沿革

昭和47年4月 神奈川総合高等職業訓練校横浜港湾労働分校として開校
養成訓練高等訓練課程の港湾荷役科を設置
昭和61年10月 職業訓練法が職業能力開発促進法の改正に伴い、神奈川技能開発センター横浜労働分校と改称
昭和63年4月 港湾職業能力開発短期大学校として開校し、養成訓練専門課程として港湾流通科及び港湾運輸科を開設
平成4年3月 港湾運輸科を廃止
平成4年4月 物流情報科を開設
平成5年4月 職業能力開発促進法の一部改正により、港湾職業能力開発短期大学校横浜校となる。
専門課程の港湾流通科・物流情報科の養成訓練は高度職業訓練に移行
専門短期課程(能力開発セミナー)の高度職業訓練を開始
平成14年4月 普通職業訓練短期課程(アビリティ訓練)を開始
平成16年9月 普通職業訓練短期課程(アビリティ訓練)を廃止
平成16年10月 日本版デュアルシステム(専門課程活用型)港湾ロジスティクス科を開設
平成21年10月 普通職業訓練短期課程(緊急雇用対策に基づくアビリティ訓練)倉庫管理科を再開(平成22年度まで)
校舎