本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

利用者の声

離職者訓練(アビリティコース)修了生採用企業の声


株式会社協立工業 代表取締役 中野 賢二氏

みなさん、こんにちは。株式会社協立工業の中野です。

当社は、管工事・鋼構造物工事を主体として石油化学、発電所、水処理施設、焼却場等 (新日本製鐵株式會社様・出光興産株式会社様・JFE スチール株式会社様等)の各種プラントにおける建設工事および機器据付工事を承っております。

また、近年は特殊環境対策工事等のパイオニアとして数々の実績をあげております。

現在、社員は30名(別に外注30名)ですが、そのうち2名はポリテクセンター君津の産業技術科及び金属加工科の短期デュアルコースの修了生です。当社で約1.5ヵ月の企業実習 を経て、仕事ぶりや人となりを見て、即採用といたしました。

企業実習での彼らの仕事ぶりをみると常にアグレッシブな気持ちをもって取り組んでおり、当社従業員とのコミュニケーションもスムーズであり、仕事への真摯な気持ちが表れているのではないかと思います。仕事の内容から結構汚れ仕事もありますが、今時の若い人にはない、汚れる仕事もいとわないといった気質をもっているようです。彼らは、現場での実務経験はありませんが、ポリテクセンター君津での職業訓練で培った基礎的な技術と業務に対す る前向きな姿勢等があり、当社として将来的に大きな期待をしております。

ポリテクセンター君津は、地域企業にとって実務研修や優秀な人材確保等のため重要な役割を果たしていただいていると受け止めております。

また、当社は、仕事による地域への貢献だけではなく、毎年7月に開催されます君津市ふるさと祭りや地元坂田八幡神社の9月大祭への参加と、仕事は厳しいですが従業員共々ファミリーな関係でオフは楽しくやっています。これからも厳しい環境が続くと思われますが、ポリテクセンター君津のご指導・ご協力を賜り、地域発展のため努めて参りたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

配管工事状況

配管工事状況

機器据付工事状況

機器据付工事状況


羽田大豊工業株式会社 君津工場 生産管理部長 米澤 秀信氏

米澤 秀信氏

初めまして、羽田大豊工業株式会社の米澤です。

当社、君津工場は、創業以来大同特殊鋼ハテバー鍛造機の熱間鍛造金型及び機械部品等を加工し続けて41年になります。

当社の加工設備としては、NC 旋盤、NC フライス、マシニングセンタ、放電加工機、プラズマパウダー溶接機、熱処理炉、金型表面処理装置及び各種研磨機等90台を駆使し、月間5,000個の多品種難加工品を製作し、客先要求リードタイム7~10日を満足させています。

自社製作の金型で鍛造された製品(ベアリングレース・ギヤーブランク等)は自動車メーカー全社に届けられ、日本の自動車産業発展に貢献してまいりました。

現在、工場の従業員は40名ですが、そのうち2名はポリテクセンター君津からの修了生であり、平成16年、10月に機械加工のできる人材をご紹介いただき、更には平成18年1月に溶接のできる人材を送り込んでいただき大変感謝しています。と言いますのは、受注旺盛で忙しい時期に彼等は即戦力として期待に答えてくれた点が評価されます。それは新しい仕事を短時間の技能伝達でやりこなす能力をポリテクセンター君津での訓練で培われたのだと思っています。

昨年秋からの世界的経済不況で自動車関係各社とも生産がダウンしている影響で当工場も昨年ピーク時の 6 割ほどの加工生産量にとどまっています。しかしながら今年中には 7 割5 分の回復は見込まれるとの明るいニュースも聞かれますので、工場としては品質・コスト・技術力を高め、他社に負けない競争力を身につけようとポリテクセンター君津のご協力を賜りながら人材教育に努めて行きたいと考えています。

今後ともよろしくお願いいたします。

君津工場

君津工場

自社加工品のラインアップ

自社加工品のラインアップ


株式会社フジコー 君津事業所 前村 雄二 氏

前村 雄二 氏

当社は溶接、特に肉盛溶接の技術・技能を活かした機械部品の製作・補修業務をメインで行っております。

昨今は、団塊世代の高齢化による人材不足の中、新卒採用と平行して中途採用を行っていますが、中々即戦力を期待できる人材は少ないのが現状です。経験者といえども、十分な基礎教育を受ける前に特定の実務だけを経験された方が多く、社内で作業にあたる際は、技能から安全まで基礎知識の再教育を必要とするケースが多いのです。

