独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構神奈川職業訓練支援センター関東職業能力開発促進センター
〒241-0824
神奈川県横浜市旭区南希望が丘78
TEL 045-391-2818 FAX 045-391-0141
文字サイズ小中大
ホーム 利用者の声 メールマガジン 入札情報 アクセス リンク集 サイトマップ

ホーム能力開発セミナー全コース一覧>省エネ:<新しいビルダーシリーズ>木造住宅の省エネ設計技術(高断熱住宅編)
能力開発セミナー お申し込み方法 オーダーメイド型セミナー Q&A お問い合わせ

<新しいビルダーシリーズ>木造住宅の省エネ設計技術(高断熱住宅編) New
考え、つくる 高断熱住宅! 実務者による実例設計と施工実習から学ぶ省エネ設計

コース名
カリキュラム
<新しいビルダーシリーズ>木造住宅の省エネ設計技術(高断熱住宅偏)
カリキュラム欄を参照
訓練内容 東日本大震災以降、省エネ住宅への関心はより高くなっています。エコポイントやフラット35Sの金利優遇なども設定されており、新築・リフォームで省エネ住宅を提案できるビジネスチャンスでもあります。省エネ基準から実例での設計演習、施工実習を通してスキルを身に付けます。
定員 10人
受講料 14,000円
持参品 関数電卓 作業用帽子 作業に適した服装
講師 株式会社 エコハウス
代表取締役 大澤 一実
対象者 工務店 設計者 住宅建設に携わる方で木造住宅の省エネを提案する実践的な知識を深めたい方
備考  
コース No. 日程 申込状況 備考
H2311 2013/1/23(水)、30(水) 受付を終了しました  


カリキュラムの概要
教科の細目
内容
1.省エネ住宅とは (1)省エネルギー住宅とは
(2)エコ住宅の考え方
(3)断熱化のメリット1
  • イ.減税制度・金利の優遇
  • ロ.エコポイント
2.省エネ基準と断熱施工 (1)省エネルギー基準の変遷と目標基準
(2)断熱化のメリット2
  • イ.省エネ
  • ロ.健康・快適
  • ハ.耐久性向上
3.断熱仕様の基準 (1)断熱施工の基本
  • イ.断熱工法
  • ロ.断熱材
  • ハ.施工方法
(2)開口部の仕様
(3)判断基準値
  • イ.Q値(熱損失係数)について
  • ロ.μ値(夏期日射取得係数)について
  • ハ.地域区分の基準値と仕様
4.実例物件での設計演習 (1)実例物件での設計演習
  • イ.断熱材の選択
  • ロ.開口部仕様の決定
  • ハ.換気手法の選択
(2)熱計算プログラムによる計算演習
(3)設計例での住まいの現状
5.施工実習による断熱施工の要点 (1)模擬家屋による断熱・気密施工実習(充填断熱)
  • イ.壁
  • ロ.床
  • ハ.スリーブやコンセントボックス廻り
使用機器等 パソコン、暖房エネルギー計算プログラム、断熱・気密施工、資材・工具一式