので、卒業後の自分をしっかりイメージして日々の学習に励み、希望する職種へ就職できるように頑張ってください。

卒業生の声⑤ 平田 淑希 氏(電子情報技術科 2015年3月卒業) 四国職業能力開発大学校 生産電子情報システム技術科進学

 私が応用課程に進学した理由は、技術をさらに学ぶだけではなく、開発課題を通してチームでのコミュニケーション能力を身につけたかったからです。高知では寮生活をしていましたが、香川に来てからはアパートで一人暮らしをしています。その分自由な時間が増え、他のいろいろなことに時間を回せるようになりました。応用課程では授業のスピードが速いので専門課程での知識が活きてくることが多いです。進学を考えている人は、しっかりと基礎を学んでおいてください。

卒業生の声⑥ 田村 諒太 氏(電子情報技術科 2014年3月卒業) 四国職業能力開発大学校 生産電子情報システム技術科進学

  スキルアップのために応用課程に進学しました。応用課程では個人、チームでの課題など実習が多くありましたが、専門課程で学んだ基板設計や、プログラミングのノウハウを活かして課題に取り組んできました。

応用課程ではさらに実習が多くなり、グループをまとめるリーダー性や、スケジュール管理などを学びました。早い段階から、設計から製作まで行う機会があります。広い実習場や実験装置が揃った実際の企業に近い環境で実習を行え、自身の技術・技能をよりいっそう磨ける学校だと思います。

高知職業能力開発短期大学校

高知県香南市野市町西野1595-1

TEL 0887-56-4100