本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

建築CADリフォームコース(住宅リフォーム技術科)のご案内

チェックポイント!

“住”という生涯のテーマについて、あなたのスキルを磨いてみませんか!!

関連職種

・建設の職業
CADオペレーター、ショールームスタッフ(住宅及び建築設備)、建築設計補助、住宅・不動産会社営業など

訓練要素

建築構造、建築製図、CAD、見積積算、プランニング、プレゼンテーション、木造家屋施工、内装施工、リフォームなど

当センターでは、訓練内容や指導方法に関する知識・ノウハウを有する講師陣が、受講する方々の確かな職業スキル習得をバックアップしております。


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

近年、分業・専門化が常識の建築業界では、専門的なスキルが求められる一方で、幅広い知識・技術を要します。住宅リフォーム技術科では、主に業界未経験者の方が建築関連業種への再就職に向けての基礎を築くため、木造住宅を中心とした建築に関する知識・技術を習得し、設計から施工まで一貫した訓練を実施しています。特に高齢化社会への対応,構造安全性・耐震補強など時代のニーズに即したリフォームに関する知識・技術の習得に重点をおいています。

訓練全体(6ヶ月間)の目標人材像(訓練目標)

  1. 木造住宅の構造、法規、各種申請について理解し、図面作成ができる。
  2. 木造住宅の構造部材、内装に関する改修計画及び改修施工ができる。
訓練全体(6ヶ月間)の目標人材像(訓練目標)

総訓練時間

  • 758時間(橋渡し訓練を含む7か月)

1ヶ月ごとの訓練目標

1.「建築概要」

■内容
建築に関する基礎知識として、「建築知識(用語など)」「建築計画」「建築関係法令」および「建築構造・構法」について学びます。用語や名称などを習得したのち建築図面の読図・製図技術を習得します。
■項目
・建築に関する基礎知識(構造、計画、法規など)
・図面(主に木造)の読解
・設計製図(木造:平面図、立面図、矩計図、軸組図、各種伏図など)

2.「建築製図・CAD実習」

■内容
汎用CADの操作技法を学び、CADによる作図実習を行います。
3か月の締めくくりの課題として、2階建木造住宅の設計に取り組みます。この課題を通じて習得した知識や技術を復習し、さらにプランニング手法や確認申請など実務設計に役立つ知識や技術について理解を深めていきます。
■項目
・CADオペレーティング
・CAD製図
・プランニング
■主な使用機器・使用ソフトウェア
・Auto CAD

2.「建築製図・CAD実習」
3.「CADによる設計実習」

■内容
前述の設計課題をもとにプレゼンテーション資料を作成し発表会を行います。
施工実習で施工を行う物件について実施設計を行います。具体的には、軸組図や伏図、詳細図など躯体施工に必要な図面作成や仕様決定を行います。
■項目
・プレゼンテーション
・施工図面作成(軸組図、構造伏図など)
※構造伏図:構造架構を平面で示す図面で基礎伏図・床伏図・天井伏図などがある。
※軸組図:建物の骨組を立面として表わした設計図のひとつ)

3.「CADによる設計実習」
4.「木造施工実習(躯体・内装施工)」

■内容
模擬家屋(2階建木造住宅設計図面の一部 12畳程度)の躯体・内装施工を行います。
ここでは、部材加工や施工を実際に行うことで、前半3か月で習得した知識や技術の復習を行い、さらに架構や各種納まりを検討するための知識・技術を習得します。実際に現場で使用する部材や金物、クロスなど各種資材を使用することにより現場ですぐに活かせる知識や技術の習得を目指しています。
■項目
・軸組(躯体)施工
・内装施工

構造部材加工

▲構造部材加工

軸組施工

▲軸組施工

建入直し

▲建入直し

内装下地

▲内装下地

クロス施工

▲クロス施工

サッシ取付

▲サッシ取付

5.「リフォーム計画・設計」

■内容
福祉住環境や耐震についての基礎知識から既存建築物の改修計画・設計技術を習得します。
■項目
・福祉住環境
・既存建築物の調査・診断
・積算・見積
・リフォームプランニング
※福祉住環境:すべての生活者が安心して暮らすため、「福祉サービス」と「住環境整備」の異なる2つの分野を橋渡しする知識・技術

5.「リフォーム計画・設計」
6.「リフォーム施工」

■内容
前述の模擬家屋に対し、内装改修、段差解消などを目的とした施工実習を行い実践的なリフォーム技術を習得します。
■項目
・リフォーム施工(内装・段差解消など)
・模様替え(間取り変更に伴う構造部材改修)
・耐震改修

