学校概要

学校長ご挨拶

若松校長 即戦力として企業で活躍する人 テクニシャン・エンジニアを育成              校長 若松 道博

川内職業能力開発短期大学校では、基礎的な科学知識と技術を持ち、それを生産の現場で活かせる能力をバランスよく併せ持つ、テクニシャン・エンジニア(実践技術者)を育成し、産業界に輩出することを目的としています。「ものづくり」には、性能、品質、信頼性、納期、コスト、生産量などの条件を満足すること以外に、例えば環境やエネルギー効率に関する条件を満足するなど、使う立場に立った考え方が必要であります。したがって、「ものづくり」を通じて社会に貢献することを理念とする企業では、このような「ものづくり」を理解し、そして実践できる技術者を求めています。

本校では、このような実践技術者を育成するために、優秀な指導陣が先端設備を使用し、実習・実験と座学を関連づけた「実学融合」のカリキュラムに基づいて指導しています。この薩摩川内の地で、自らの将来を切り拓こうと考えている皆さんと、一番大切な二年間を過ごしたいと私達は考えています。

ポリテクカレッジ川内TOP > 学校概要