学校案内

校長メッセージ

相良和伸

相良和伸

略歴
大阪大学名誉教授
工学博士

近年の科学技術の進展には目を見張るものがあり、ますます高度化・多様化・複合化していく中で、技術立国日本のさらなる発展に向けて、技術の根底に流れる基本的な原理を理解しつつ実践的な技術力を備えた人材が重要なカギを握ることになるでしょう。

皆さんには、四国職業能力開発大学校(以下、四国ポリテクカレッジ)で切磋琢磨して、まさにそのような人材になっていただき、実践的な技術者として、また生産技術や生産管理のリーダーとして活躍していただきたいと思っています。

四国ポリテクカレッジは、厚生労働省の下に置かれている高度教育機関ですので大学ではなく大学校と称しています。
一般の工科系大学と異なるのは、単に工学的知識を身に着けるだけではなく、実験・実習により多くの時間を割き、実践技術者として活躍するための高度な技能・技術力を習得できるカリキュラムを用意していることです。

また、四国ポリテクカレッジでは、少人数教育を実施しており、学生の多くは在学中に各種資格を取得するだけでなく、技術を競う競技大会に出場して上位の成績をおさめています。
高学年になるとチームで「ものづくり」課題に取り組みます。
そこでは、知的好奇心が大いに刺激され、新しいことにチャレンジする方法を学ぶだけでなく、コミュニケーション力やリーダーシップ力、マネージメント力も養われます。

大いに勉強し、大いに議論し、コミュニケーション・リーダーシップ・マネージメントの三つの力を大いに養って、自分の人生と未来を切り開く力を身につけ、我が国の技術力進展に貢献してください。
そのためにぜひ、四国ポリテクカレッジの扉をたたいてください。
現代の匠となり技術立国日本を支えるのは君たちです。