本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

利用者の声

電子回路設計技術科の修了生を採用して

事業所の声(訓練生を採用した事業所)

日本洗浄機株式会社  管理課課長 安達直人氏

当社は東京都大田区で昭和44年から業務用食器洗浄機、業務用調理機器等の製造・販売をしている従業員100名弱の会社です。

従来、この業界のお客様のご要望の多くは、製品価格のコストダウンが強く求められ、中小企業である弊社にはとても厳しい状況でしたが、最近は製品のコスト削減だけでなく、環境に配慮した製品が求められています。具体的にはガス、水道などのエネルギーの効率化や高性能で省スペースに対応した製品が求められています。

日本洗浄機株式会社  管理課課長 安達直人氏

幸い弊社は、従来からエネルギーや作業の効率化に対応した機種を開発・販売をしていたことから、現在、多くのお客様から一定の評価を頂いております。

しかし、私どもの目標は、「未来を先取りする創造的な製品を創意工夫をもって効率よく作り上げ、外食産業に提供し、社会に貢献することに誇りを持ち、共に幸せを感じ合える企業に育てよう」ということで、絶えず新製品の開発を目指しております。

そのためポリテクセンターで訓練を修了された中田さんを採用し、将来、当社の担う製品開発の人材として期待しているところです。

中田さんには、基礎能力とともにバイタリティがあることから、例えば一層シンプルな回路設計や各種センサの開発等ができる人材になってほしい。また、製品開発に求められる能力は、技術力のみだけでなく発想力も必要であることから、絶えず日常生活の中からでも探究心も必要だと考えます。

現在は、入社間もないことから、当社の製品を十分把握してもらうために、いろいろな部署を経験してもらっています。その経験が製品開発に役立つものと確信しております。

ポリテクセンター関東に期待することは、技術力とともにコミュニュケーションができる優秀な技術者を育成して頂きたい。もう一つは、政府が進めているジョブカード制度普及など、能力あるが就職できない若年者に対して、将来に対して希望が持てる就職支援を一層されることに期待します。

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る