本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

利用者の声

アビリティ訓練を受講してビル設備コース(ビル管理技術科)12

平成29年3月修了/男性/46歳/前職:サービス業

【受講した感想】
 私はビル設備に関する知識も経験も殆んど無く、電気や危険物やボイラーも教科書を見ても苦手意識があり理解には時間を要するというような状態でスタートしました。その為、当初は卒業までの6ヶ月間で必要資格を取れば何とかなるだろうと思っていましたが、最初のガイダンスで先生から「最低でも3ヶ月以内に危険物取扱者乙4類と二級ボイラー技士の資格を取らないと就職活動の際不利になります。」言われ、かなり焦りました。
 ところがポリテクセンターでの授業は文系出身で数学や化学に今日拒絶反応があった私でも、大変わかり易く気づいたら勉強が楽しくなっていました。授業開始前や放課後も自習室や教室を活用できるので集中して勉強することもできました。さらには資格試験が近くなってくると同じ目標に向かう仲間たちと情報交換や切磋琢磨することで、試験勉強に向かうモチベーションを非常に高く維持できました。
 就職活動に関しても、ポリテクセンター関東では他の訓練校より早めの入所3ヵ月後から本格的化します。自己PRや資格取得状況、年齢、本人の希望などを数百社の企業に送りそこから逆指名をいただけます。加えて合同企業面談会や個別に企業説明などが数回実施されます。そこから多数のポリテクセンター関東専用求人があり、その他OBの方々が活躍されている数十社からも専用求人があります。求人に関して不明点やアドバイスをしてくださる就職専門の担当の方もいらっしゃいますので、応募に際して聞きにくいこと企業の現状などを気軽に相談できるので納得した上で応募することが出来ました。
 もちろん求人があっても履歴書、職務経歴などの書類や面接が旨くいかなければ内定はいただけません。その点でもポリテクセンター関東は専門のキャリアコンサルタントの方がいらっしゃるので些細なことでも相談しアドバイスをいただくことが出来ます。私も何度も相談し書類などは真っ赤になるほど添削されましたが、おかげで10社弱の書類選考を通過いたしました。面接に関しても志望企業に沿ってアドバイスがいただけるので模擬面接後は志望企業に自信を持って挑むことが出来、面接を受けたほとんどの企業から内定がいただけました。もしポリテクセンター関東に入らず一人で活動していたら1社も内定を頂けなかったと思われます。
 最後の、ポリテクセンター関東に入所した6ヶ月間は勉強以外にも得るものが大きかったです。先生方をはじめ就職に関し関わっていただいた方々、そしてクラスの皆との出会いです。短い期間でしたがともに過ごし、切磋琢磨した日々はかけがいの無いものでありました。一人ではなく皆で頑張っていくということが励みになり、資格取得や就職に結びついたと感じています。半年間ありがとうございました。
 


平成29年3月修了/男性/60歳/前職:製造業(電気機器メーカー技術職)

