在来木造住宅基本計画技術
在来木造住宅の設計技術を身に付けよう!

コース名
カリキュラム
在来木造住宅基本計画技術
カリキュラム欄を参照
訓練内容 在来木造住宅の基本設計技術の全体像の把握と、課題を通して実際にプランニングを行い、実務に必要な決定行為・作業と各種建築図面の作成方法を習得します。
定員 10人
受講料 10,000円
持参品 筆記用具
講師 ポリテクセンター関東 講師
対象者 建築設計業務に従事する方
備考 本コースの受講後に「在来木造住宅実施設計技術(構造編)」の受講をお勧めします
コース No. 日程 時間 申込状況 備考
H0811 4/18(土)、4/25(土) 9:45〜16:30 中止にしました


カリキュラムの概要
教科の細目
内容
1.設計の概要 (1)企画から完成までの住宅設計の概要
(2)在来軸組木構造の概要
(3)企画・調査内容と方法
2.設計条件の設定 (1)各種条件の抽出
(2)条件の整理
3.構想とエスキス実習 (1)計画方針
(2)配置・平面・断面計画とゾーニングの解説
(3)ボリュームチェックの解説
(4)基本プラン作成の解説および実習
4.法規制の検討 (1)採光・換気・排煙計画の解説および実習
(2)構造計画
   地震力・風圧力による必要耐力壁の計画の解説および実習
5.基本設計図書の作成 (1)配置図・各階平面図・断面図・立面図作成の解説および実習
(2)プレゼンテーション(3次元パース作成)の解説および実習
6.確認・講評 (1)全体的な講評および確認・評価
使用機器等 パソコン一式、資料提示装置