本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

利用者の声

アビリティ訓練を受講してビル設備コース(ビル管理技術科)13

平成29年6月修了/男性/34歳/前職:飲食業

【受講動機】
前職の飲食店で働いていたとき、空調の調子が悪かったり、冷蔵庫や冷氷機が故障したりがよくありました。そんな時、自分でやってみてもどうにもならないことが多く、お店やビルを快適に使っていくことにも、後ろにたくさんの人の力が関わっていることを知り、その世界に興味が湧いてきました。
しかし興味だけで仕事に出来る訳もなく、ホントに自分にできるのか、一生の仕事としてやっていけるのかを確かめるため、ポリテクセンター関東の説明会に参加しました。
ビル管理技術科のコースを見学したところ、環境面で非常に優れており、資格取得の手厚いサポート、就職率も90%を超えていることを知り、入所を決意しました。

【受講した感想】
 未経験、異業種からの転職の為、ビル設備の知識ゼロからのスタートでした。
久しぶりの勉強のせいか、はじめのうちは授業についていくこともやっとで、帰ってから机に向かって勉強することも苦痛でしたが、先生方のわかりやすい授業と、クラスのみんなで一丸となり、「必ず資格を取る」とゆう同じ目標に向かい勉強することで、モチベーションも上がり、徐々に理解を深め、3ヶ月で2級ボイラー技士、危険物取扱者乙第四種を取得することができました。
 資格取得後の三ヶ月目からは就職活動がはじまりますが、ポリテクセンター関東ではクラス全員の資格取得状況を含めた履歴書を企業に送り、企業側から逆指名を頂けます。
逆指名の数は人それぞれですが、年齢や資格によって、5~10くらいの企業からオファーを頂くことができ、多くの方がその中で自分に合う職場を選び就職を決めていました。
 就職活動の際も、履歴書の書き方や、面接対策も、就職支援アドバイザーを利用することができ、同じ企業を受ける際はクラス間で情報交換もできる為、就職活動を有利に進めることができました。
 最後に、ポリテクセンター関東では勉強以外にも多くのものを得ることができました。
年齢や職業の違う様々な方と、同じ目標に向かい努力していくことで、この仕事に今必要とされている、コミュニケーション能力の向上や、人生の先輩方の知識や経験、アドバイスを得ることができます。
私のいたクラスはとても仲が良く、クラスのみんなでLINEグループを作り卒業していきますが、横の繋がりは必ず今後の自分にとっての助けになると思うと同時に、心強くも感じています。
 先生方やクラスの皆さん、半年間本当にありがとうございました。ここで学んだことをビル管理の仕事に活かし、これからも勉強を重ねていきたいと思います。


平成29年6月修了/男性/56歳 前職:製造業(電機メーカー品質管理)

【受講動機】
前職は電機メーカーに勤務し、これまでの職歴は主に品質管理を担当していました。リストラによる退職後、しばらく職歴の延長線上で職を求めながらも全く違う仕事をしてみたいとの希望がありました。
年齢的にもスキルチェンジするのは最後のチャンスかもしれないと思っていましたが、そんな時にハローワークでポリテクセンター関東の受講生募集のパンフレットを見つけ、ハローワークの方の助言もありビル設備管理を志しポリテクセンターへの入所を決めました。
【受講した感想】
学ぶ範囲は思った以上に広範囲で難しい内容を含んでいましたが、講義に使用される資料も充実していて何より実習で体験できることが素晴らしい。
外部講師の講義もあり、業界のことについてお話ししていただいたりして刺激になります。訓練期間の6ヶ月は長いようで短いです。最終目標である再就職までの日程感を大切にして資格所得と就職活動することが大切です。未体験職種であるため、就職に対する不安もありましたが「ポリテク求人」、「過去の修了生の就職先」を確認することで安心を得ることができました。
周りの方から刺激を受けることによりモチベーションが上がり、また情報共有して資格取得や就職活動できるのも職業訓練校の魅力だと実感できました。
【資格取得】
入所早々、担任の先生から「ビル管理業界で働くには資格必須」とのお話があり、訓練期間中に取得できる資格の試験日程をにらみ計画的に取り組みました。
私の試験勉強方法は何度もテキストを読み込んでから、過去問と解説の確認を繰り返すことでした。過去問は安定的に80点以上取れるようになって安全圏、90点以上取れるようになって安心圏だと思います。
法令は、どうしても暗記中心になってしまうので繰り返し脳にすり込んで定着させます。
【就職活動】
自分の職歴の棚卸をして履歴書、職務経歴書を早めに作成しておく。
企業合同説明会では、企業の説明を聞いて質問することが面接のリハーサルになりました。企業がどんな人材を求めているかを合同説明会、求人情報、企業のHP等で知るようにしました。
ポリテク求人に限らず、広く求人情報を確認してビル設備業種における、「必要な資格」、「仕事内容」、「待遇」を把握し自分の希望とすり合わせて応募する企業を絞り込みました。
面接は企業が人材を見極める場であるばかりでなく、応募する側も自分が働きたくなる会社か確認する場でもあると考えて臨むのが良いと思います。
【最後に】
ポリテクセンターで学んだ6ヶ月間は、講師の方々の熱心な指導により恵まれたものでした。就職先では学んだことを活かし、社会のお役に立ちたいと考えております。

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る