本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

テクニカルオペレーション科(訓練期間6ヶ月)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

テクニカルオペレーション科では、旋盤及びフライス盤加工と、NC機械のプログラミング及び加工ができ、 また、機械製図を理解し、CADシステムにより様々な機械図面を作成することができる知識及び技能を習得します。

訓練全体(6ヶ月間)の目標人材像(訓練目標)

汎用旋盤・フライス盤加工を基に、NC旋盤、マシニングセンタのプログラム作成と機械操作ができる技能及び知識を取得する。

機械製図の基礎を理解し、手書きによる製図、またCADシステム(2次元、3次元)による製図、部品形状、組立形状の作成を習得する。

【訓練課題例】

課題例1
課題例2

総訓練時

  • 668時間

1ヶ月ごとの訓練目標

1.各種測定機器とボール盤作業

各種測定器による正確な測定、仕上げ、ボール盤に関する知識・技能、安全衛生作業法を習得する

各種測定機器とボール盤作業
2.普通旋盤とフライス盤作業

普通旋盤及びフライス盤の正しい操作と各種機械加工法に関する専門的な知識・技能を習得する

普通旋盤とフライス盤作業
3.NC旋盤とマシニングセンタ作業

NC旋盤及びマシニングセンタの基礎知識、プログラミングの手法、機械操作についての知識・技能を習得する。

NC旋盤とマシニングセンタ作業
4.機械製図基本作業

機械製図基本(製図一般・機械製図および関連規格・機械要素)に関する技能及び関連知識を取得する。

機械製図基本作業
5.2次元CAD作業

2次元CADの概要と各種図面作成に関する技能及び関連知識を取得する。

2次元CAD作業
6.3次元CAD作業

3次元CADの概要と部品形状の作成と、組立形状の作成、図面編集に関する技能及び関連知識を取得する。

3次元CAD作業3次元CAD作業

受講要件

関連業種の経験

  • 特に不要

事前に習得していることが望ましいスキル

  • 特に必要ございません。

各訓練科共通要件

  • 再就職を強く望んでいる者であって、職業訓練を受講することに強い意欲を有している方。
  • 離職者訓練コースの内容を理解し、就職を希望する職務と入所希望訓練課との整合性がある方。
  • 職業訓練の安全性の確保及び訓練に支障をきたさないような健康状態である方。
  • 職業訓練を受講する上で必要な、集合訓練における協調性のある方。

※上記の条件を満たしていても受講できない場合があります。


受講料

無料です。ただし、教科書代については実費負担となります。


受講者の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

(前職)                          (修了後の職種)
ファミレスの調理          →            工場で使用される自動機の設計
建築関係の設計補助         →            電車や造船などの設計補助・総務事務
銀行員               →            ポンプメーカでの設計
飲食店(自営)           →            CADオペレータ
バスの運転手            →            金型製造メーカでの設計
化粧品販売員            →            機械設計補助


訓練に関する職種と仕事内容

一般的な職種名

  • 機械設計・設計補助

CADオペレータの仕事内容

さまざまな建物や機械などをつくるには、そのイメージを伝えるためにスケッチや設計図が必要です。
CADとは、コンピュータを使ってデザイン(作図・設計)すること(Computer Aided Design)です。CADを使って、各種の図面を正確に描くのがCADオペレータです。
CADオペレータは、企業の設計部門やデザイン会社などで働いています。CADオペレータは、建築、機械、電気、インテリアなどさまざまな図面を、コンピュータを使って、設計の規格で決められた記号や作図コマンド(入力する記号)を入力して、作図をします。
オペレータはまず、手描きや書き込みのある図面、ラフスケッチなど、CAD化する図面を受け取ります。
次に、CAD化する図面の種類によって、それぞれ決められた記号、コマンドを入力します。オペレータは、設計者の意図を読み取りながら、正確に図面を作成します。CADソフトにはいろいろ種類があり、数種類のソフトを使いこなす必要があります。そして、入力が終わると、図面を印刷してチェックし、完璧な図面にします。

