本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

利用者の声

利用者の声(求職者向け職業訓練) ビル設備サービス科 ジェイアール西日本金沢メンテック

修了生からの声

村本 修一さん

ビル設備サービス科修了生
株式会社ジェイアール西日本金沢メンテック
村本 修一さん

Q

離職者訓練を知ったきっかけをお聞かせください。

A

ハローワークに何度も通っているうちに掲示板の案内で知りました。

Q

どうしてこのコースを受講しようとしたか、その経緯等についてお聞かせください。

A

もともと私は営業マンでこれまでのキャリアとはまったくつながりのないコースでしたが、「2級ボイラー技士」「危険物取扱責任者」等、数々の資格に関する内容を訓練で扱うため、就職のための資格を取得する目的で受講しました。とりわけ「第二種電気工事士」は将来性がありそうで魅力を感じました。

Q

訓練受講中の感想や思い出についてお聞かせください。

A

文系人間ですので計算関係はチンプンカンプンでした。分からないところを丁寧に教えてくれた仲間には本当に感謝しています。

Q

習得した知識・技能は職場でどう役立っているかをお聞かせください。

A

現在、清掃会社で働いているので清掃の講義は直接そのまま役に立っています。

また、ボイラー、消火器、電気関係等の建物に関する知識は何かにつけ役に立っています。建物に関する幅広い知識を習得することができて感謝しています。

Q

今後の目標について教えてください。

A

現在、安全品質管理部という部署で従業員の教育に関する仕事をしています。当社では平成27年3月に予定されている北陸新幹線金沢開業に向けて数多くの人材(リーダー)を必要としています。今後入社する社員がいち早く責任のある仕事についてもらえるよう手助けをしていきたいと考えています。

Q

これからアビリティコースの受講を考えている方へメッセージをお願いします。

A

受講していた頃を振り返ると、一生懸命な人が多くて、その熱心さに引っぱられて最後まで頑張れたように思います。年齢やキャリアは違っていても目指すものが同じであれば不思議と仲良くなれるのだなと感じました。当社には私を含めて何人かのポリテクセンター修了生が働いていますが、さらに多くのポリテクセンター修了生が当社に集まって同じ目標を目指して一緒に働いていければ素晴らしいなと思っています。

修了生からの声

荒木 猛さん

ビル設備サービス科修了生
株式会社ジェイアール西日本金沢メンテック
荒木 猛さん

Q

離職者訓練を知ったきっかけをお聞かせください。

A

知人から、話を聞いて訓練を知っていましたが、ハローワークに何度も行っているうちに、直接窓口に行って、訓練について説明して頂き確認し、受講を決めました。

Q

どうしてこのコースを受講しようとしたか、その経緯等についてお聞かせください。

A

50歳を過ぎて就職活動をしましたが、50歳を過ぎるとなかなか採用してもらえませんでした。ポリテクセンター石川の離職者訓練は、50歳を過ぎてもチャレンジできることを知り、ビル設備サービス科で習得した知識・技術は、就職してからも役に立つと思いました。

Q

訓練受講中の感想や思い出についてお聞かせください。

A

短期間に専門関係の知識、技術を習得するのは難しく、知っているようで知らない事も多くあり、大変興味深く受講できました。クラスメートと友人にもなり、大いにプラスになったと思います。

Q

習得した知識・技能は職場でどう役立っているかをお聞かせください。

A

訓練で清掃の基礎を教えて頂いたので、清掃会社に入社できて窓清掃やモップの使い方、ポリッシャーのやり方等は現場ですぐに役立った思っています。

Q

今後の目標について教えてください。

A

働かせて頂いていることに感謝をして、与えられた仕事を一生懸命頑張るだけです。

Q

これからアビリティコースの受講を考えている方へメッセージをお願いします。

A

受講することによりいくつかの職場で役に立つ基礎が身に付くと思いますので、受講して、自分のものにし、職場で頑張れば道は必ず開けると思います。

修了生からの声

市田 隆さん

ビル設備サービス科修了生
株式会社ジェイアール西日本金沢メンテック
市田 隆さん

Q

離職者訓練を知ったきっかけをお聞かせください。

A

離職直前に、ハローワークのホームページで訓練の存在を知りました。

Q

どうしてこのコースを受講しようとしたか、その経緯等についてお聞かせください。

A

電気・消防・清掃など、多岐に渡る知識や体験、また資格の取得が再就職に有利と考えました。

Q

訓練受講中の感想や思い出についてお聞かせください。

A

講師を筆頭にかけがえのない仲間たちとの出会いがあり、難しい科目でも互いに相談し合いながら習得することができました。

Q

習得した知識・技能は職場でどう役立っているかをお聞かせください。

A

現場と訓練の違いはもちろんあるのですが、基本的な訓練があったおかげで現場での作業内容の理解がしやすくなり、特に先輩社員とのコミュニケーションが図りやすかったです。

Q

今後の目標について教えてください。

A

ビルメンの一員として、更なる知識と経験を積み、会社や社会に貢献できればと考えます。

Q

これからアビリティコースの受講を考えている方へメッセージをお願いします。

A

弊社では、社員教育の面で大変充実していますが、受身の立場に甘んじることなく自ら考えて積極的に行動する人が重用されます。”積極的に考え行動し、それを結果に結びつける”ということは、どのような仕事にも共通する大切な事だと思います。ビル管理の訓練は多岐に渡っており理解が大変でしょうが、必ず行動と結果を結びつける自分の武器となりますので頑張ってください。

修了生を受け入れた企業からの声

中山 修一さん

株式会社ジェイアール西日本金沢メンテック
代表取締役社長 中山 修一さん

Q

訓練修了生を採用したきっかけ、また、メリットについてお聞かせください。

A

ハローワークに出した求人募集から応募があり採用したと聞いております。その後、同じポリテクセンターで学んだ仲間が紹介で入社してきました。ポリテクセンターからの入社は現在4名です。

Q

採用した社員の活躍状況についてお聞かせください。

A

現在4人それぞれが本社、ビル清掃、ホテル清掃、車両清掃の各部署で働いています。皆入社して1~3年のキャリアですが現場での評判がよく責任者として活躍しています。このことからポリテクセンターの修了生は優秀な人材が多いという印象を持っています。半年間という長い訓練期間を通して、初めての訓練内容に対する頑張り、そしてチームワークを学び、粘り強さを身につけたのだと感じています。

Q

採用した修了生に期待することをお聞かせください。

A

今後ますます活躍して会社の中核を担っていってもらいたい。そのための活躍の場はいくらでもあります。

Q

今後の採用に期待することをお聞かせください。

A

昨今の不況化、また少子高齢化によるマーケット縮小等により数多くの企業が規模の縮小を余儀なくされている中、当社では北陸新幹線の開業に向けて数百人規模での大幅な増員が必要になります。この状況の中で今後必要となってくるのが現場を任せられるリーダーの存在です。ポリテクセンターには将来リーダーとして活躍してもらえる人材の育成を期待しています。清掃技術については、新しい技術を積極的に導入し、待遇についても更に改善する予定ですので、北陸新幹線を支えるという大きなやりがいと感動を是非一緒に感じましょう。

事業所概要

・事業内容   西日本旅客鉄道金沢支社管内の駅舎清掃・駅フロント業務などの受託業
・所在地    石川県金沢市北安江3-4-1

お問い合わせ先

ポリテクセンター石川 受講者第一係

TEL

076-267-8060

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る