【受講動機】
約34年間勤めた前の職場(電気機器メーカー技術職)を定年退職し、今後も技術に関わって長く働ける仕事がしたいと考え、ビル設備管理の仕事を探していました。
しかしながら、この業種の求人の多くは、資格(電工2種、危険物乙種4類、ボイラー2級、冷凍機械3種、消防設備士等)を所有する経験者が求められるため、危険物乙種4類の資格のみで、ビル設備管理に関係する経験がまったく無い高齢の私にはハードルが高く、半分あきらめていました。
そのような中、ある就活本を読む中で、公共職業訓練の中に「ビル設備管理」のコースがあることを知り、仕事に就くチャンスがあるのではと考えハローワークに相談したところ、ポリテクセンター関東を紹介していただきました。
早速、受講説明会に参加して学校を拝見させていただいたところ、とても明るい雰囲気の実習場で一生懸命取り組まれている訓練生の姿に接することができ、また、設備や環境も素晴らしいと感じ、受講を決めました。
【受講した感想など】
ポリテクセンター関東にて6か月間学んで特に良かったと感じたことを以下に述べます。
①ビル設備管理の仕事の自信に繋がる基礎知識・技能が身に付いたこと
訓練は電気工事、危険物、ボイラー、受変電設備、消防設備、冷凍・空調機器、給排水衛生設備等の科目をそれぞれ一定期間、集中して実施されます。
どの科目も、単なる資格取得のための知識の詰め込みではなく、実際の機器や設備、部品、材料等を観て、触れて、動かして、組み立てて、確認する等、自らの体験が重視されているため、印象に深く刻むことができ、実際の仕事に就いたときでもなんとか対応できるという自信に繋がったと感じています。また、テキストとは別に、教材として良く練られた大変多くの参考資料や実習シートをいただきました。これらは学習するうえで大変参考となる以上に、今後就くビル管理の仕事や上位の資格試験受験においても大変有用な資料となりました。
②ビル設備管理の仕事に対する理解を深めることができたこと
入校前は全く無知であったビル設備管理の仕事に関して、入校後は、いろいろな場面で話を聞く機会がありました。教科担当の先生は、それぞれユニークな個性をお持ちで親しみやすく、経験豊富な方が多く、大変熱心に教えていただきました。全国各地を異動されている方も多いので、訓練の合間にそこでの体験談や就職状況、ビル設備管理の仕事について話を聞くことができるのも楽しみでした。
また、ポリテクセンターを卒業された先輩たちが訪れて、我々在校生に現在の状況、就職されたビル設備管理の仕事に関する話をしてくださる機会が何度もあり、仕事のイメージ等を深めることができ、取得すべき資格や仕事内容で不安になっている点も解消でき、就職先等を決める上で大変参考になりました。更に、企業説明会等、企業の方が直接ポリテクセンターを訪れて会社の紹介やビル設備管理の仕事の内容などを詳しく話してもらえる機会が多くあり、企業が求める人材の理解、および労働条件、給与等、企業の比較・検討に大変役立ちました。
③ポリテク求人(卒業生の実績で来る求人)を活用できたこと
ハローワーク求人は、60歳を過ぎると応募しても面接まで進むのが難しい状況でした。
一方、ポリテク求人は本校出身の先輩方が業界で実績を上げているからこそ来る、本校生徒を対象にした特別の求人枠であり、応募すれば就職に繋がる可能性も高くなります。私も、高齢のため、数こそ少なかったのですがこの求人に応募させていただき、希望の就職先を決めることができました。
なお、応募にあたり就職担当の先生及び、就職支援アドバイザーにより就活に関するいろいろなアドバイスをいただくことができたのも就職先を決めることができた要因の一つです。
④同じ目的をもつ仲間と切磋琢磨できたこと。
6ヶ月の期間、挫けずに毎日訓練に通うことができたのも、同じ目的を持って切磋琢磨できた仲間がいたからこそだと思います。年齢が20代~60代と離れてはいましたが、共に訓練を受け、語り合い、励まし合いながらも同じ時間を一緒に過ごした仲間や経験は掛け替えのない財産となりました。

ポリテクセンター関東で学べて良かったことは他にもたくさんありますが、特に良かった点を4つ挙げさせていただきました。
4月より、新しい職場での仕事が始まりますが、先輩方の様に「またポリテクセンター関東から人がほしい」と言わせることができるような人材になれるよう一生懸命頑張りたいと思います。
これまでお世話になった先生やスタッフの皆様、共に同じ時間を過ごしたクラスの皆様に深謝いたします。


平成29年3月修了/男性/28歳/前職:倉庫作業員

【受講動機】
 私は何度も転職を繰り返し、3年以上勤めていた職場がない経歴から面接で見送られる事が多く、資格も少なく、長く続けられる仕事に就かなければと思い、訓練校に通うことに決めました。

【受講した感想など】
 全くの業界未経験であり、知識も何もない状態から始めたので、正直続けられるか心配でしたが、同じ目標に向かって勉強しているクラスメイトに助けていただいたり、情報交換をしていく中でモチベーションを維持して通うことができたので半年間有意義に過ごすことができました。
 授業の流れも前回の復習からおさらいしてから進行するので、理解度を重視したカリキュラムを組んでいてとてもわかりやすかったです。
講師の方々には講義のわからない所や、現場で必要になる資格の事、就職に関する相談も親身になって応じてくれたので感謝しています。

半年間ありがとうございました。

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る