ホーム

港湾カレッジ

戻る

港湾流通科

港湾流通科では、「港」の重要な仕事を担うミナト人の育成を目標にしています。

21世紀の今、企業の経済活動は多国籍企業として、国と国との貿易障壁を打ち破り、円滑に行われるように変化しています。そこで、「ヒト」「モノ」「カネ」を最も有効に活用して事業を進めていく必要があります。

世界への窓口である「港」では、こうした状況をしっかり把握し、適切に対応できる多様な能力が求められています。これに応えるのが、「港湾流通科」の使命です。

そこで港湾流通科では、『港湾・貿易実務』『荷役技術』『情報処理』の3本の柱立てによって理論と実践のカリキュラムが構成されています。


概要

国際間の取引、物流などのマネジメント能力を育成します。

入校(定員)
4月(20名)
特色
  • 港湾物流、国際物流についての理解
  • 貿易実務、通関実務についての理解
  • グローバル・ロジスティクスについての理解
  • 物流情報システム技術についての理解・取得

専攻コース

荷役機械コース
揚貨装置と移動式クレーンの免許を取得して、荷役などの現業業務や荷役監督業務に従事することを目標とする。
ガントリーマンコース
港湾の荷役機械を運転するのに必要なクレーン免許を取得し、コンテナヤードのガントリークレーンの操作訓練を行うことにより、ガントリーマン候補生の養成を行う。
フレイトフォワーダーコース
通関などの輸出入業務や貨物の受渡業務、あるいは倉庫・物流センターなどで、入手庫業務や在庫管理業務などに従事することを目標とする。
ウェアハウスコース
倉庫・物流センターのしくみ、ロジスティクスオペレーション、ロジステイクス管理、通関実務、貿易実務を学び、倉庫、物流センターの運営・管理の職種に就職することを目標とする。

Copyright © 2012 港湾職業能力開発短期大学校横浜校