トピック

新着情報 > 生産技術科で総合制作構想発表会を実施しました。

新着情報

生産技術科で総合制作構想発表会を実施しました。

 6月24日(金)、生産技術科では今年度の総合制作に向けて構想発表会を行いました。
 総合制作実習とは、学科、実習で学んだことを個人またはグループで課題を設定し、2年生の1年間を通して設計、加工、組立・調査、検査・評価、報告を行う科目です。
 専門的な技術要素が含まれる課題を計画し、設計から製作までの一連のプロセスを通して、ものづくりについての総合的な技術を習得します。
 総合制作実習を通して、ものづくりへの関心・好奇心・探究心を養い、応用力、創造的能力、問題解決能力、管理的能力を課題を通して習得し、エンジニアとしての技量を身に付ける実習です。

平成28年度の生産技術科の総合制作テーマは次のとおりです。

 ● テーマ1 「メダルゲームの製作」 (担当学生)4名
 ● テーマ2 「銀杏殻割り機の製作」 (担当学生)4名
 ● テーマ3 「競技用ロボットの製作及び全国大会出場」 (担当学生)3名・3名(2チーム編制)
 ● テーマ4 「ゼロハンカーの製作と全国優勝への道」 (担当学生)3名

 この発表会を通じて、自分の課題、他のグループの課題を確認し、各々課題の技術要素、創造的要素、完成までの管理的要素を検討し、課題テーマとして設定し、完成予定図をイメージして、制作を開始する節目となります。
 2年生、1年生による活発な質問や意見があり、担当する学生も大いに意欲をかき立てられ、完成が楽しみな構想発表会でした。


小玉能力開発部長の挨拶で、総合制作実習の意義とエンジニアとしての技量を身に付ける実習であることの説明がありました。

「メダルゲームの製作」の構想発表です。制御機構および制御方法について技術を習得したいとのことでした。

「銀杏殻割り機の製作」の構想発表です。企業との共同研究のテーマでもあり、生産スピード、不良率の低減、堅牢さが最大の課題との発表でした。


「競技用ロボットの製作及び全国大会出場」の構想発表です。2チーム編制で、互いに特徴を競って制作するとのことでした。また、「のとロボット競技会への出場」、ゆくゆくは「かわさきロボット競技会への出場」を目指すとのことでした。

「ゼロハンカーの製作と全国優勝への道」の構想発表です。昨年に引き続き、2台目の製作となります。今年度は、高速でも安定して走行できるよう構造や機構を改良し、全国大会で上位入賞を目指すとの力強い発言がありました。
校長により講評です。各テーマの構想が2月のポリテックビジョンin穴水での展示・発表、様々な大会で成果を発揮していただきたいとの激励がありました。また進捗管理、制作過程を大事にして、目標達成に向けて取り組んでいただきたいとのことでした。
学校紹介
  1. 学校長挨拶
  2. 電子版パンフレット
  3. 各科紹介
  4. 生産技術科
  5. 電子情報技術科
  1. 学生の諸費用
  2. 就職状況
  3. 施設見学のご案内
  4. ものづくり体験
入学案内
  1. オープンキャンパス
  2. 学生募集要項
  3. Q&A
  4. 先輩の声
  5. 企業の声
  6. 応用課程について
  7. 資料請求のご案内
キャンパスライフ
  1. 在学生の方へ
  2. 年間行事予定
  3. 食事・学生の一日
  4. サークル紹介
  5. 寮生活
卒業生の皆さんへ
  1. 証明書の発行
  2. 特別教育について
保護者・高校担当者の皆さんへ
  1. 入校、授業料、融資制度
  2. 学生寮について
  3. 入試概要
  4. おもな就職先
企業・事業主の方へ
  1. 求人・インターンシップ
  2. 能力開発セミナー
  3. 研究開発
  4. 関係機関のリンク
アクセスマップ
  1. SNS・IPC通信
  2. 交通アクセス
  3. 穴水町の紹介
町かどの機構
  1. 町かどの機構
footer
このページのTopへ
脱毛 除毛 むだ毛処理