住空間リフォーム計画実践技術NEW
モノから考える収納プランニング「リフォームに繋がる収納」既存の間取りの問題点を読み取りましょう。

コース名
カリキュラム
住空間リフォーム計画実践技術
カリキュラム欄を参照
訓練内容 リフォームに繋がる収納計画における効果的な計画技法や、動線・動作寸法を踏まえた具体的なプランニング技術を習得します。
定員 10人
受講料 12,000円
持参品 筆記用具
講師 プランドゥプラス 太田 正美
対象者 リフォーム業に従事する方、これから「リフォーム計画」を担当される方
備考 ★リフォーム実践シリーズ
『住空間リフォーム提案力実践技術』
『住空間リフォームコストデザイン』
併せての受講をお勧めします
コース No. 日程 時間 申込状況 備考
H0611 5/17(水)、24(水) 9:15〜16:00
(休憩45分間含)
2日間 計12時間
受付を終了しました  


カリキュラムの概要
教科の細目
内容
1.住空間リフォーム計画 (1)住空間リフォーム需要
  •  イ.住空間リフォーム市場について
  •  ロ.住空間リフォームの需要分析
  •  ハ.住空間リフォーム工事の特徴と課題
(2)住空間リフォーム計画
  •  イ.部屋別要望調査
  •  ロ.単部位リフォームから複合部位リフォームへの展開
2.収納計画 (1)住空間収納プランニング
  •  イ.人、モノ、住まいの関係
  •  ロ.既存住宅の問題点
  •  ハ.住空間の不満要因の分析
  •  ニ.間取りから検討する収納計画
(2)収納へのアプローチ
  •  イ.生活から要求を取り出す
  •  ロ.集合住宅と戸建住宅の相違点
3.細部計画 (1)住空間の寸法計画
  •  イ.住空間における動線の分析
  •  ロ.ヒューマンスケール、動作寸法の検討
(2)住空間の機能寸法計画
  •  イ.住空間の製品サイズ
  •  ロ.生活モデュール
(3)収納物
  •  イ.収納物の性格、要素
4.課題実習 (1)リフォームに繋がる収納プラン提案
5.成果発表 (1)課題のプレゼンテーション
(2)質疑応答とディスカッション
使用機器等 パソコン一式、筆記用具、三角スケール、30センチ定規、資料提示装置