在校生の皆様へ:お知らせ

インフルエンザ感染注意について

インフルエンザは出席停止の疾患です。罹ったらすぐに学務課に連絡してください。

罹患後5日が経過し、かつ解熱が2日間続いてから当校可能になります。(医師の指示に従ってください。)

インフルエンザを発症すると、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状が現れます。症状が急に現れるのが特徴です。風邪と同じような、のどの痛み、鼻汁、咳などの症状もあります。

外から帰ったら手洗い・うがいをする、部屋の中は50から60%の湿度を保つ、十分な睡眠や栄養など規則正しい生活をすることを心がけて、感染予防に努めてください。

(参考:厚生労働省HP

インフルエンザにかかってしまったら医師の診察を受け、適切に薬を飲み、十分な休養をとってください。また、インフルエンザは、咳やくしゃみなどのしぶきで感染します。咳エチケットを心がけましょう。熱が下がってからもウイルスは体の中にいます。他の人に感染させないように気をつけましょう。

学務課にてマスクの配布を行っています。必要な人は取りに来てください。あくまでも最低限の必要分だけとなりますので、1回につき1人1枚の配布とします。

 

 

 

風疹の流行について

風疹は、インフルエンザと同様の飛沫感染、直接接触感染による伝染病の一つです。

以下のことに注意し、感染予防に努めてください。

(1)外出時の手洗い、うがい、咳エチケットなどに気をつけましょう。

(2)急な全身性の発疹や発熱などの症状が現れたら、早めにかかりつけの医師などを受診しまし

  ょう。

(3)受診の際には、マスクを着用する、咳エチケットを守るなど、感染拡大につながらないよう

  にしましょう。

 

 なお、風疹の診断を受けた学生については、医師の治癒証明が出るまで登校を控えて下さい。

欠席期間中の受講については、後日別途指示をします。