本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

利用者の声

利用者の声(求職者向け職業訓練) テクニカルオペレーション科 小松高田製作所

修了生からの声

 本木 信之さん

テクニカルオペレーション科修了生
株式会社小松高田製作所
製造第二課 ハウジング・シャフト班
本木 信之さん

Q

離職者訓練を知ったきっかけをお聞かせください。

A

失業中に何か資格あるいは今後の就職に活かせるものはないかと思案していたところ、公共職業安定所での掲示版、パンフレットを見て興味をいだきました。そこで窓口の担当の方の説明を詳しく聞いたことで知りました。

Q

どうしてこのコースを受講しようと思ったか、その経緯等についてお聞かせください。

A

私が受講したテクニカルオペレーション科はマシニング及びNC旋盤のプログラム等機械加工に関する講座とCADに関する講座でした。CADに関しては以前の職場でも使う機会もあり、元々しっかり学びたいと思っていたことと機械加工及びプログラムにも興味があったのでこのコースの受講を決めました。

Q

訓練受講中の感想や思い出等についてお聞かせください。

A

クラスの訓練生たちは幅広い年齢層から構成され仕事や経験も豊富だったことから、諸々の話が聞けたのは良かったです。
          
また、クラスのほぼ全員が再就職へ向けての知識等の習得に集中しており雰囲気も良かったです。

Q

習得した知識・技術は職場でどう役立っているかをお聞かせください。

A

会社では、マシニングセンタを使って機械加工を行う部署に配属になりました。ポリテクセンターでマシニングセンタの使い方を一通り習っていたので、全く初めて機械を触って一から習得することを思うと、はるかにスムーズに仕事ができるようになったと思います。

Q

今後の目標についてお聞かせください。

A

ポリテクセンターで機械加工の基礎は学びましたが、実際に現場で加工の経験を積まないとわからない事がたくさんあります。今後はそれらをなるべく早く、また正確に習得していき、より良い加工ができるようになるのが目標です。

修了生を受け入れた企業からの声

伊坂 利行さん

株式会社小松高田製作所
製造部製造第二課 班長
伊坂 利行さん

Q

訓練修了生を採用したきっかけ、及びメリットについてお聞かせください。

A

機械オペレーター(マシニングセンタ、NC旋盤)の増員にあたって、訓練修了生は基礎技能を習得しており、即戦力が期待できることにあります。

Q

採用した修了生の活躍状況をお聞かせください。

A

本木さんは製造部製造第ニ課に配属され、マシニングセンタのオペレーターとして従事しています。入社して8ヶ月経過した今では2台の機械をマルチで受け持つまでになり、建設機械部品の心臓部でもあるミッション部品の加工を担当しております。

Q

採用した修了生に期待することを教えてください。

A

まだまだ経験が足りないので、積極的に自己啓発を積み合わせて先輩の指導を受け技能向上を目指してください。

Q

今後の採用に期待することをお聞かせください。

A

今後益々、各業界の発展のためにはモノづくりの技能が重要であります。

そのために基礎技能、更に実践的知識を持った人材の育成、送り出しを期待します。

事業所概要

株式会社小松高田製作所

・主要製品 建設機械部品、一般産業機械部品、農業機械部品
・得意とする内容 計画図からの部品図作成から板金、機械加工、表面処理、組立まで、お客様のニーズに対応した一貫生産によるOEM供給できること。
特に横形マシニングセンタにおいては、30年以上の加工ノウハウの蓄積及び加工部品に最適な設備を選択できる設備群の充実から、高精度部品を安定して供給できること。     
・設立 1952年(昭和27年)9月
・従業員数 160名
・所 在 地 石川県小松市工業団地1-66

お問い合わせ先

ポリテクセンター石川 受講者第一係

TEL

076-267-8060

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る