その点、ポリテクセンター君津からの修了生は、基礎的な技能と安全上の知識を十分に備えておられるため、社内ではプラスαの技能と安全ルールを教育するだけで完結でき、従業員教育の面では非常に助かっています。

また、修了生の多くは向上意欲が高く、畑違いの出身者でも作業現場の厳しさをも理解されているため、ミスマッチによる離職の危険性が少ない等のメリットも挙げられます。

直接お世話になっているポリテクセンター君津さんでは、就職が決まった方に、就職先で特に必要な技能のほか、働く上での心構えまで、カリキュラムにプラスして教育いただいているようで、当社としても大変助かっております。これからも、即戦力となる人材をどんどん育成して頂きたいと思っています。


京葉ブランキング工業株式会社 君津事業所 所長 鳥飼 謙一郎 氏

我が社は、創立以来「お客様の視点に立ったモノづくり」を基本に鋼板加工事業に邁進しています。

世界最大級の連続ブランキングプレスラインを中心に、NCトレーサー、レーザー切断機、大型マシニングセンター、溶接ロボット等、最新鋭設備の導入により、高精度化、高生産性を図り、輸送用機械、産業用機械メーカーの躍進に貢献しています。我が社とポリテクセンター君津とのお付き合いは4年前から始まり、現在6名の方が社員として働いています。訓練受講修了生採用のメリットは、何といっても既に基本的な知識、技術を身につけていることです。6ヵ月の訓練期間の内容を入社後、会社で教育するには1年以上要します。また、一度、社会に出て世の中の仕組みを経験したことにより、社会人としての躾が身に付いており、定着率がよいことも大きな魅力です。さらには、職業相談員の方の適切なアドバイスにより採用業務負荷が非常に軽減され、採用する側としては大助かりです。 優秀な人材確保のきびしい環境の中、ポリテクセンターの活用方法として受講生を採用するばかりでなく、「能力開発セミナー」を活用した社員の技術力向上に向けた取り組みも大事な要素となってくると考えています。いずれにしても職業相談員との連絡を密に、即戦力と なる人材の確保に努めて行きたいと思います。

当社の誇る発振器搭載型レーザー開先切断機

当社の誇る発振器搭載型レーザー開先切断機


株式会社広田鉄工所 君津工場長 廣田 二郎 氏

廣田 二郎 氏

当社は、小型の汎用機械から大型のNC機械、各種溶接機械を駆使し、大小部品の製造や加工を 行っています。多品種、少量となるため、製品の一つひとつに手作りの感覚が要求されます。

そんな中で、「モノづくり」を支援するポリテクセンター君津とのお付き合いは古くて、職業訓練校の時代からと、現在も多くの優秀な修了生の方々が当社で働いております。

今回は、初めて日本版デュアルコース「産業技術科」の実習生を1名、1ヵ月間受け入れることになりました。

機械加工の経験はあまりなかったようですが、当社のベテランの熟練技術者指導の下、最新鋭の五面加工機の操作等に真剣に取り組み、実習終了後は彼を採用する運びとなりました。

このコースは1ヵ月間実際の職場で働くことによって、実習生には現場の実状を理解してもらい、会社も本人の人となりや仕事ぶりを見ることが出来るので定着率も良いと思われます。

今後も、ポリテクセンター君津の先生方に当社を見学していただき、適正・優秀な人材を、ぜひ紹介していただきたいと思います。


財団法人 千葉県シルバー人材センター連合会 シニアワークプログラム推進員 山本 公明氏

ポリテクセンター君津を利用して

千葉県シルバー人材センター連合会の山本です。昨年は貴センターの教室を使用させて頂き、千葉労働局殿から委託されました「介護員(2級)養成講習:千葉県認定」を問題なく開講・閉講することが出来ました。

また、講習修了者を対象とした、求人事業所等との「合同就職面接会」もセンター大ホールを使って開催することができました。

受講者の募集地域を木更津・君津を中心とした南房総エリアとして計画致しましたが、適当な会場を確保できるかが心配でした。そんな中でご多忙中にも関わらず、貴センター職員の親切なる対応を頂き、最適な教室・実習場を使用させて頂くことができました。

介護員養成講習は長期に亘ること及び介護器具等を使用した介護研修を伴う為に座学及び実習ができる広い会場の確保が必須であります。こんな条件にも係わらず会場を提供頂きました貴センター関係者のご協力・ご支援に改めまして深く感謝申し上げます。

