本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

利用者の声

アビリティ訓練を受講してビル設備コース(ビル管理技術科)10

平成28年9月終了/男性/30代/前職:小売業

【受講動機】
 前職が肉体を酷使し、不払い残業が多かったため、将来に不安を感じ転職を決意しました。設備管理の仕事に就こうと考えたのは、前職にも設備管理課があり、資格や技術でステップアップが可能でコツコツ積み重ねる仕事が自分の性格に合っていると考えたからです。また、30代でも業界では若手で、転職に有利ということもありました。ポリテクセンターに通おうと考えたのは、ビル設備業界に就職するための第二種電気工事士、二級ボイラー技師、危険物取扱者乙4類の勉強ができるうえ、ポリテク求人もあるので、就職するうえで有利になると考えたからです。

【受講した感想など】
 入校する前は、多少職業訓練校にネガティブな印象がありましたが、クラスメイトは意欲が高く、お互い切磋琢磨できる環境でした。先生方もレベルが高く、熱意を持って授業をしてくれました。
 授業内容は前半3か月は上記の資格取得のための勉強がメインで、後半3か月はビル設備に必要な技能習得を勉強しました。前半は立て続けに資格試験を受験したため、忙しさやプレッシャーが多少ありましたが、先生方から効率の良い勉強の仕方を教えてもらったので、どの試験にも余裕を持って合格することができました。特に第二種電気工事士の実技試験は独学で勉強することが難しいと感じていたので、ポリテクの授業を受けてよかったと思いました。
 4か月目は就職活動を始めましたが、履歴書の書き方から面接の受け方まできめ細かく専任の就職支援アドバイザーの指導があったので、安心して準備することができました。就職の応募も指名求人やポリテク求人を中心に行い、7社応募して、無事にポリテク求人系列系作業に正社員で内定をもらうことができました。就職活動で感じたことは、積極的に情報を集め、求人を見つけたら速やかに応募することが大切だと分かりました。条件の良い求人はすぐに締め切ってしまいます。また、面接まで進めるとは限らないので、自分の市場価値を確かめる上でも様々な会社に応募することは意味があると思います。
 ポリテクセンターは自分のやる気があれば、それに応えてくれるサポートが充実しています。入所したら積極的に職員や先生方を活用したら良いと思います。自分は半年間通ってみて、ポリテクセンターに入所したことはビル設備に就職するうえで最善の選択肢だったと思います。最後にこの場を借りて、先生方、職員の方々、クラスメイトに感謝申し上げます。


平成28年9月修了/男性/60歳/前職:製造業(生産技術)

【受講動機】
 平成27年11月末に定年退職し、次の就職口に頭を悩ませていた私は、翌年1月に行われたハローワークでの雇用保険の受給説明会で、職業訓練校のことを初めて知りました。その内容に非常に魅力を感じ、未経験者でも基礎の知識・技術を身につけ、再就職につなげる訓練は、正に私の求めているものでした。その中でも、高齢者でも求人需要が大きく、自動車部品製造会社の生産技術関係でものづくりに携わった私が1番希望したコースは、ビル管理技術科でした。そして、入所選考を合格し、4月から新しい環境での生活が始まりました。

【受講しての感想など】
 訓練の内容は、業界の現実を反映して、非常に広範囲にわたっていましたが、どれも大事で、また興味の持てるものでした。カリキュラムの進行順は、電工学科、電工実技、危険物、ボイラー、情報活用技術(パソコン)、ビルクリーニング、シーケンス制御、高圧受変電設備、消防設備、冷凍・空調設備、環境測定、上下水道・給排水管、ビル管理システムで、受験・取得した資格は、第二種電気工事士、乙四類危険物取扱者、2級ボイラー技士です。訓練6か月の内、前半3か月は資格勉強中心で、後半3か月は就職活動優先でした。
 訓練生活は、年齢は20代から60代まで在籍し、キャリアも多種多様な32人が同じ教室・実習室で学ぶことで、各人「目からうろこ」の経験をしたことも多かったです。通常の学校ではあり得ない年代構成ですから、未経験の職業を追体験できました。そして、共同作業を通して仲間意識・連帯感が強まり、同じ目標に向かう者として、最終日までお互い思いやり激励し合えたことは、得られた最高の喜びと言えるでしょう。空調のエアコンの取り外し・再設置、給排水工事はチームワークが、必須となる実習訓練です。それまでの良好な人間関係が役に立ちますし、再就職後の仕事にとっても、一番のベースになる要素だと思います。
 学んだ内容は、資格取得のため、再就職後の仕事のためではありますが、家庭生活にも役立つ知識・技術となりました。規模はビルに比べて小さいですが、家庭にも電気・水道が来ており、排水されていきます。
そして、電気・照明機器も空調設備の一種であるエアコンも、洗面台・衛生機器があります。これらの知識・技術を得られたことも大きな収穫です。自分で出来る事も増えましたし、業者に修理依頼する際も役立つことでしょう。日頃疑問に思っていたことを、積極的に先生方に質問させていただきました。どの先生も豊富な知識・経験に基づき、真摯にそして熱心に答えてくださいました。
 就職活動に際しては、相談員、就職支援アドバイザーの方々に大変お世話になりました。早い生徒は、3か月修了前から就活を始めて4か月目に就職されていきました。私は4か月目の最後から始めたように、スタートが遅かったので6か月目に内定をいただけました。そのおかげで、訓練終了まで在籍出来たのですが、3か月目、遅くても4か月目最初から始めていたら、焦らず就職出来たろうと思います。
 最後に今後入所される方には以上のことから、教訓をくみとっていただけたら幸いです。とにかく、再就職を目指すには、最高の環境です。熱い情熱をもってポリテクセンター関東の門を叩いてください。先生方、職員の皆さん共に必ずその情熱に応えてくださることでしょう。

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る