本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

利用者の声

利用者の声(求職者向け職業訓練) 電気設備科(若年者訓練) 西川電機工業所

修了生からの声

電気設備科修了生
株式会社西川電機工業所
三野さん

Q

離職者訓練を知ったきっかけをお聞かせください。

A

公共職業安定所のポスターを見て知りました。

Q

どうしてこのコースを受講しようとしたのか、その経緯等についてお聞かせください。

A

電気工事は仕事を海外にシフトすることがなく安心できると考え、受講しようと思いました。

Q

訓練受講中の感想や思い出についてお聞かせください。

A

同じ目標や次の仕事について授業が終わってからも仲間と話していた事や、作業の早い人をよく見て学んで早くきれいに仕上げる努力をしました。

Q

習得した知識・技能は職場でどう役立っているかをお聞かせください。

A

今の担当部署が空調工事部なのでエアコンの取付、取外の知識が役立っています。

Q

今後の目標についてお聞かせください。

A

一人でも現場で作業ができるくらいに、早く仕事を覚えたいです。

Q

これからアビリティコースの受講を考えている方へメッセージをお願いします。

A

ポリテクセンターで学べることは基本的な技術なのでしっかり身につけてください。

同じ目標をもっている仲間に出会えることも人生の経験になるので、クラスの仲間たちとの会話も大切にしてください。

修了生を受け入れた企業からの声

株式会社西川電機工業所
部長 高松さん

Q

訓練修了生を採用したきっかけ、及びメリットについてお聞かせください。

A

欠員補充のため採用した。客先に出向いて施工するため、接客の心構え及び基礎的な技能・技術をもつ人材を望んでいた。

Q

ご採用いただいた訓練生の活躍状況をお聞かせください。

A

社屋の太陽光発電の配線施工及びエアコンの取換え工事を上司の指導を受けながら実施してもらった。最近は新幹線の白山基地の電気配線工事に作業グループの一員として従事している。

Q

ご採用いただいた修了生に期待することを教えてください。

A

与えられる機会は積極的かつ貪欲に取り組んで早く一人前を目指して欲しい。

必要とされる資格取得は先取りしてチャレンジしてもらいたい。

Q

今後の採用に期待することをお聞かせください。

A

現状、電気工事業の需要が多く、技術者不足の傾向が認められるので、これに対応できる人材を育てることを期待している。

高松部長(右)と三野さん(左)
社屋 松任事業所

 

お問い合わせ先

ポリテクセンター石川 受講者第一係

TEL

076-267-8060

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る