本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

利用者の声

アビリティ訓練を受講してビル設備コース(ビル設備サービス科)01

平成25年6月修了/男性/53歳/前職:半導体設計

■受講動機
前職を会社の経営不振と担当業務の縮小から早期退職しました。
以前から退職後はキャリアチェンジを考えていたところ、技術的要素があり、高齢でも比較的求人がある「ビル設備管理」の道を考えていました。
ハローワークでポリテクセンター関東のアビリティ訓練があることを知り、退職後すぐに選考試験に申込み、入所しました。

■受講した感想など
6か月間の訓練期間は、前半はビル設備管理に必要な資格取得を中心とした知識習得のための勉強を行いました。
後半は就職活動に重点を置きながら訓練を並行しておこないました。
これまでなにげなく使っていた給排水設備や空調設備についての仕組みを、配管作業の実習などを通して行うことにより、とても理解しやすく基礎知識が身についたと感じています。
クラスメートは年齢や経歴が多岐にわたっており、これまで接することのなかった人と話をした経験はとても楽しく、また就職にあたっても良い経験になったと思います。
就職活動は5月の連休明けから開始しましたが、おかげさまで6月半ばに数社から正社員として内定を頂く事ができました。
これも講師の先生方や就職活動を支援してくださった職員の方々、また同じ目標に向かって活動し情報交換させていただいたクラスメート達のおかげと感謝いたします。
みなさま、本当にありがとうございました。


平成25年6月修了/男性/47歳/前職:機械設計

■受講動機
当初、入所を希望した本音を言いますと、かなり甘い考えで手に職を付けられたらいいかな、と申し込みをしました。
運のせいか猫をかぶった面接のせいかは分かりませんが、見事に入所することができ新たな生活が始まりました。
実際、説明会の時点では機械CAD/CAMコースとビル設備コースどちらを申し込むかを悩んだのですが、機械CAD/CAMコースの授業風景を見て、職業訓練校とは再就職の為の技術を初歩の初歩から学ぶ場所と確信し、中途半端に技術を持った私が同業種分野を受講することは自分にとって甘えと苦痛が生まれるだけと思い、ビル設備コースを選択しました。

■受講した感想など
訓練生活が始まり授業全てが新たな経験となり、半年という日々があっという間に流れしまったことは確かです。
まさかこの歳になり仲間と共に同じ目標に向かうと思いませんでしたし、自分の子供でもおかしくない年齢差の人と同じスタートラインに立つとも思いませんでした。
通常ならまずありえない経験ができ、ポリテクセンター関東に入所出来て、人生の汚点と思えた退職、転職が新たな生活の第一歩になりました。
ポリテクセンター関東に入所する目的は確かに技術を学ぶための訓練かも知れませんが、仲間・先生・職員全ての人々との新たな出会いの方がかけがえのない経験、宝物になった事は確かです。


平成25年6月修了/男性/44歳/前職:自営

■受講動機
小売店を経営していましたがやむなく廃業し、その後個人で3か月近く再就職活動を行うも、芳しい結果は得られませんでした。
ハローワークでポリテクセンター関東の存在を知り、説明会に参加しました。
当初は必ずしも「ビル設備コース」が第一希望ということではなかったのですが、警備会社在籍時に設備管理員の方々と連携して業務を行っていた経験から、具体的な仕事のイメージが頭にあり、また中高年にも就職の門戸が比較的広く開かれていることを知り、応募させていただくことになりました。

■受講した感想など
ビル設備管理の業務について具体的なイメージはあったものの、これまでの職務経歴において直接的に関わる分野は皆無に等しく、また配布された教材の内容も自分の知識にはほとんどないものばかりだったので、入所直後は不安でいっぱいでした。入所時に配布される資料に「これから6か月間、今まで経験したことがないぐらい集中的に勉強する事になる」とあるように、ビル設備コースにおいて習得するべき知識の内容は多岐にわたり、また就職活動に備え最低限取得することが望まれる資格の数も決して少なくありません。
それでも、当初の不安は徐々に解消されていきました。
授業の内容は、限られた時間で効率良く知識を習得できるよう、とても良く練られており、講師の先生方も非常に丁寧に分かりやすく、どんな質問にも、ときには細部まで調べて説明してくださいます。
外部では市販されていない、受講生向けの教材も非常に充実しています。
また実技講習では、受配電、空調、ボイラー、給排水等、消防等、実際の設備を使ってその構造や取り扱いの方法等を学びます。
工具や資材を使って施工の方法を学ぶなど、より実践に即した授業も数多く組まれています。

4か月目以降から始まる就職活動の支援体制もとても充実しています。
所内で開かれる企業合同説明会、県内外企業からの在所生を対象にした求人等は、ポリテクセンターならではの特典と言えます。
求人情報を集めたり企業との窓口となってくださる職員の方、応募書類の書き方や面接のアドバイスをしてくださる就職支援アドバイザーの方は、親身になって相談に応じてくださいます。
これまで数多くの修了生が就職するなど、長年の実績から企業側と築いてきた太いパイプ、就職に関する多数のノウハウがポリテクセンター関東にはあります。
私自身もポリテクセンター宛ての求人に応募し、修了1か月前に無事、内定をいただくことができました。
個人ではなし得なかった再就職を、万全のサポート体制のおかげで勝ち取ることができたのです。

6か月間のポリテク生活は苦しくも、それ以上に充実した期間でありました。
年齢も職歴も異なる32名の仲間が励まし合いながら、一つの目標に向かって邁進するという経験は自分にとってかけがえのないものになりました。
講師の先生方、職員の方々、そしてクラスの仲間にはいくら感謝してもしきれるものではありません。

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る