本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

利用者の声

アビリティ訓練を受講して機械CAD/CAMコース(実践CAD/CAM技術科)04

令和元年6月修了/男性/30代/前職:機械設計

■受講動機

前職で機械設計に従事していましたが、機械加工に関する知識は不足しており、本コースを受講することで設計と加工の知識や技能を習得できると考えました。
また機械設計の仕事が自分に向いているのかや、本当に好きなやりたい仕事なのかで迷っている状態であったため、改めて設計の訓練を受講し、学び直した際に「ものづくり」の楽しさを実感し、同じ仕事に就きたいと思うのかを判断するためです。


■就職活動

就職活動については最初の3か月間は授業に集中し、知識を深めることに専念し、4か月目から本格的にスタートしました。訓練を通じて自分はもう一度機械設計の仕事に就きたいと再認識し、設計にのみ限定して就活を行いました。
ポリテクセンター関東の指名求人で応募のあった会社に面接に行き、自分の満足のいく仕事の内容や条件とマッチしていると感じ、無事に内定を頂くことができました。


■受講した感想など

実践CAD/CAM技術科の6か月間の訓練を通じて、新しい機械加工の知識や基本的な技能を修得すると共に、改めて機械設計の面白さを知ることができ、無事に設計の仕事に就職することができ、非常に良い経験を積むことができました。
また、総合製作で「ファイルバインダー in バインダー」という1つの製品を作り上げる訓練を通じて、「ものづくり」の楽しさや難しさを実感し、上手く製品として完成した達成感も味わうことができました。本当にありがとうございました。

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る