本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

利用者の声

アビリティ訓練を受講して電子回路コース(電子回路技術科)02

平成25年12月修了/男性/30代/前職:プログラマー

■受講動機
これまでプログラマとして、スマートフォンアプリやWebサイトの開発をしていました。
業務の中で、スマートフォンを扱っているうちに電子機器の仕組みに興味がわいてきました。
このたび、離職を機会に電気・電子回路の技術を習得し、それを仕事にしていきたいと思い、インターネットで知ったポリテクセンター関東の電子回路コースの受講を決意しました。

■受講した感想など
趣味を通じて、マイコンや簡単な回路を作成したことがありましたが、電気・電子回路の基礎的な知識については独学での習得に限界を感じていました。
今回本コースを受講してみて、電気・電子の基本を習得することができ、アナログ/デジタル部品を組み合わせた回路の設計もできるようになりました。
総合製作課題では、VHDL※による回路プログラミングを行い、仕様設計で決めた通りの動作をする製品を製作でき、貴重な経験をすることができました。
製作課題は、チームで作業分担し取り組みました。
その中で、課題に対し個々のいろいろな意見を取りまとめ1つの製品を作り上げることは実践的で大変でしたが、仲間と助け合い多くの経験を積むことができました。
今後は新しい職場で、訓練で培ったことを仕事に活かしていきたいと思います。

※VHDLとは、デジタル回路設計用のハードウェア記述言語のことです。

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る