本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

利用者の声

利用者の声(求職者向け職業訓練) テクニカルオペレーション科 NTN羽咋製作所

修了生からの声

山本 隆洋さん1

テクニカルオペレーション科修了生
株式会社NTN羽咋製作所
技術グループ
山本 隆洋さん

Q

離職者訓練を知ったきっかけをお聞かせください。

A

離職中に次の仕事に活かせる資格や技能・知識を身につけたいと考えていたときに、ハローワークでポリテクセンターの職業訓練を受講するよう勧められて知りました。

Q

どうしてこのコースを受講しようと思ったか、その経緯等についてお聞かせください。

A

製造業に就きたいという考えから、テクニカルオペレーション科を受講しました。私は、機械加工の知識、経験がないこと、また、このコースではパソコンを使ったCADシステムも学べるということから、製造業における幅広い知識・技能を習得できると思い、受講を決めました。

Q

訓練受講中の感想や思い出等についてお聞かせください。

A

基礎から段階的に学ぶ訓練なので、受講内容もわかりやすくまったく経験がなくてもついていくことができます。

Q

習得した知識・技術は職場でどう役立っているかをお聞かせください。

A

現在、CAD/CAMを使用したNC旋盤のプログラム作成を行っています。入社してから学ぶことも多いですが、ポリテクセンターで習得した知識や技術があることで、理解できることも多くあり、役立っています。

Q

今後の目標についてお聞かせください。

A

まだまだ知識、技術が不足しており、日々学ぶことが多くあります。そのひとつひとつを身に付けていけるように努めていきたいと思います。

Q

これからアビリティコースの受講を考えている方へメッセージをお願いします。

A

まったく経験がない人でも、しっかり授業を聞いていればついていけます。就職活動においては、アビリティコースで学んだ知識や経験は大きな力になると思います。

山本 隆洋さん2

 

修了生を受け入れた企業からの声

坂尾 登さん

株式会社NTN羽咋製作所
代表取締役社長
坂尾 登さん

Q

訓練修了生を採用したきっかけ、またメリットについてお聞かせください。

A

早期に加工プログラムの作成ができる社員が必要となっていたが、現社員の中には作業経験者がおらず、また、社内で教育を実施する余裕もなかったため、ポリテクセンターで訓練を受けた者を採用する事にしました。

Q

採用した修了生の活躍状況についてお聞かせください。

A

入社後数ヵ月で、ほぼプログラム作成ができるようになりました。また、プログラム作成のスキルレベルを上げるために、3ヵ月ほど現場で加工の実務も経験してもらいました。

Q

採用した修了生に期待することを教えてください。

A

今後は、加工が難しい製品の加工方法の検討や生産性向上のための加工条件の見直しなど、技術改善業務を自らの工夫で進められるようにレベルアップすることを期待しています。

Q

今後の採用時に求職者に期待することをお聞かせください。

A

中途採用である以上、一定の基礎知識を習得していることは必要ですが、入社後にも専門知識や技能を身に付けていくために、チャレンジする意志の強さ、積極性や社会人としての常識を身に付けた人材を期待します。

事業所概要

・企業メッセージ     軸受などのトップメーカーであるNTN株式会社のグループ企業として設立しました。羽咋地区での更なる事業拡大の計画のもと、羽咋地区の素晴らしい環境と共生を図って参ります。
・事業内容        地域環境保護の観点から需要が急増している風力発電設備用や、高速CTスキャナー等最新医療機器用の大型軸受の旋削加工を行っています。
・創業          平成19年3月
・従業員数        30名
・所在地         石川県羽咋市三ツ屋町ニ32番地

お問い合わせ先

ポリテクセンター石川 受講者第一係

TEL

076-267-8060

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る