本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

生産性向上を目指す企業のみなさまへ

IT活用力セミナー(旧名称:基礎的ITセミナー)のご案内

<お知らせ>
1.基礎的ITセミナーの名称変更について
  名称を「IT活用力セミナー」に変更します。

基礎的ITセミナーの名称変更について(ご案内リーフレット) (625.66 KB)

2.IT活用力セミナー(IT推進者育成編)を2コース実施します
  IT推進者育成編としてIT活用力セミナーをポリテクセンター香川で開催します。
  下記の「IT活用力セミナー(香川県版)の募集コース」をご覧ください。

生産性向上人材育成支援センターでは、、中小企業等で働く人々を対象としたIT の活用や情報セキュリティ等のIT理解・活用力を習得するためのIT活用力セミナーを幅広く民間機関等の教育資源を活用(民間委託)して実施します。
なお、実施に当たっては、生産性センターで実施する生産性向上支援訓練(以下「生産性訓練」という。)や在職者訓練(能力開発セミナー等)との一体的な展開を図ることにより、地域の中小企業等の生産性向上のための支援を行います。


IT活用力セミナーのご案内

IT活用力セミナーはビジネスで求められるITの基礎的知識や活用ノウハウを短時間で学べるように工夫したカリキュラムを提供します。
業務に必要なコースを選んで受講いただけます。
先着順で受け付けていますので、希望のコースはお早めにお申し込みください。

IT活用力セミナーの活用例

仕事の効率化や生産性向上のための人材育成に「IT活用力セミナー」ご活用ください。
また、「生産性向上支援訓練」を併用し従業員の思考力・行動力を高めることができます。

 要望1、社員の早期戦略化をすすめたい
   ITを仕事に活用できるようにIT活用の勘所を習得させる
 要望2、社内システムの導入をすすめたい
   社内システムの導入を成功させるために活用する人材のIT活用力の習得に取り組む
 要望3、データを活用したい
   蓄積したデータを分析し、新しいビジネスのアイデアや既存のビジネスの問題点は見つけるための
IT活用力を習得する
 要望4、商品やサービスのアピールをしたい
   わかりやすい説明資料づくりや魅力的な企画提案書を作るためのIT活用力を高める

IT活用力セミナーで実施する訓練の3分類

働き方改革を進めていくためには、現場の仕事効率や創造力を高めていくことが重要です。
そのためにお勧めしたいのが、IT理解・活用力の取得と向上です。
IT理解・活用力とは、現在入手・利用可能なITを使いこなすことにより、企業・業務の生産性向上やビジネスチャンスの創出・拡大に結び付けることができる土台となる能力のことをいい、いわゆるIT企業で働く者だけでなく、ITを活用する企業(ITのユーザー企業)で働く者を含め、全てのビジネスパーソンが今後標準的に装備するIT活用力セミナーでは、次の3つの分類に対応するカリキュラムをご用意しています。

1.IT理解
  世の中にどのようなITがあり、それぞれどのような機能・仕組みを有しているか、どのような場面で活用されているかについての理解
2.ITスキル・活用
  企業・業務の課題解決場面に有用なITを選定し、そのITを操作して目的に適う情報を取得・分析・表現し、課題解決につなげる能力
3.IT倫理
  ITを安全に活用するための情報セキュリティやコンプライアンスの知識


IT活用力セミナーと生産性向上支援訓練との体系について

生産性向上支援訓練とIT活用力セミナーを組み合わせて活用することで、生産性向上に向けた組織課題に対応する従業員のIT知識やスキルを効果的に高めることが期待できます。当センターでは、生産性向上に欠かせない人材育成についての相談も行っています。

IT活用力セミナー(香川県版)の募集コース

令和2年1月にIT活用力セミナー(IT推進者育成編)を2コース開催します。
生産性を向上させるために「ITをどのように構築し活用するのか」そして「ITを活用して求める成果をあげるにはどうするのか」「何から着手するのか」といった悩みをお持ちではないでしょうか。
IT推進を担う人材育成をこの機会に始めてください。

IT活用力セミナー(IT推進者育成編)2コースリーフレットイメージ

IT活用力セミナー(IT推進者育成編)を2コース開催します。
本セミナーでは受講者がパソコンを使用しないで進めるコースです。

IT活用力セミナー(IT推進者育成編)2コースリーフレット(申込書付き) (928.90 KB)

令和2年1月にIT活用力セミナー(IT推進者育成編)を2コース実施します。
(1)IT化を推進するためのつながる業務への理解(IT推進者育成編)
   令和2年1月18日(木)
(2)ビジネスプロセスモデルを活用した業務プロセス分析(IT推進者育成編)
   令和2年1月23日(木)
詳細は「IT活用力セミナー(IT推進者育成編)2コースリーフレット(申込書付き)」をご覧ください。

基礎的ITセミナーの申し込み方法

<FAX申込>
・当パンフの最終ページの「FAX:受講申込書」に必要事項記載の上送信をお願いします。
 尚、着信から2営業日以内に生産性センターより受理の確認のため、ご連絡いたします。
<メール申込>
・E-mail : 下記問い合わせ先記載のメールアドレス
・記載項目
 ①会社名
 ②申込担当者氏名、部署名
  ③担当部署電話番号・FAX番号
 ④郵便番号、及び、所在地
 ⑤企業規模(A:~29人 B:~99人 C:~299人 D:~499人 E:~999人 F:1000人~)
 ⑥業種(01建設業 02製造業 03運輸業 04卸売・小売業 05サービス業 06その他)
 ⑦希望コース番号
 ⑧受講者氏名:漢字/ふりがな 性別 年代
<注意事項>
・コースごとに「実施会場」「受講料」「申込み締切日」が異なりますので、必ずご確認をお願いします。
・締切日は原則開講日の2週間前に設定しています。
・申込受理は「先着順」となり、定員に達した場合は締切日前でも受付終了となります。

その他の参考情報

香川県内のセミナー情報

生産性向上人材育成支援センターでは地域の支援機関と連携した事業を展開しています。
香川県内で実施されるIT化に役立つセミナー情報をこちらに随時掲載し、情報提供します。

IT活用力セミナーで実施するカリキュラムについて

IT活用力セミナーは令和元年度からは個別企業のオーダーメイドコースの設定も可能となりました。
詳細は下記の窓口にお問い合わせください。

基礎的ITリテラシーに関する調査報告書

第四次産業革命を迎え、様々な産業分野において、IoTやAIをはじめとしたIT機器の利用が当たり前となっていく中で、労働者の生産性を今後一層向上させていくためには、IT業界に限らず、ITを活用する全産業の人材が「基礎的ITリテラシー」を身につけることが求められています。
幅広い産業の人材が標準的に装備しておくべき「基礎的ITリテラシー」について、その具体的内容を明らかにするとともに、これらを効果的・効率的に習得させる職業訓練のカリキュラムを構築するべく、平成29年10月~平成30年3月にかけて調査研究を実施し、厚生労働省において報告書がとりまとめられました。

平成29年度基礎的ITリテラシーの習得カリキュラムに関する調査研究報告(厚生労働省)

お問い合わせ先

生産性向上支援訓練のお問い合わせ先

TEL 087-867-6728
FAX 087-867-6856
メール kagawa-seisan+jeed.or.jp
※メール送信にあたって「+」を「@」に修正して下さい

(生産性訓練担当の事務所は求職者支援課内にあります。)

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る