学科紹介

応用課程
生産システム技術系 生産電気システム技術科

自然エネルギーの有効利用や工場の自動化を推進できる生産現場のリーダーを育成

自然エネルギー利用による省エネ、自動化による工場生産の省力化を実現させるために必要となる技能と技術を身につけた実践技術者を育成します。

取得可能な資格(在学中)

  • 電気主任技術者
  • エネルギー管理士
  • 技能検定(電気系保全作業、シーケンス制御作業)
    など

標準課題(3年次)

ものづくりのプロセスを学ぶ

マイクロコンピュータ等のデジタル制御素子と電力素子を用いたパワーエレクトロニクス制御装置の設計・製作を通して、電動車両走行システム、発電電力制御システムに関する標準的な設計技術並びに実践的な製品化技術を習得します。

標準課題(3年次)

開発課題(4年次)

企画を立て、実際に製品化

企業ニーズに基づき、製品を企画、設計、製作、評価、改善し、ものづくりにおける一貫した技能・技術を習得します。

開発課題(4年次)

3つの柱を軸とした教育で技術力を高めます

強化1 自然エネルギー利用技術

太陽光、風力等自然エネルギーを有効に利用し、省エネ機器の設計・製作をする。

強化2 電動力応用技術

低公害であり、災害時の非常用電源としても使用可能な電動車両を、安全かつ省エネで制御する。

強化3 工場自動化技術

工場の生産ラインを自動化するために必要なメカトロニクス技術を習得する。

主な履修科目

電気設備管理及び電気法規、発変電工学、送配電工学、アクチュエータ技術、パワーエレクトロニクス、電気装置設計製作実習、電動力応用機器実習、パワーエレクトロニクス実習、電気設備設計製作実習、自動計測実習、自動化システム応用実習、電子装置設計製作実習、CAD/CAD応用実習、コンピュータ応用実習、発電電力制御システム設計製作課題実習(標準課題)、電動車両走行システム設計製作課題実習(標準課題)、自動化機器等企画開発、生産システム設計・製作等実習(開発課題実習)

修了後の活躍分野

  • 新エネルギーに対応できる電気設備技術者
  • 省エネ機器や次世代自動車関連装置などの電気制御技術者
  • 自動化設備の構築技術者