CAD/CAM職種との相性(こんな方に向いている。)

"ものづくり"に興味があり、空間(立体)判断力、計算能力がある方。

訓練により就職可能な主な仕事

  • CAD/CAMシステムを使用した設計製図
  • 金属加工業・工具販売業において技術営業
  • 金型などのNC加工機を使用した加工及びオペレーション
  • 機械部品組立製造(車両部品・自動機部品等)

求人票に記載されている職種名

CADエンジニア、CADオペレータ、技術管理事務、2D-3D(2次元-3次元)CADオペレータ、NCオペレータ、CAD/CAMオペレータ、CADアシスタント、CADサポート業務、機械設計製図、CAD・マシニングオペレータ、CAD・CAMプログラマ、3D-CADエンジニア、3D-CAD機械開発設計技術者、CAD機構設計、金型設計(CAD)、機械系CADサポート運用技術者、機械設計、機械設計補助、営業技術


就職率

90.3%(平成27年度実績)


修了生の主な就職先

自動車、機械、金型メーカの製造、設計部門、建設機械部品製造、大手製造メーカグループ企業他。
代表的な企業

  • 樋口鋼業(株)(製造機械の設計・製図及び鋼板溶断・溶接・加工等)
  • 極東ブレイン(株) (自動車・航空機・プラント設計・製図等)
  • (株)セック(産業機械の設計製図及び製作管理等)

賃金情報

修了生の採用時の賃金(給与総支給額)の目安

  • 30~50歳代:平均17万円から25万円

訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

訓練を修了すると、機械製図をCADで作成する作業およびNC工作機械のプログラミングとオペレータの作業ができるようになります。この基本技能を活用し、製造業における設計・製図や工作機械を使用している関係業種の様々な就職先企業で活躍できます。


任意に習得する資格

CADトレース技能審査

最も受験者が多く、業界で認知されている資格で、主にCADを操作して図面作成業務に携わる方々を対象に、CADを用いた写図(トレース)業務に必要な技能を評価する試験です。試験実施に当たっては、各都道府県職業能力開発協会の協力を得て実施しており、年間約5,000人(平成16年度実績)の方が受験しています。
試験実施部門は、機械と建築の2部門があり、等級は初級、中級、上級の3つに分かれています。中級は、CADトレースに関する6か月以上の実務経験か中央職業能力開発協会会長が指定する3か月(総教育訓練時間が概ね300時間)以上の関連する教育訓練課程を修了された方又は受けている方などが受験できます。当センターはこの指定を受けていますので、中級までの受験が可能で、毎回多くの訓練生が受験しています。上級は、同一門の中級合格後、CADトレースに関する3か月以上又は1年以上の実務経験がある方が受験できます。なお、合格者はそれぞれ「技士」の称号が与えられ、"CAD操作のキーマンの証"として、就職活動にご活用頂けます。

(中央職業能力開発協会)

CAD利用技術者試験

CADを使いこなし、製図・設計・デザインをする能力を認定する民間資格であり、2級は筆記試験、1級は実技試験が行われています。受験資格はありませんが、2級はCADシステムの基礎的な知識をもち、半年以上の実務経験者、1級はハードウェア、ソフトウェアの高度な知識をもち、1年以上の実務経験者を想定して出題されます。また、1級、2級の他に、3次元CADや基礎試験という利用技術者試験も有ります。

(コンピュータソフトウェア協会)

技能検定 建築図面製作(建築製図CAD作業)

技能検定 機械・プラント製図(機械製図CAD作業)

機械設計技術者試験(3級)


就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施している短期間の 在職者向け職業訓練(能力開発セミナー(有料)) を受講したり、就職先の実務経験を活かして、国家資格である技能検定に挑戦したりするなど、さらにスキルを向上させることができます。 当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。お気軽にご相談下さい。
 

お問い合わせ

ポリテクセンター加古川(加古川職業能力開発促進センター) 訓練課

TEL

079-431-2517

FAX

079-431-2740

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る