学科紹介

応用課程
生産システム技術系 生産機械システム技術科

機械装置の開発から構築まで現場ニーズに応えられる生産現場のリーダーを育成

機械技術が複合した領域で情報技術を駆使しながら実用的な製品開発が推進できる生産部門のスペシャリストを育てます。

取得可能な資格(在学中)

  • 技能検定
  • CAD利用技術者
  • 機械設計技術者
  • 品質管理検定
    など

標準課題(3年次)

ものづくりのプロセスを学ぶ

自動化機器製作課題実習
学科、実技で学んだ知識を基に、設定された課題をグループで製作しながら専門的な技術を駆使する能力を養います。

標準課題(3年次)

開発課題(4年次)

企画を立て、実際に製品化

他科とグループを組み、製品を一から設計し開発することにより、総合的な「ものづくり」の技能・技術を習得します。

開発課題(4年次)

3つの柱を軸とした教育で技術力を高めます

強化1 機械設計技術

機械の仕様を満足する機構を考え、CADを使って実際に設計する。

強化2 機械加工技術

設計されたものをさまざまな工作機械を使って、精度よく製作する。

強化3 機械制御技術

組立てた機械装置を、正確かつ安全にコントロールする。

主な履修科目

精密機械設計、製品材料設計、自動化機器設計、生産自動化システム、機密加工応用、計測制御、品質管理、創造的開発技法、工業技術英語、精密加工応用実習、CAD/CAM応用実習、CAE実習、生産自動化システム実習、精密機器製作課題実習(標準課題)、自動化機器製作課題実習(標準課題)、自動化機器設計製作課題実習(開発課題)

卒業後の進路

設計・生産技術、製造技術、生産管理・品質管理、設備保全サービスエンジニア、営業技術