6.「リフォーム施工」

受講要件

過去の経験等

  • 特に必要ありません。

事前に習得していることが望ましいスキル

  • 建設関連業界へ就職を希望する方
  • CAD操作を訓練時間内で習得する為、一般的なパソコン操作(文書作成・表計算など)ができる方が望ましい
  • 重量物(木材など)の運搬、高所作業(2~3m程度)、木工機工具(刃物など)を取扱う作業に対し身体的に不安のない方

各訓練科共通要件

  • 再就職を目指し、職業訓練の受講に強い意欲のある方
  • 就職を目指す職種と志望訓練科(内容)とに整合性がある方
  • 心身ともに職業訓練の受講に支障がなく、協調性のある方

受講料

無料です。
ただし、テキスト代7,500円程度、作業服(上、下)、作業帽等はご自身で準備していただきます。※お持ちのものがあれば新規に購入する必要はありません。


受講者の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

当該訓練分野の経験が無い方でも、下記のような関連就職に就職されています。

(前職)          (修了後の職種)
・情報通信業        → ・不動産営業事務
・飲食業          → ・建築設計
・コンビニ(アルバイト) → ・施工管理
・家電販売         → ・建築設計
・飲食業          → ・施工管理、営業、営業事務
・サービス業        → ・建築大工見習


訓練に関する職種と仕事内容

主な職種

建設業施工管理、設計・設計補助、CADオペレーター、住宅営業、不動産事務・営業、住宅設備メーカーショールームスタッフほか

職種との相性(こんな方に向いています)

  • ものづくりに興味がある方
  • 周りの人たちと協力しながら物事を進めていける方
  • 直接お客様と接する仕事にやりがいを感じる方
  • 多種多様な分野にチャレンジするための探究心と好奇心のある方

訓練により就職可能な主な仕事

  • リフォームや新築の住宅営業・相談
  • 建築現場での施工管理
  • CADオペレーター業務
  • 建築職での現場作業者

求人票に記載されている職種名

建築施工管理、建築設計、設計補助、住宅・不動産営業、CADオペレーター、施工図作成、リフォームアドバイザー、住環境改修提案、ショールームスタッフ、福祉用具貸与販売、アウター管理、インベスター(建物診断・点検)ほか

就職後の仕事例(求人票より)

  • 戸建住宅、マンションの改修工事及びリフォームの施工管理・設計監理
  • 住宅設計補助
  • お客様からの依頼に対するリフォームの提案営業
  • ショールームにてお客様との仕様打合せ
  • CADによる図面作成(施工図、意匠図等)
  • 営業・建築部門の事務サポート

就職率

86.3%(過去3年平均)


修了者の主な就職先

  • (株)アーネストワン
  • (株)アキュラホーム
  • (株)木下工務店リフォーム
  • (株)小林住宅工業
  • 住宅情報館(株)
  • (株)シンサナミ
  • (株)創建設計
  • 大和ライフネクスト(株)
  • (株)照繁工務店
  • 東昭エンジニアリング(株)
  • (株)リフォームキュー ほか

賃金情報

未経験者
15~20万円程度(試用期間あり)


訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

未経験者が建築関連企業から採用される際には、まず支援業務が主な仕事となります。就職後すぐに担当する可能性が高い業務内容としては、
(設計職であれば)
・お客様や関連企業への説明や確認
・申請書類の作成及び各種設計図書の作成、使用材料の拾い(積算)
・建築現場へ足を運び、現地調査や計測、進捗状況報告
(施工管理職であれば)
・建築施工管理の仕事内容と管理ポイントの把握
・安全衛生管理業務と指導方法
・工事写真の撮影
・積算、工程管理業務
などが挙げられます。この様な業務内容に対応できる様、ポリテクセンターの訓練では専門用語~図面理解、作図、修正ができる技術を習得し、また、戸建住宅のプランニングから設計、申請図面作成まで一連の作業を自ら行い、自らが建物の一部を施工することで、業務の流れやそれに必要な専門知識と技能を習得し、習得度が足りない部分においては、自己研鑽して補っていくことで、未経験者でも建築業界に入るきっかけをつかみ、就職後すぐにでも企業の期待に答えられる能力を身につけています。


修了時に取得できる資格

携帯用丸のこ盤作業従事者に対する安全教育


任意に取得できる資格

建築士(受験資格 学歴・実務経験などを要します)

建築CAD検定

CAD利用技術者検定(建築)

福祉住環境コーディネーター検定

インテリアコーディネーター


修了後の就職支援・スキルアップ

就職支援

修了時未就職の方々に対しては、修了後も求人情報の提供等の就職支援を行っています。

スキルアップ

就職後、当センターで実施している短期間の能力開発セミナー(有料)を受講したり、資格を取得するなどのエンプロイアビリティ(労働市場力)を高めている方が沢山います。

当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っていますのでお気軽にご相談下さい。

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る