本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

機械CAD製図科のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

2次元CADによる機械図面作成や3次元CADによる立体モデル形状の作成等により、機械部品の製図作業に関する知識と技能を習得します。

訓練全体(6ヵ月間)の目標人材像(訓練目標)

  • 機械図面のルール(描き方)を学び、2次元CAD(AutoCAD)・3次元CAD(SolidWORKS)による図面の作成方法が習得できます。
課題例

3Dプリンターによる形状確認

課題例

CADによる機械図面

総訓練時間

  • 692時間

訓練到達目標

1.「機械加工作業」

各種測定器の使用方法やボール盤、旋盤及びフライス盤の概要及び加工方法を学びます。(1ヶ月)

機械加工作業

旋盤作業を行っている様子です。

2.「機械製図と2次元CAD」

機械図面のルールや描き方と2次元CADの使用方法に関する知識と技能を習得します。(1ヶ月)

機械製図と2次元CAD

CADソフトを用いた図面作成を行っている様子です。

3.「3次元CAD」

3次元CADの知識・技能を学び、作成したモデルを3Dプリンタで確認します。 (1ヶ月)

3次元CAD

3Dプリンターで形状確認を行っている様子です。

4.「機械設計基本」

機械設計の基本となる金属加工法、材料、力学の知識と、機械などに多く使用されている「ねじ」「歯車」等の機械要素に関連する知識を習得します。(1ヶ月)

機械設計基本

機械装置を分解した状態です。

5.「企業実習」

ポリテクセンターで習得した知識・技能をもとに、主に機械設計の実際の生産現場で約1ヶ月間の実習を行います。企業実習を通じて、仕事のイメージをつけ実践的な知識・技能を学びます。

企業実習

企業実習を行っている様子です。

6.「フォローアップ訓練」

企業実習を受けて、これまで習得した知識・技能の補足とレベルアップを目指し、2次元CADの使用方法を習得ます。 (1ヶ月)

フォローアップ訓練

2次元CADで作図している様子です。


受講要件

過去の機械加工の経験

  • 特に不要

事前に習得していることが望ましいスキル

  • CAD作業にパソコンを使用しますので、パソコンを使用したことがある方(起動・終了・マウス操作)は、さらに訓練効果が期待できます。

各訓練科共通要件

  • 訓練に関連する職種への就職を希望している方
  • 訓練を受講することに熱意を有している方
  • 訓練の内容を理解するために必要な基礎学力を有している方
  • 訓練受講・修了に支障がないこと(健康状態・受講態度等)

受講料

無料です。ただし、実習服・教科書代(約10,000円~25,000円)については、実費負担となります。


受講者の受講前の職種と修了後に就職した職種の例

平成28年度からの新設コースです。


訓練に関する職種と仕事内容

一般的な職種名

CADオペレータ

CADオペレータの仕事

CADオペレータとは、CAD(Computer Aided Designの略)というソフトウェアを使用して各種の図面を正確に描く仕事です。
企業の設計・開発部門などで働いています。

職種との相性(こんな方に向いている!)

「ものづくり」に興味があり、じっくり忍耐強く、物事を理論だてて考える方。性別は全く問いません。

訓練により就職可能な主な仕事

  • 2次元CAD・3次元CADを使用した機械部品等の図面作成、設計補助業務

求人票に記載されている職種名

CADオペレータ、設計補助

就職後の仕事例

  • CADオペレータ

就職率

85.2%(平成28年度新設コースのため、平成27年度の類似コース1月末の実績値)


修了者の主な就職先

  • 平成28年度からの新設コースです 。

訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

訓練を修了すると、全員が測定、2次元CAD、3次元CADの基本は習得できていますので、これらの基本技能を活用して、就職先企業で製作する製品の測定・図面の作成ができるようになります。
就職後は、就職先のベテラン技能者のOJTを受け、就職先が求めるより応用的な仕事ができるようになります。

モデル作成

●3次元CADによるモデル作成の様子。
3次元CADや3Dプリンターの導入は企業も注目しています。
 


任意に取得できる資格

訓練期間中に受講者の皆さんが習得した技能を活かして任意に受験して取得できる資格の一例です。受験手続きの説明や合格できる技能レベルへの到達は訓練中十分可能です。(※但し、合格を保証するものではありません。詳細につきましては、各実施機関へお問い合わせ下さい。)

CADトレース技能審査 (中央職業能力開発協会)

CADを操作して図面作成業務に携わる方々を対象にCADを用いた写図(トレース)業務に必要な技能を評価する試験です。
初級、中級の受験が可能です。


就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施しています短期間の在職者向け職業訓練(能力開発セミナー(有料))を受講したり、就職先の実務経験を活かして、国家資格である技能検定に挑戦することなどで、さらにスキルを向上させることができます。
 当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ先

ポリテクセンター石川 【受講者第一係】

TEL

076-267-8060

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る