併せて今後とも宜しくご支援・ご協力を頂きたくお願い申し上げます。

介護研修風景

介護研修風景

座額受講風景

座額受講風景


一般社団法人千葉県溶接協会 専務理事 新川 耕治氏

ポリテクセンター君津を利用して

千葉県溶接協会を紹介します。当協会は昭和45年に社団法人日本溶接協会の千葉県支部として設立されましたが、新社団法人法の制定に伴い、一般社団法人千葉県溶接協会として事業継続しております。

溶接の JIS 検定試験(最近では溶接技能者評価試験と表現がかわっています)を主力事業とし、溶接事業者や溶接資格を取得したい方々には、馴染みの団体となっています。「ものづくり」を支援するポリテクセンター君津とは数十年のお付き合いがあり、最近では年 10 回、試験会場の提供を受けており、1000人を超える受験者がお世話になるなど、当協会の受験者の3人に1人がポリテクセンター君津の会場設備を利用させて頂いていることになります。

当協会の実施する評価試験には、アーク溶接(いわゆる手溶接)、半自動溶接、ステンレス鋼溶接(主にTIG溶接)、チタン溶接、石油学会溶接士等があります。毎年4月初めは、桜並木の坂道を抜けて丘の上の試験会場へ進むと、溶接棟入り口の満開の桜が見事で、そよ風に桜吹雪、受験生に花びらが舞い、何ともいえない清々しい環境の下での試験風景となっています。

ポリテクセンター君津の評価試験では、同時に42人が溶接実技試験に取り組めるなど、千葉県内有数の溶接設備を誇り、試験運営もスムーズで受験者にもとても好評であり、当協会としてもとても頼れる試験会場です。今後とも、技術技能のセンターとして、即ち技能伝承、技術向上を通して、県内中小企業、零細企業の育成を図るため、更なるご指導、ご支援をお願い致します。


君津商工会議所

君津商工会議所は商工会議所法に基づく市内を代表する地域総合経済団体で、地域商工業の総合的な改善発達と社会福祉の増進のため各種事業を行っております。ポリテクセンター君津とは平成7年商工会議所に移行する以前の君津市商工会当時より 40 年以上にわたり君津市内地域工業の振興や雇用環境推進に連携を取り合いながらお付き合いさせて頂いております。

近年では施設貸与による簿記セミナー、簿記検定等の各種事業を実施させて頂いたり、当会主催のビジネス交流会等、当会議所の工業部会との連携も図らせております。また、能力開発セミナーや合同就職説明会の周知、就職斡旋協力、製造業ニーズ調査等も共同で実施しております。今後もポリテクセンター君津とは随時連携を図りながら君津市内商工業の推進を積極的に図ってまいります。

君津商工会議所ホームページ

 


J-WP物流サービス株式会社 代表取締役 三浦 寛 氏

弊社は、親会社でありますJFE鋼管株式会社(JFEスチール株式会社グループ会社)が製造・販売する鋼管製品の二次加工(塗装製品は主に建築用材に・切断製品は道路・街灯柱等に)及び物流部門(倉庫は製品の保管と管理・輸送は納期に沿った車手配)の事業を主体とした会社です。平成元年に設立以来、今日まで各種のニーズに応えるべく取り組んで参りました。今後に付きましても、多様化するニーズに対応すべく人材の育成に努めていかねばならない状況です。また、取り巻く環境としては社員の高齢化、技能継承者が不足してきており採用による若返りを目指しているところです。

その中で、ポリテクセンター君津殿の人材情報の紹介を受けて当方の要望をお伝えして修了生の紹介をお願いしてまいりました。その後センターより修了生の紹介を受け、昨年の10月に産業機械オペレーション科終了者1名と今年の1月に金属加工科修了者1名を採用いたしました。定期的な採用活動を行っていないわが社にとっては、基礎的な各種技能を身につけた修了生を紹介いただけることは、その後の社内実習を短縮化でき非常に助かります。また、この度の2名の修了生は、社会(会社)での経験によって、コミュニケーション力・社会人としての躾を身につけており即戦力としての期待をしております。

今後に付きましても、ポリテクセンター(君津)殿の協力を頂いて人材の確保に努めたいと思います。

ポリテクセンター君津殿に置かれましては、地域のニーズに即した人材育成とセンターのますますのご発展を期待しております。

写真1

写真1

写真2

写真2

お問い合わせ先

ポリテクセンター君津 訓練課

TEL

0439-52-0219

FAX

0439-52-0223

E-Mail

Kimitsu-poly02@jeed.or.jp

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る