ボタン:MENU

VOICE在校生の声

VOICE在校生の声

生産技術科

谷口 敦紀Taniguchi Atsuki
生産技術科 1年

なぜKPCを選んだ?

卒業時に国家資格である「技能士補」が取得できるため就職に有利になることや、実践的な授業に魅力を感じたからです。
オープンキャンパスに参加した際、先生からメカトロサークル(KPC伝統の「ものづくり」サークル)の話を聞き、活動内容に興味を持ったこともきっかけです。

キャンパスライフはどう?

今、好きな授業はフライス盤の実習です。KPCは実習が多いため、1年生の始めから実際に工作機械を扱い金属を加工したりできます。イメージしたものが自分の手を通して思い通りの形になっていくのはとても楽しいです。
放課後は、友達とバドミントンをしてり、自分のパソコンに設計ソフトを入れて将来創りたいものを設計してみたり。所属しているメカトロサークルでは現在、企業との共同製作を進めています。部品のデザインなどを担当しており、先日はレーザー加工機を使った試作品が完成し、感動ひとしおでした。

将来はどうする?

将来は応用課程に進学するか就職を選ぶかで迷っています。
インターンシップや応用課程見学などを通してしっかりと決めていきたいです。

畠山 貴教Hatayama Takanori
生産技術科 2年

なぜKPCを選んだ?

修了時に国家資格である「技能士補」が取得できるため就職に有利になることや、実践的な授業に魅力を感じたからです。
オープンキャンパスに参加した際、先生からメカトロサークル(KPC伝統の「ものづくり」サークル)の話を聞き、活動内容に興味を持ったこともきっかけです。

キャンパスライフはどう?

今、好きな授業はフライス盤の実習です。KPCは実習が多いため、1年生の始めから実際に工作機械を扱い金属を加工したりできます。イメージしたものが自分の手を通して思い通りの形になっていくのはとても楽しいです。
放課後は、友達とバドミントンをしたり、自分のパソコンに設計ソフトを入れて将来創りたいものを設計してみたり。所属しているメカトロサークルでは現在、企業との共同製作を進めています。部品のデザインなどを担当しており、先日はレーザー加工機を使った試作品が完成し、感動ひとしおでした。

将来はどうする?

将来は応用課程に進学するか就職を選ぶかで迷っています。
インターンシップや応用課程見学などを通してしっかりと決めていきたいです。

電子情報技術科

井上 一樹Inoue Kazuki
電子情報技術科 1年

なぜKPCを選んだ?

小さいころからモノ作りが好きで、プログラミングや電気回路に興味がありました。
担任の先生に勧められてKPCを知り、オープンキャンパスに参加して設備の豊富さや面白い先生に出会えたことが決め手となり選びました。

キャンパスライフはどう?

パソコンの経験があまりなかったのですが、授業で基本的な操作から教えてくれるので助かりました。今は電子回路製作実習が楽しみな授業で、「はんだ付け」は特に好きな作業です。サークルは軽音部に入りました。ギター初挑戦なのですがメンバーもほとんどが未経験者なのでみんなで楽しくやっています。

将来はどうする?

まだはっきりと決めていないので、より多くの情報を得るため「当たって砕けろ」の精神で早い段階から企業訪問などのチャンスがあれば参加するようにしています。夏に行ったインターンシップでは様々な業界を体験でき、とても勉強になりました。活動する中で「すごい」と感じる人たちとの出会いも多く、そこでまた刺激を受け、やりたいことがどんどん増えていく毎日です。

芝藤 圭祐Shibatou Keisuke
電子情報技術科 2年

なぜKPCを選んだ?

パソコンが好きでプログラミングを学びたかったのですが、他大学と比較して実習が多いため理論だけでなく身体で覚えることができる点に魅力を感じました。また、少人数制なので先生との距離が近く一人一人に向き合ってくれるところも気に入りました。

キャンパスライフはどう?

クラスの仲がとても良く、居心地が良いです。30人と少数などで団結力が強く、コミュニケーション能力もついていると感じています。
現在は卒業課題で危険予知トレーニングができる教育ソフトの制作に夢中です。一から開発しているので大変ですが、メンバー同士相談し支えあいながら頑張っています。KPCの敷地内にある寮に入っているのですが、近所にはお店が多く、大きなショッピングセンターもあり便利でアルバイト先も豊富なので助かっています。

将来はどうする?

応用課程に進むので、そこで学びながら入りたい企業を見つけてプログラマとして活躍したいです。就職は少し先になるのですが、KPCでは「ビジネスコミュニケーション」など、社会人として生きていくために必要な内容の授業を必須科目に組み込んでいるので、非常にありがたかった。