港湾カレッジ

ホーム

在校生の皆様へ

非常災害時の授業について

神奈川県地方全域に暴風警報が発令されている場合

  1. 午前7時時点で警報が解除され、交通機関が正常に運行されている場合、通常授業。
  2. 午前7時から9時までに警報が解除され、交通機関が正常に運行されている場合、午後からの授業(3時限目から)開講
  3. 午前9時時点を経過しても、警報が解除されない場合、全日授業を休講とする。

※なお、災害における対応についての詳細は「学生便覧」を確認してください。上記は一部抜粋です。

お知らせ

 

インフルエンザ感染注意について


インフルエンザは出席停止の疾患です。罹ったらすぐに学務課に連絡してください。
罹患後5日が経過し、かつ解熱が2日間続いてから当校可能になります。(医師の指示に従ってください。)

インフルエンザを発症すると、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状が現れます。症状が急に現れるのが特徴です。風邪と同じような、のどの痛み、鼻汁、咳などの症状もあります。

外から帰ったら手洗い・うがいをする、部屋の中は50から60%の湿度を保つ、十分な睡眠や栄養など規則正しい生活をすることを心がけて、感染予防に努めてください。

(厚生労働省HP インフルエンザQ&A)

インフルエンザにかかってしまったら医師の診察を受け、適切に薬を飲み、十分な休養をとってください。
また、インフルエンザは、咳やくしゃみなどのしぶきで感染します。咳エチケットを心がけましょう。熱が下がってからもウイルスは体の中にいます。他の人に感染させないように気をつけましょう。

学務課にてマスクの配布を行っています。必要な人は取りに来てください。あくまでも最低限の必要分だけとなりますので、1回につき1人1枚の配布とします。

 

風疹の流行について


風疹は、インフルエンザと同様の飛沫感染、直接接触感染による伝染病の一つです。
以下のことに注意し、感染予防に努めてください。

(1)外出時の手洗い、うがい、咳エチケットなどに気をつけましょう。
(2)急な全身性の発疹や発熱などの症状が現れたら、早めにかかりつけの医師などを
受診しましょう。
(3)受診の際には、マスクを着用する、咳エチケットを守るなど、感染拡大につながらな
いよう気をつけましょう。

なお、風疹の診断を受けた学生は、医師の治癒証明がでるまで登校を控えてください。
欠席期間中の受講については、後日別途指示します。

 

 

Copyright © 2012 港湾職業能力開発短期大学校横浜校