本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

利用者の声

アビリティ訓練を受講して組込みソフトウェアコース(組込みマイコンエンジニア科)01

平成24年3月修了/男性/20代後半/前職:ビルメンテナンス

■受講動機
前職は空調部門に配属され、空調機の保守点検を担当しました。
入社前に志望した情報部門とは違った為、いつかは情報処理の仕事に就きたいと考えるようになり、東日本大震災を機に退職しました。
いざ就職活動をしてみたものの、求人のほとんどは実務経験が必要で、未経験では書類選考で落とされるなど厳しい状況でした。
就職活動が厳しい中、ポリテクセンター関東の存在を知り、情報処理の基礎と組込みマイコンが学べる事と、その学んだ知識を就職活動に活用できるのではないかと考え、組込みソフトウェアコースを受講しました。


■受講した感想および今後の目標
私は学生時代に多少情報処理を学んだ程度でしたので、講義について行けるかが心配でした。
しかし、講義は未経験者に合わせて進められることと、座学の後に実機のマイコンボードを使用した実習があるので、未経験の私でも非常に再就職に役立つと感じました。
実習中では納得がいくまで質問ができる環境でしたので、自信と知識を身につけることができました。
休憩中はクラスのベテランの方に、仕事の内容や就職活動のアドバイスなどを聞けるので、一人で就職活動している頃に比べて不安がなくなり、自信を持って就職活動ができるようになりました。
又、先生方には多くの求人を紹介して頂いて、その中で内定を頂いた企業が何社かあり、4月に組込み開発技術者として入社することができました。

ポリテクセンター関東では貴重な体験が得られ、知識を身につけることができました。
今後は学生時代に学んだ事とポリテクセンターで学んだ事を活かしながら、常日頃スキルアップして、活躍できるエンジニアになりたいと思います。
今までサポートして頂いたクラスメイト、先生方、職員の方に感謝致します。

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る