天空率による形態制限緩和のための設計支援技術NEW
建築可能な空間を最大限に確保するために、「天空率」を活用する

コース名
カリキュラム
天空率による形態制限緩和のための設計支援技術
カリキュラム欄を参照
訓練内容 各種法的形態制限(各種斜線制限による各部の高さ、平均地盤の算定、日影制限)の緩和を適用するために、設計支援ツールを使った天空率の利用方法を実習をとおして学び、実際の設計業務において建築形態のシミュレーションを効率的に比較検討を行うための技術を習得します。
定員 10人
受講料 12,000円
持参品 筆記用具
講師 パンダ・デザイン 岩崎 恵美子
対象者 意匠設計者 土地活用コンサルティング 建築設計業務に従事する方
備考  
コース No. 日程 時間 申込状況 備考
H0311 8/2(水)〜3(木) 9:15〜16:00
(休憩45分間含)
2日間 計12時間
本コースは中止となりました  


カリキュラムの概要
教科の細目
内容
1.概要 (1)形態制限の概要
(2)高さ・平均地盤・建築面積・床面積の算定基準
(3)設計支援ツールを用いた実習(平均地盤図作成)
2.斜線制限 (1)各種斜線制限の運用規定
(2)特殊な事例への運用方法
3.日影制限 (1)日影制限の運用規定
(2)特殊な事例への運用方法
(3)設計支援ツールを用いた実習(日影図作成)
(4)検討シミュレーション実習
4.天空率 (1)天空率の比較による斜線制限の緩和の運用規定
(2)特殊な事例への運用方法
(3)設計支援ツールを用いた実習(天空図作成)
(4)検討シミュレーション実習
使用機器等 パソコン、天空率・天空図・各時間・等時間日影図作成ソフト